自己啓発本

『すごい!お金持ちチェンジ』の要約と感想

お金持ちや幸せになるためには、一定の法則があるのだといいます。 誰でもお金持ちになれて、誰でも幸せになれる法則が書かれている本です。 ちなみに著者の森瀬繁智氏は「モゲ」というネームでブログを運営しており、そちらで成幸(誤変換ではない)法則を語…

『ブレインメンタル強化大全』の要約と感想

健康的な生活習慣について書かれている本です。 生活習慣を整えるメリットは、 病気を予防できる 脳のパフォーマンスが上がる これら2つだといいます。 健康的なメンタルと身体を手に入れ、冴えた頭でバリバリ働きたい方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょう…

『自宅ではじめるひとりビジネス』の要約と感想

本書には、「自分で仕事を作る方法」が記されていました。 自分で仕事を作るとは、(会社に頼らず)自分の力で収入を得る、ということです。 収入がずっと続く 気持ちがずっと続く これら2つの継続こそ、著者が考える「ひとりビジネス成功の定義」だといいます…

『世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術』の要約と感想

著者の新井氏は、VIPや大富豪にたいして執事やコンシェルジュを派遣する企業を経営しています。 本書には、自分にも他人にも厳しいVIPたちを満足させるために、著者がどんな手帳・ノート術を使っているのかが記されていました。 3冊のノート 2色のボールペン …

『短時間で成果を出す スゴイ集中力』の要約と感想

集中力を高め、効率よく仕事をこなすためのノウハウが書かれている本です。 重要なところが太字 重要なところにマーカー加飾 といった読みやすい工夫が本書にはいっさいなく、似たようなビジネス書のなかでは読みにくい部類に入ります。 くわえて文章は「だ・…

『自分の"強み"を活かして稼ぐ方法 私はこの仕事が好き!』の要約と感想

身を削る収入から、幸せを稼ぐ収入へとシフトするための方法が書かれた本です。 大切なのは「自分の強みを活かして稼ぐ力を身につけることだ」と著者は述べていました。 本書のターゲット読者は女性ですが、男性が読んでもじゅうぶん参考になります。 なぜな…

『ドラッカー 時代を超える言葉 洞察力を鍛える160の英知』の要約と感想

ドラッカーのさまざまな著書から言葉を引用し、解説してあるのが本書です。 著者は「ドラッカー百科を意図して書いた」と述べていました。 ドラッカーの言葉や考えがまとまっている良書だといえます。 おもなターゲット読者は、経営者など、人の上に立ってマ…

『人間の本性』の要約と感想

丹羽氏は、伊藤忠商事元会長です。 本書には、AI時代の生き方、幸せ、努力などについて著者の考えがまとめてありました。 「人間として生まれたならば、人間のことをよく知らなければ人生をまっとうできない」 と丹羽氏は指摘しています。 平安時代からほと…

『捨てる。だからずば抜ける。常識や固定観念に左右されないための47のこと』の要約と感想

常識や固定観念のせいで、私たちがどれだけ損をしているかを教えてくれる本です。 鼻をかんだティッシュは誰でも「捨てよう」と判断できますが、使用済みティッシュと違い、思い込みはそうもいきません。 なぜなら常識や固定観念といった思い込みは、ほんと…

『ユダヤの商法 世界経済を動かす』の要約と感想

本書は1972年に刊行されたベストセラーの復刊です。 「どうすればお金持ちになれるのか」 今も昔も変わらないお金儲けの真理を、日本マクドナルドの創業者である藤田氏が語っています。 この記事では、藤田田著『ユダヤの商法 世界経済を動かす』の要約と感…

『ワタナベ薫 お金の格言』の要約と感想

本書を読めば、お金に関する負のイメージを払拭することができます。 お金がないと感じている 買い物に罪悪感を覚える お金持ちを妬んでしまう といった方にとって本書は参考になるのではないでしょうか。 この記事では、ワタナベ薫著『ワタナベ薫 お金の格…

『中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』の要約と感想

読んでいる途中でも、自分のためにならないと判断した本はすぐ捨てる、と著者は述べていました。 中田氏のアドバイスに従うなら、10〜20ページほど読んだあたりで本書とはお別れすることになります。 なぜなら本書は、ためにならないからです。 この記事では…

『Amazonで12年間働いた僕が学んだ未来の仕事術』の要約と感想

Amazonで開発者として働いていた韓国人男性パク・ジョンジュン氏が、自らの体験談を記した本です。 もちろんAmazonが成長を続ける秘訣や、Amazonの優れた点についても学べますが、あくまでメインは著者の体験談でした。 この記事では、パク・ジョンジュン著『A…

『「超」説得法 一撃で仕留めよ』の要約と感想

ご自身の考えを人に理解してもらえず、悩んでいませんか? たった一撃で人の考えを変える方法が、本書には載っています。 山奥にこもってひとり仙人のような隠居生活をしている方"以外"に本書は役立ちます。 この記事では、野口悠紀雄著『「超」説得法 一撃…

『孫正義 事業家の精神』の要約と感想

30年以上の取材に基づく孫正義の言葉や行動が、時系列で記されています。 ページの左側に日本語の文章、右側には英語の文章が載っていました。 これには、孫氏が英語で話したスピーチやインタビューの言葉を、読者がそのまま体験できるようにする意図がある…

『20代から身につけたい ドラッカーの思考法』の要約と感想

ドラッカーの本は管理職や経営者が読むものだと思われがちですが、それは誤解だ、と著者はいいます。 むしろ20代の若いうちからドラッカーを学ぶことで、仕事の能力が向上するのみならず、人間性が豊かになるのだそうです。 生きる意味、仕事をする意味、努…

『心理学的に正しいプレゼン 聴衆を納得させる99のアプローチ』の要約と感想

本書には、素晴らしいプレゼンテーションを行うためのノウハウが詰まっています。 このノウハウが優れているのは、ブロガーやYouTuberなど、「誰かに情報を伝えている人」にとっても参考になる点です。 なぜなら、人がどのように考え、学び、聞き、見て、反…

『世界の一流36人「仕事の基本」』の要約と感想

本書はまるで、名言がほとんど出てこない名言集のような本でした。 ゆえに、おすすめはしません。 たとえるなら、猫がほとんど写っていない猫の写真集のようなものです。 一流と呼ばれる人たちの仕事術を説いた本はほかにいくらでもあります。 世間のいたる…

『カンブリア宮殿 スゴい社長の金言』の要約と感想

テレビ東京の番組『カンブリア宮殿』から、ゲストとして出演した社長たちの言葉や考えを厳選し、まとめたのが本書です。 成功者の考えに触れたい方におすすめです。 この記事では、村上龍著『カンブリア宮殿 スゴい社長の金言』の要約と感想をご紹介します。…

『執事だけが知っている 世界の大富豪53のお金の哲学』の要約と感想

著者は、執事サービスを提供する企業の経営者です。 サービス利用者の多くは、 保有資産50億円以上 年収5億円以上 という、富裕層のなかでもトップクラスの人々が占めているといいます。 そんな大富豪たちの「お金の哲学」をまとめてあるのが本書です。 私た…

『だから、一流。才能とは、継続する力。才能の裏には、10倍の失敗がある。』の要約と感想

羽生善治氏、野村萬斎氏、佐藤琢磨氏など、さまざまなジャンルで一流と呼ばれている人に著者が取材し、まとめたのが本書です。 一流になるための秘訣を知りたい方におすすめです。 この記事では、菅原亜樹子著『だから、一流。才能とは、継続する力。才能の…

『ひとりで生きていく』の要約と感想

著者のヒロシ氏は芸人兼YouTuberとして活動しています。 「人間関係こそもっとも面倒くさいものだ」 と断言する彼が、どのような考えで仕事に臨み、プライベートを過ごしているかが記されていました。 ひとりが好きな方に本書はおすすめです。 この記事では…

『「自己肯定感」の持ち方であなたのまわりが変わりだす』の要約と感想

自分らしく生きるためには、「自分にOKを出すこと」が重要だといいます。 もし自分にOKを出せないとしたら、それは自己肯定感が低下している証かもしれません。 自分で自分のことを「いいね」と認め、自己肯定感を高めたい方に本書はおすすめです。 この記事…

『やりたいことをやれ』の要約と感想

ホンダの創業者である、本田宗一郎の考えが詰まった本です。 「いつかは好きなことを仕事にして生きたい」と考えている方にとって、本書は参考になるかもしれません。 本田宗一郎があなたの背中を押してくれます。 この記事では、本田宗一郎著『やりたいこと…

『図解 渋沢栄一と「論語と算盤」』の要約と感想

渋沢栄一は、日本の資本主義の父と呼ばれる人物です。 彼は生涯におよそ500の会社を設立し、日本経済の礎を築きました。 渋沢栄一の人生と、彼が著した『論語と算盤』について図解とともにまとめてあるのが本書です。 渋沢栄一について知りたい方に本書はお…

『武器としての言葉の力』の要約と感想

文豪たちから最強の表現力や生きる作法を学ぶこと、をテーマにした本です。 が、著者がなにを伝えたかったのか、いまいち理解できませんでした。 一言でいえば本書は、名言がほとんど載っていない名言集みたいな本、です。 麺がほとんど入っていないラーメン…

『アウトプットする力「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法』の要約と感想

自分の言葉でアウトプットする力がなければ、社会人としての存在価値を失いかねない時代に私たちは生きているといいます。 アウトプット初心者に向けた書籍です。 この記事では、齋藤孝著『アウトプットする力「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する8…

『志村流』の要約と感想

ドリフやバカ殿様で知られる志村けんが、人生やお金、ビジネス、処世術について語っている本です。 長年にわたって彼が厳しい芸能界で生き残りつづけられた秘訣を、本書で知ることができます。 それから、自由奔放に見えたコントでの振る舞いも、じつはすべ…

『強者の流儀』の要約と感想

総合格闘家であり、人気YouTuberでもある、朝倉未来による著書です。 本書に記されている流儀から、彼が格闘家やYouTuberとして成功している秘訣が見えてきました。 この記事では、朝倉未来著『強者の流儀』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみて…

『面白いとは何か?面白く生きるには?』の要約と感想

面白い映画、面白い小説、面白いブログ、面白いYouTuberなど、世の中にはさまざまな「面白いもの」が存在しています。 ですが、「面白いとは何か」と問われたら、明瞭な答えを出せる人はそう多くないのではないでしょうか。 作家・森博嗣が「面白さ」についt…