お金のかからない最強の趣味は読書

  • 夢中になれる趣味が欲しい
  • できればお金のかからない趣味がいい
  • 趣味を通じて人として成長したい

という人のためにこの記事を書きました。

 

そんなあなたには「読書」をオススメします。

夢中になれますし、お金もかかりません。本を読めば読むほど知識がつき、視野が広がり、成長できます。

 

では、具体的に読書の素晴らしさを見ていきましょう。

 

※私の趣味は読書と競馬です。せっかく読書でお金をセーブしているのに、競馬で散財してしまいます。どうかみなさんはお気をつけください。

 

 

読書は本当にお金がかからない

f:id:MORIKO:20181231155023j:plain

読書ってぜんっぜんお金がかかりません。読書で散財しようとしてもムリです。お財布に優しすぎます。

 

たとえば1500円でビジネス書を買ったとします。読むのに5日かかるとした場合、1ヶ月で6冊読める計算になります。1500円×6冊で9000円です。

文庫本だったら600円程度ですから、6冊読んだとしても3600円。趣味にしては超格安ではないでしょうか。

(ただしマンガはハイペースで読めてしまうのでそれなりにお金がかかる)

 

さらに、電子書籍を活用すればもっと安く済みます。おなじタイトルでも、電子書籍なら半額で買えることもザラです。amazonのKindleには定額の読み放題サービスがあります。

最初に端末代こそかかるものの、長い目で見ればおトクですよ。

 

趣味にいっさいお金を使いたくない!という人には図書館があります。

利用カードさえ作れば誰でも無料で借りられます。

 

お金が増える可能性がある

読書はお金が減らないどころか、収入を増やしてくれる可能性があります。

本を通じて成長するからです。

 

よくビジネス書には「読書は最強の自己投資だ」と書いてあります。言葉の通りなら、読書は成功する可能性を高めてくれると言えます。

実際、成功者と呼ばれる人の多くは本をたくさん読んでいます。自分の人生経験からのみ学ぶのは非効率。だったら他人の経験から学ぼう、というわけです。

 

読書はいつでもどこでもできる

読書はお金がかからないだけでなく、場所的な制約もありません。家でもカフェでも駅のホームでも病院の待合室でもどこでもできます

 

趣味が乗馬であればこうはいきません。

「寝る前に20分時間あるから乗馬でもすっか」なんて聞いたことないです。

でも「寝る前に20分時間あるから読書でもすっか」なら聞いたことあります。

 

読書は日常生活に溶けこみやすいので、趣味にはもってこいです。

「好きなこと」はたくさんしたいですもんね。

 

読書は退屈しない

f:id:MORIKO:20190101070725j:plain

読書を趣味にした瞬間、人生から「ヒマ」が消えます。

なぜなら本は無限にあるから。「もうぜんぶ読んじゃった」てなことにはなりません。どんなに速読をマスターしても不可能です。

 

ですので個人的には、読書を趣味にできたら勝ち、だと思っています。

「退屈な人生だなぁ。俺は何がしたいのかなぁ。なんにもしたいことなんてないなぁ」と落ちこむ時間がないからです。

よし、読み終わった。次はどれにしようかな、ってなります。

退屈だけは避けたいものです。

 

読書を趣味にする方法

好きな本を読む。それが読書を趣味にするコツです。

 

まちがってもこんな選び方をしてはいけません。

  • 難しいけど勉強になりそうだから
  • 売れてるみたいだから

 

難しいけど勉強になりそうな本は、もれなく部屋のインテリアになります。売れてる本は、いっそう売り上げに貢献するだけ。

やっぱり興味のある本を読むのがいちばんです。ミステリー小説、熱帯魚の飼育方法、ダイエット本などなど。

 

読んでいて苦痛だと感じるなら、そんなの趣味じゃありませんからね。

 

まとめ

お金のかからない趣味として読書は秀逸です。

 

お金がかからないということで言えば「めずらしいカタチの石集め」なども挙げられますが、とても自己成長できるとは思えませんし、「何してんだろ、俺」って虚しくなる可能性が高い。

めずらしい色の枝集め」も「めずらしい匂いの葉っぱ集め」も同様です。

 

これらと比較しても、いかに読書が優れた趣味なのかがお分かりいただけるでしょう。※比較対象は無作為に抽出しております

 

ぜひみなさんもお財布に優しい読書生活を始めてみませんか?

私が書いたショートショート集なんかオススメですよ。すくなくとも「めずらしいカタチの石集め」よりは退屈しないことを保証します。

 

感想熱烈歓迎