【失敗】金庫が開かなくなってパンツが出せなくなった

この記事が参考になる人

  • 修学旅行をひかえている学生
  • いたずらが好きな人
  • 金庫を見るとパンツを入れたくなる人

 

金庫からパンツを取り出せなくなった男性の失敗談をご紹介します。修学旅行でクラスメイトが入浴したら、いたずらのビッグチャンスです。

が、パンツを金庫に隠すのだけは、やめておいたほうがいいかもしれません。

 

 

【失敗事由】いたずらでパンツを隠したのだが……

f:id:MORIKO:20190102063746j:plain

事件は701号室で起きた。

男子生徒4名が修学旅行でこの部屋に宿泊していた。ホテルには大浴場がないため、彼らは客室のユニットバスを利用することにした。

 

「ジャンケンで順番を決めよう」

ひとりがそう提案した。その結果、まず藤原という男子生徒が入浴することになった。

 

部屋には藤原以外の3名が残っている。誰かがポツリとつぶやいた。

「おい、藤原のパンツ隠そうぜ

 

藤原はまだ風呂に入ったばかり。隠す時間はたっぷりあった。彼らは藤原のパンツを手に取ると、嬉々として部屋のなかを歩きまわった。

だが困ったことには、隠す場所がほとんどなかった。ホテルには物がなさすぎるのだ。

足の踏み場もないような男子高校生の部屋とはわけがちがう。洗練された空間。それがホテル。

 

金庫に隠して施錠した

どこに隠してもすぐに見つかってしまう。だったらいっそのこと、見つかるのを前提とした場所にしよう。

こうしてパンツは金庫に封印された

 

そうこうしているうちに藤原が風呂から上がった。パンツがないと騒いでいる。当然である。脱いだパンツ、穿く予定のパンツともに、金庫のなかにあるのだから。

探せど探せど見つからない。藤原が不機嫌になりつつあったため、ひとりがいった。

「金庫のなか見てみ?」

 

だが金庫は施錠されており開かない。3人は余裕の表情を浮かべている。

藤原は金庫の前にしゃがみこむと、思いつく4桁の数字を入力した。ハズレた。適当に入れてみる。もちろんハズレた。

ヤケになった藤原は、0001から順番に試しはじめた。一言もしゃべることなく。

 

そして間もなく悲劇は起きた。

 

「エラー」

そう表示されて暗証番号が入力できなくなってしまったのだ。どうやら金庫のイタズラ防止機能が作動したらしかった

 

フロントへ連絡

真っ青になった3人はフロントへ連絡した。まさかこんな事態になるとは。

 

ホテルのスタッフが部屋にやってきた。スタッフは持ってきた弁当箱くらいの大きさの機械を使い、1分足らずでロックを解除した。まるでスパイ映画のような手際の良さだった。

 

金庫の扉が開くとそこには、パンツが鎮座していた。

 

失敗に学ぶ:金庫で遊ばない

金庫はおもちゃではない。ゆえに金庫で遊んではならない。

 

最悪の場合は今回のようなケースになってしまう。ホテルスタッフの手によって金庫が開いた瞬間、気まずい空気が流れたであろうことは想像に難くない。

そればかりか、どうじにクサい空気も漂ったはずだ。サイテーである。

 

君たち高校生は知らないかもしれないが、たいていの金庫には「下着を入れないでください」という注意書きがある。なぜなら、ロクなことにならないから。

 

20分後に解除される可能性

彼らはあまりに無知だった。金庫のセキュリティ機能について知らなすぎる。

 

複数回連続でまちがえるとエラーが表示され、操作できなくなることがある。

こんなのは常識だ。

 

そのエラーはたいてい5分か10分、あるいは20分経てば解除される

これもまた事実だ。

だから今回のケースも時が過ぎるのを待つべきだった。そうすれば、恥ずべき御開帳は避けられたかもしれない。

 

隠すなら金庫よりも冷蔵庫
  • 金庫で遊んだこと
  • 金庫について無知だったこと

これが彼らの失敗の要因である。金庫はあくまでも大切な財産を守るためのものだ。そして、パンツは大切な財産に該当しない。

 

最後にひとつだけアドバイス。

修学旅行で入浴中のクラスメイトのパンツを隠すとっておきの方法がある。

濡らして冷凍庫にぶち込め

 

あとは想像にお任せする。が、できればビニール袋に入れて実行するように。

冷凍庫はあくまでも食品を冷やすためのものだ。そして、パンツは食品ではないのだから。

 

修学旅行あるある

www.shortshortshort.jp