泣きたくなるほどの短足でつらい

f:id:MORIKO:20181116153318j:plain

17歳の男です。短足に悩んでいます

 

このまえ座高を測ったら103cmでした。身長は171cmなのに、です。

身長180cmの友人がいるんですが、彼の座高は95cmです。こうやって数字で現実をつきつけられると本気で凹みます。

 

友人も「おまえ胴体長いなぁ」などとおちょくってきます。胴長短足の体型が嫌でたまりません。両親はどちらも脚が短いので、遺伝だと思います。

 

スタイルが悪いせいでどんな洋服を着てもしっくりきません。全身鏡の前で服を合わせても、脚の長さにばかり目がいってしまいます。

似合う似合わないじゃなくて、「脚短いなぁ」なんてことしか考えられないのです。

 

とにかく恥ずかしいです。学校の廊下を歩いていても、「みんな短足だと思って見てるんだろうな」という妄想にとりつかれます。つらいです。

 

<福井県・低位置サドルさん・17歳>

 

君は横綱になる!

おめでとうございます。ここでひとつ良いお知らせがあります。君は横綱になれます。キョトンとしてますね。力士ですよ、力士。

 

大相撲には番付というのがあって、横綱は番付におけるいちばん上の位ですね。つぎが大関、関脇とつづきます。どうして君が横綱になれるのかというと、そう、短足だから

 

相撲は短足であるほど有利

相撲って圧倒的に短足が有利なスポーツなんですよ。どうしてかというと、短足は重心が低いからです。ドシーンとぶつかったときに、重心が低いほうが安定していて強い。だから君は横綱になれる。

 

たとえば、身長が高かったらバレーやバスケに向いています。足が速かったらサッカーや陸上に向いています。小柄だったら競馬のジョッキーとして活躍できるかもしれません。

それぞれの身体的特徴を活かせるスポーツがありますよね。で、君の場合は短足だから相撲です、と。こういう話ですね。

 

短足世界

さらに嬉しいことには、力士になれば周囲ももれなく短足です。相撲中継なんか観てればよくわかりますが、力士には短足しかいません。だって短足こそが強いから。

 

全員が短足であれば、あなたにたいして「あいつ短足だなぁ」みたいな状況にはならないと思いますよ。精神的にも穏やかに過ごせるのではないでしょうか。

 

力士になれ。歴史になれ。

力士になりたくてもなれない人はたくさんいます。理由はさまざまで、脚が長い、結えるだけの頭髪がない、太りたくない、ふんどし姿が恥ずかしい、争いが嫌い、ちゃんこ鍋よりキムチ鍋が好きなどです。

あなたは幸運にも「短足」という最強の武器をもっている。だったらもう力士になるしかありません。彼らが叶えられなかった夢を、あなたが実現するのです。

 

力士になるためには、そうですね、ひとまず体重を増やさないとお話にならないでしょうから、菓子パンをしこたま買いこみます。で、ひたすら食べる。で、すぐ寝る(歯は磨こう)。

菓子パン、寝る、菓子パン、寝るを繰りかえせば、力士にはなれずとも堂々たる体躯になれることは保証します。もし途中で挫折してもとの体型に戻りたくなったら、今度はダイエットの相談に乗りますから連絡ください。