読書

読んだら仕事を辞めたくなる漫画『働かないふたり』

この記事では吉田覚著『働かないふたり』という漫画をご紹介します。 読むとほぼ確実に勤労意欲が削がれてしまう恐ろしい作品です。 興味のある方は、覚悟を持ってお読みください。 ただし仕事が嫌になってしまっても責任は取れませんので悪しからず。 漫画…

絶望しているあなたへ『絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉』の感想

恋愛や仕事、あるいは人生そのものに絶望していませんか? 私は脚の短さに絶望しています。 この記事では『絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉』を読んだ感想を書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 『絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉』の感想 先が…

そうですか……『私はこうして発想する』を読んだ感想

大前研一著『私はこうして発想する』の感想を書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 『私はこうして発想する』の感想 思っていた内容とちがう 目次だけ読めば充分? 誤解したのがいけない まとめ 『私はこうして発想する』の感想 タイトルのとおり…

日記を読み返す楽しさがどんな本にも100%勝る件

面白い本を探していませんか? この記事では「自分が書いた日記を読み返す楽しさ」について書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 日記を読み返すことこそ最高の読書 過去の自分が面白い 本当に自分が書いた? 読み返して面白い日記のポイント 具体…

羽田圭介の本を読んだ感想まとめ【ネタバレなし・随時更新】

この記事では作家・羽田圭介の本を読んだ感想をまとめて紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 なお、ネタバレはいっさいありません。 『成功者K』2017年3月出版 『ポルシェ太郎』2019年4月出版 『羽田圭介、クルマを買う』2019年7月出版 『成功者K…

知識は武器になる『うつが治る食べ方、考え方、すごし方』を読んだ感想

うつ病は誰もがなりうる病です。 うつに関する知識を持っておいて損はありません。 この記事では『うつが治る食べ方、考え方、すごし方』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 (著者は完全復職率9割の実績をもつ医師です) 『うつが治…

フジファブリック志村正彦が書いた本を読めない理由

かつてフジファブリックのボーカルを務めていた故・志村正彦が書いた本を買いました。 タイトルは『東京、音楽、ロックンロール』です。でも読めません。 この記事では「フジファブリック志村正彦が書いた本を読めない理由」を書いていきます。 共感してもら…

羽田圭介著『成功者K』を読んだ感想【ネタバレなし】

小説なのか、それともノンフィクションなのか。 この記事では羽田圭介著『成功者K』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 なお、ネタバレはいっさいありません。 羽田圭介著『成功者K』の感想 羽田圭介ファンにはたまらない 成功者の…

これで年収1億円?『年収1億円はお金と時間が増える人』を読んだ感想

年収1億円の人が考えていることを知りたくありませんか? この記事では『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』という本をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『年収1億円はお金と時間が増…

村上春樹著『女のいない男たち』を読んだ感想【ネタバレなし】

あなたには彼女や奥さんがいますか? この記事では村上春樹著『女のいない男たち』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 なお、ネタバレはいっさいありません。 『女のいない男たち』の感想 孤独を描いているわけではない 「女がいな…

たぶんバズれない……『バズる文章教室』を読んだ感想

書評ライター・三宅香帆著『バズる文章教室』を読みました。 "文芸オタクの私"こと三宅氏がネットでバズる文章について教えてくれるという、なんともありがたい内容です。 個人的にはイマイチでしたが。 『バズる文章教室』の感想 面白い人間だと思われたい?…

羽田圭介著『ポルシェ太郎』を読んだ感想【ネタバレなし】

タイトルのインパクトから思わず手にとってしまいました。 この記事では、羽田圭介著『ポルシェ太郎』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 なお、ネタバレはいっさいありません。 羽田圭介著『ポルシェ太郎』の感想 物語にポルシェは…

棋士が綴ったうつ病との闘病記『うつ病九段』を読んだ感想

先崎学著『うつ病九段』という本を紹介します。 プロの棋士である先崎学氏が自身のうつ病体験を綴った一冊です。 身内にうつ病患者がいる方、軽いうつ状態の方などにおすすめです。 『うつ病九段』を読んだ感想 『うつ病九段』の特徴 読みやすい文章 兄が精…

『あり金は全部使え』を図書館で借りる人に物申す!ギャグか!

堀江貴文著『あり金は全部使え』という本があります。 本書を買わずに、図書館で借りる人がいるようです。 そんな人たちにいいたいことがあるので、この記事を書きました。 『あり金は全部使え』を図書館で借りる人に物申す! 予約まで入っている せめて買っ…

読書家こそ大型書店へ行くべし!2つのメリット

読書好きのみなさん。もしかして本の購入をネットだけで済ませていませんか? この記事では「読書家が大型書店を訪れる2つのメリット」をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 読書家が大型書店へ行くメリット 1. 大型書店には本との出会いがある ネ…

ラストが最高!中村文則『掏摸』を読んだ感想【ネタバレなし】

中村文則の傑作といわれる小説『掏摸』(スリ)を読んだ感想をご紹介します。 なお、ネタバレはいっさいありませんのでご安心ください。 中村文則『掏摸』の感想 ラストシーンが最高 子供との関わり 中村文則のテーマは善悪 まとめ 中村文則『掏摸』の感想 ま…

女子の部屋を覗き見る罪悪感。『堕落部屋』の感想

とつぜんですが、女子の部屋を覗いてみたいと思ったことはありませんか? その願望、叶えられます(合法的に)! この記事では、川本史織による写真集『堕落部屋』を鑑賞した感想を書いていきます。 ぜひあなたもお買い求めください。 写真集『堕落部屋』の感…

尾崎世界観のエッセイ『泣きたくなるほど嬉しい日々に』の感想

この記事では尾崎世界観著『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を読んだ感想をご紹介します。 尾崎世界観はクリープハイプのボーカルであり、作詞作曲を手がける傍ら、こうしてエッセイや小説などの執筆活動も行なっています。 『泣きたくなるほど嬉しい日々に…

寝る前の読書に「名言集」がおすすめな3つの理由

ひょっとして、寝る前の読書に適した本を探していませんか? この記事では「寝る前に名言集を読むべき理由」をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 寝る前の読書におすすめの本 1. 名言集でポジティブな気分になれる 本の選択を誤ると夢でゾンビに…

これがカリスマか……『GACKTの勝ち方』を読んだ感想

この記事ではGACKT著『GACKTの勝ち方』をご紹介します。 この本にはGACKT流、人生の勝ち方が書かれていました。 『GACKTの勝ち方』を読んだ 語り口のクセがすごい 知・覚・動・考 GACKTはなぜお金持ちなのか? 優雅になろう まとめ 『GACKTの勝ち方』を読んだ …

小説家の試乗記『羽田圭介、クルマを買う。』を読んだ感想

この記事では羽田圭介著『羽田圭介、クルマを買う。』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『羽田圭介、クルマを買う。』の感想 「試乗を有料にすべき」に賛同 羽田圭介ぜんぜん笑わない 国産車にも外車にも詳しくなれる まとめ 『羽…

小説家の執筆スタイルや収入の管理方法が知れる本『作家の履歴書』

『作家の履歴書』をご紹介します。 21人の人気作家たちが、それぞれ作家を目指したきっかけや、1日に書く文章量、執筆スタイルから収入の管理方法などについて語った内容をまとめた本です。 小説家志望の方やセルフ出版に興味のある方はとくに楽しめるのでは…

【図解】寝る前の読書がデメリットをもたらす2つのケース

寝る前の読書には心を落ち着かせるリラックス効果があります。 ですが、「間違った読書」をしてしまうとむしろ眠れなくなることがあるんです。 この記事では2パターンの良くない読書方法をイラストを交えてご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 寝る…

寝る前の読書は何分くらいが普通?【だいたい5〜60分】

この記事では「寝る前の読書時間は何分ぐらいがふつうなのか」をご紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 寝る前の読書時間は何分くらい? 5分だけ読む 20〜30分読む 60分読む ビルゲイツは毎晩1時間読んでいる 60分以上読む まとめ 寝る前の読書…

くたばれ、うつ病!中島らも『心が雨漏りする日には』を読んだ感想

中島らも著『心が雨漏りする日には』をご紹介します。 『心が雨漏りする日には』は、故・中島らも氏による、躁うつの人生を綴ったエッセイです。 『心が雨漏りする日には』 「こころだって、からだです」 躁うつにも意味がある うつ病は死にいたる病ではある…

読書は「時間の無駄」なのか?まぁ、それは人による。

読書をするのが時間の無駄なのかどうかは、人によります。 読書好きにとっては有意義な時間でも、読書嫌いにとっては無駄な時間に感じられることでしょう。 でも、しょせんこの世は暇つぶし。いかに退屈せずに人生を過ごせるかが重要です。 この「退屈せずに…

図書館で本を予約するくらいなら買ったほうがいい

図書館で本を予約するくらいなら買いましょう。 なぜそう考えるのかを、この記事にまとめてみました。 図書館で予約するなら買ったほうがいい 予約するほど読みたいなら 読みたい欲求は今がピーク 時間をお金で買う 人気作家の新刊は300人待ち まとめ 図書館…

「月10冊の読書で日本人の上位2%に入れる」は誤り

とあるウェブサイトにこんなことが書いてありました。 要約して紹介します。 「月に10冊以上の本を読んでいる日本人は2%だけ。よって月に10冊以上読めば、それだけで日本人の上位2%に入れる」 一見すると「そうか!よし、本をたくさん読むぞ!」という気にさ…

【マジメすぎ】本を全部読む必要はない

もっとたくさんの本を読みたい 読書をしたいけど時間がない 本を読むのが遅い という人に向けてこの記事を書きました。 そうした問題は「本を全部読むのをやめる」ことで解決するかもしれません。 読書にマジメすぎる 新聞を全部読んでいるか? 本のここは読…

読書をするなら風呂がいちばん快適

読書家のなかでも「どこで本を読むか」の意見は分かれます。 ある人は自宅のソファだと答え、またある人はカフェだと答える。そして私は、タイトルにもあるように、風呂だと答えます。 風呂に入りながらする読書が最強だと思うのです。 この記事で「だからみ…