自殺と自死、自決の違い。3つの言葉が持つ意味とは?

自殺と自死、それから自決は、どれも「自らの手で自らの命を絶つこと」を指す言葉です。 ただし、これら3つの単語はそれぞれニュアンスが異なっており、まったくおなじ意味を持つわけではありません。 自殺と自死、自決はどのように使いわけたら良いのでしょ…

マウスピースをつけたまま寝たら窒息死する危険はあるのか?

就寝中の歯ぎしりやいびきを防ぐために、マウスピースをつけたまま寝る人が世の中にはいます。 ところで、マウスピースをつけたまま寝るのは危なくないのでしょうか。 歯から外れたマウスピースが喉に詰まり、呼吸ができなくなり、窒息死してしまう恐れはな…

「死ぬのが怖い」と感じるのは病気なのか

死を恐れて不安な気持ちになるのは、当然です。 なぜなら、死は未知のものであり、われわれが死後どうなるのかは、誰にもわからないからです。 ですので、死に恐怖を覚えるのは「病気」などではありません。 ごく自然な感情です。 むしろ病気なのは、自ら死…

この世界は「仮想現実なのでは?」と疑っている方へ

私たちが生きているこの世界は仮想現実で、ほんとうの現実ではない。 このような疑問を抱いたことのある人もいるでしょう。 が、そのアイディアを周囲に話しても、まともに取りあってもらえないことがほとんどです。 「ここが仮想現実?何をいってるの?」っ…

「死を無駄にしない」という言葉の違和感。死を利用するのか?

「死を無駄にしないために」といった発言にたいして、あなたは違和感を覚えませんか? それもそのはず、 無駄 有益 などという区別が、そもそも死には存在しないからです。 有益な死がないのとおなじように、無駄な死もありません。 この記事では、 死を利用…

『死ねない時代の哲学』の要約と感想

医療技術が発達し、人々がなかなか死なない時代になっています。 長寿社会を生きる私たちに、「死」について考えるきっかけを与えてくれる一冊です。 この記事では、村上陽一郎著『死ねない時代の哲学』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてくだ…

【注意】ネットでグロテスクな画像や動画を閲覧するリスク

インターネット上には、無数の「グロテスクな画像(あるいは動画)」がアップされています。 ただし、怖いもの見たさから軽い気持ちでグロい画像を閲覧するのは、やめておいたほうが良いでしょう。 なぜなら、おぞましい画像を見たショックで、メンタルに傷を…

『生きテク 死ぬ技術はもういらない!8種類の問題解決法』の要約と感想

人々の自殺を防ぐこと、それが本書の目的だといいます。 失恋、過労、病気、いじめ、借金など、私たちの人生には辛い出来事がしばしば起こります。 そんなとき、「死」を選ばないようにするための考え方を、あなたはご存知ですか? この記事では、『生きテク…

バイクは危険。死にたくなければ乗らないこと

人間はいつか死にます。 もし死に方を選べるとしたとき、あなたは「事故死」を選択しますか? 全身をガードレールや自動車に打ちつけて死ぬところを想像し、嫌な死に方だと思ったなら、バイクには乗らないほうがいいでしょう。 バイクで走り回っていると、望…

扇風機をつけたまま寝ると死ぬって本当?やってみた結果

扇風機をつけっぱなしにしたまま寝ると、扇風機の風で体温が下がって死ぬ、という都市伝説が存在します。 真偽が気になったので、扇風機をつけたまま8時間寝てみました。 この記事では、 8時間後に起きれたのか そのまま永眠してしまったのか など、「扇風機…

車で「スピードを出し過ぎる人」は4つのリスクに御用心

車の運転でスピードを出し過ぎていませんか? 速度を上げれば上げるほど、あなたには4つのリスクが迫ります。 この記事では、 警察に取り締まられるリスク 死亡する/誰かを死亡させるリスク など、「車でスピードを出し過ぎる4つのリスク」をご紹介します。 …

『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想

自分だけは死なない、自分だけは被災しない。 その根拠のない自信が、いざというとき命取りになると著者はいいます。 この記事では、甘中繁雄著『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にして…

軽自動車で高速道路を走るのは危険なのか【安全性について】

軽自動車は「走る棺桶」などと揶揄されることがあります。 衝突安全性が低く、時速100kmで走る軽自動車で事故を起こしたら死んでしまう、ということを意味しています。 実際のところ、軽自動車はそれほど脆いクルマなのでしょうか? 軽自動車で高速道路を走…

オープンカーは交通事故を起こしたら危険?【安全性について】

オープンカーにたいして、「交通事故を起こしたら即死しそう」といったマイナスイメージを抱いている人が世の中には存在します。 なぜなら、オープンカーは屋根を開けた状態で走ることができるからです。 ルーフを開けられるからこそ、オープンカーの強度や…

45パターンの死に方『とんでもない死に方の科学』の要約と感想

エレベーターのケーブルが切れたら、落下して、死亡すると思いますか? この記事では、コーディー・キャシディー、ポール・ドハティー著『とんでもない死に方の科学』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『とんでもない死に方の科学』…

「心臓が止まるんじゃないか」という不安に襲われた体験談

健康体にもかかわらず、「心臓が止まったらどうしよう」といった不安を感じた経験はありませんか? 私はあります。 心臓が急に止まったらどうしよう 心臓が動いていない気がする など、プチパニックに襲われることがあるんですよね。 日中だったり、夜中だっ…

死にたくないあなたへ『死に方別サバイバルガイド』の要約と感想

死ぬリスクを抑えて長生きしたくありませんか? この記事では、サラ・ブリューワー著『死に方別サバイバルガイド』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『死に方別サバイバルガイド』の要約と感想 こんな「死に方」が紹介されている …

『死ぬんじゃねーぞ!いじめられてる君はゼッタイ悪くない』の要約と感想

学校でイジメにあっていませんか? この記事では、中川翔子著『死ぬんじゃねーぞ!いじめられてる君はゼッタイ悪くない』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『死ぬんじゃねーぞ!いじめられてる君はゼッタイ悪くない』の要約と感想…

「飛行機に乗るのが怖い」あなたへ【飛行機恐怖症】

飛行機って怖い乗り物ですよね。 墜落したらジ・エンドです。 そこでこの記事では、 飛行機への恐怖心は克服できるのか 飛行機を回避する方法 など、「飛行機に乗るのが怖いあなたへのメッセージ」をお届けします。 ぜひ参考にしてみてください。 「墜落なん…

『カフカはなぜ自殺しなかったのか』を読んだ感想

『変身』などで知られる小説家フランツ・カフカはどうして自殺しなかったのか。 それが本書のテーマです。 「どうして自殺したのか」ならまだわかりますが、「どうして自殺しなかったのか」とは、珍しい問いですよね。 カフカは自殺するのが前提なのかってい…

自殺を防ぐ『自殺しないための99の方法』を読んだ感想

あなたはふと、自殺のイメージが頭によぎったことはありますか? 死の概念に取り憑かれてしまう。 でも、死にたくない。 まさにいま、そんな苦しみや葛藤を抱えているかもしれません。 失恋のせい、借金のせい、あるいは(うつ病であれば)これといった原因が…

『死刑囚200人最後の言葉』を読んだ感想

この記事では『死刑囚200人最後の言葉』を読んだ感想を書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 『死刑囚200人最後の言葉』の感想 死刑についての基礎知識 死刑について考える 2時間以内に死ぬ状況 極悪人は死んで当然か? 死刑執行まで7年 まとめ 『…

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』を読んだ感想

「死」のイメージが頭によぎったこと、あなたにはありますか? この記事では、汐街コナ著『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』の…

死を考えろ、でも考え過ぎるな『生きることの哲学』を読んだ感想

甲田純生著『生きることの哲学 人生を考えるための哲学エッセイ』を読んだ感想をご紹介します。 本書は「哲学に興味があるけどなんだか難しそう」と躊躇している人にぴったりの哲学入門書です。 『生きることの哲学』の感想 人はいつか死ぬ 死から逆算する …