素人KDP作家が3ヵ月で稼いだ電子書籍の印税額を公開!

素人KDP作家の守屋といいます。

KDPというのはキンドルダイレクトパブリッシングの略で、AmazonのKindleで電子書籍を売っている暇なヤツ、くらいに思ってください。

 

2018年7月に『ショートショートはじめました。』を出版して3ヵ月が経ちました。

 「電子書籍の出版って儲かるの?」「印税生活できる?」

そんな疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで今回は、これまでに得た印税額を公開しようと思います。

 

公開する目的は「自慢」なんかじゃありません。

「セルフ出版で大儲けしてやるぜ!」って人は、この記事を読んで、頭を冷やして、深夜のバイトでも探してくれたらいいな。そんなふうに考えています。

 

どんな記事?

KDPでセルフ出版をして、3ヶ月で稼いだ印税額を公開します!

 

2018年7月の印税収入

f:id:MORIKO:20181011190122j:plain

まずは出版した7月の印税です。ご覧のとおり52円です。

公開するのが恥ずかしかったので、うずまきみたいな背景にしてみました。

「目が回ってロクに見えませんように」そんな願いを込めています。

 

映画の観客動員数やCDのセールスなんかだと、初週がもっとも盛り上がっています。

その法則を私の電子書籍にも適用してみると、はやくも絶望の様相を呈していることが見てとれます。

 

52円ではとても生活できません。

私が断食のスペシャリスト且つ大好物がもやしでもないかぎり、印税生活は実現不可能です。夢はまだ遠い。

 

2018年8月の印税収入

f:id:MORIKO:20181011190937j:plain

8月の印税収入です。結論からいうと104円です。

次に不満をいうと、お盆休みがあったのにどうしたんだ!です。

 

みなさん、長期休暇で時間があります。田舎に帰省してもとくにすることがないから、さらに時間があります。

時間を持て余しているんです。だから売れると思ったのに。

 

暇なうえに暑くてボーっとして、気づいたら購入してた!なんだこの本!的なオイシイ展開を期待していたのですが、みなさんいたって冷静でした。

 

104円という数字が、その冷静さを雄弁に物語っています。

熱に浮かされていたのは私だけだった模様。

 

 

2018年9月の印税収入

f:id:MORIKO:20181011191701j:plain

 9月の収入は213円。じつは初めて本が売れたのがこの9月でした。

ここについて書くと記事1本ができあがってしまいますし、実際にできあがっています。

興味がある人はそちらを読んでみてください(7月、8月は売れてなかったのに収益があったということです)。

 

www.shortshortshort.jp

 

勘のいい読者であれば、「初めて本が売れたっていうけど、じゃあ8月と7月の印税はなんなの?ウソなの?あれはウソだったの?ねぇ、教えてよ。あれはウソだったんでしょ!ねぇってば!」とお思いでしょうが、あれは本当です。

 

KDPには、本が売れなくても収入を得る仕組みがあるのです。

ただ仕組みについては、この記事の本筋から逸れるので割愛します。

 

印税収入推移グラフ

f:id:MORIKO:20181011193046j:plain

売上を棒グラフで表しました。みなさんはここに隠された衝撃の事実に気づきましたか?

よく見てください。寝るまえだからあまりブルーライトを浴びたくない?睡眠の質が落ちちゃうから?

知りません。とにかくよーく見てください。

 

画面に穴が開くくらいよーく見てください。画面に穴が開いた人はすぐ病院に行ってください。

 では事実を発表します。

 

倍々ゲームになっているッ! 

これです。

 

印税が毎月倍になっているんです。ということは、今後の収入はこのように予想できます。

 

f:id:MORIKO:20181011194139j:plain

 

印税が倍になり続ける場合、私の計算が正しければ、2019年10月には1,744,896円/月の印税収入を得ているようです。

どうしよう。そんなに使い切れない。

 

結論

画面に穴が開いたあなた。

私もいっしょに病院へ行きます(頭のなかがお花畑なので)。