不健康だからハンバーガーをやめたい

f:id:MORIKO:20181117093537j:plain

ハンバーガーって悪魔の食べ物だと思います。美味しすぎます。でも、カロリーとか健康とかを考えると食べ過ぎるのもよくないかなと。

 

現在は週に3回~4回食べてます。近所にハンバーガーショップがあるのでついつい買ってしまうんです。

おかげで体重も増えてしまいました。身長は171センチで体重が82キロ。しかも絶賛増加中。さすがにヤバいです。

 

ハンバーガーをやめる方法を知りたいのですが、検索してもなかなかいいアイディアが見つけられません。どうしたらいいでしょう。

 

あぁ、この文章を打ち終えたご褒美に、自分にハンバーガーを買ってやりたい気分になってきた。ちょっと行ってきます。

 

<東京都・サンドイッチなど邪道さん・25歳>

 

ハンバーガーを木端微塵にせよ!

ハンバーガーは美味しくありません。美味しいと感じているのはじつは錯覚で、本当はちっとも美味しくなんかないのです。錯覚を起こしてしまう原因は「かぶりつく」というその食べ方にあります。

 

まず知っておいてほしいのは、どんな食べ物もかぶりつくことで5割増しに美味しくなるということ。

8等分したリンゴよりも、1個まるごとをそのままかじったほうがウマい。粒を取ってプレートに乗せたトウモロコシよりも、1本そのままかぶりついたほうがウマい。そうなんです。この「かぶりつくとやたら美味くなるの法則」には例外がありません。

 

ですので、ハンバーガーにかぶりついている限り、脱ハンバーガー計画はかならず頓挫します。

本気でハンバーガーをやめたいと思っているなら、買ってきて、家で包丁をつかって4つに切り分けてください。一口サイズにしてしまうのです。するとどうでしょう。

「なんだ。そんなにウマくないな」となります。「え、てことは一口であんなに美味しい餃子っていったい何者?」となります。なるんです。

 

ハンバーガーをミキサーにぶち込め!

4等分にしてもなおハンバーガーに美味しさを感じてしまったら、奥の手としてミキサーを利用します。買ってきたハンバーガーを投入してスイッチオン。

(パテの身になって考えてみると、だいぶカオスな状況です。まず肉片をミンチにされ、その肉をこねてまた肉片にもどされ、そしてミキサーでふたたびミンチですから)

 

ペースト状になった元ハンバーガーを取りだして、お皿に盛りつけたら完成です。病院食さながらのハンバーガーは、成分はそのままに、絶望的なマズさになっていることをお約束します。

 

これが本来のハンバーガーです。かぶりつく魔法が解けた真の姿なんです。ね、ハンバーガーなんて美味しくないでしょう。