【脳内スッキリ】日記を書いて頭の中をデトックスしよう

  • 嫌な記憶を忘れたい
  • いつまでも落ち込んでしまう
  • 布団の中であれこれ考えてしまい眠れない

という人に向けてこの記事を書きました。

 

それ、日記を書く習慣で克服できるかもしれません。

「日記なんて面倒くさい」などと言わずに一度試してみてください。ノートとペンさえあれば5分で書けます。5分後には脳内がスッキリしていることでしょう。

 

 

日記を書いて感情を吐き出す

f:id:MORIKO:20190102160135p:plain

みなさんはネガティブな感情ってどうしていますか?

悲しいことがあったとき、激怒したとき、どうやって気持ちの整理をつけているのでしょうか。

 

ひとつは「誰かに話す」という方法があります。が、あまりおすすめしません。

  • 愚痴を聞かされるほうは退屈
  • いつでも聞き手がいるとは限らない

自分はスッキリしても周囲がいい気分にならないからです。それに愚痴ばかり言っていたら、人はどんどん離れていってしまいます。

 

ヤケ酒はもっとおすすめしません。

ネガティブな感情をいっそう定着させる、という研究結果もあります。

 

全力で叫ぶ、これは近隣から苦情が来ます。

 

そこでおすすめなのが日記。

「ばかやろー!」や「このやろー!」といった感情は、ぜんぶ日記にぶつけましょう。負の感情をデトックスするのです。

 

誰も退屈させることなく、健康を害することもなく、いつでも確実に吐き出せるのが日記のメリットです。

 

書くと思考を整理できる

日記は思考の整理にうってつけです。

自分が何を思っているのか、何が嬉しいのか、何が不満なのか。これらはわかっているようでいて、じつはイマイチよくわかっていません。

 

でも、日記を書くとクリアになります。思考がゴチャゴチャしたままでは文章にならないので、脳が勝手に整理してくれるんです。

書いているうちに「そうだったのか」とか「意外とあれは嬉しかったな」という気づきが得られることもよくあります。

考えていることを文章にする。この行為に意味があるのです。

 

「考える」と「悩む」はちがう

考えるのと悩むのはちがいます。考えるのは建設的ですが、悩むのは時間のムダです。

  • 考える:結論を出そうとする
  • 悩む:目的地がない

 

ただ残念なことに、私たちは多くの時間を「悩む」ことに使ってしまいがちです。

5kgも太っちゃったなぁ嫌だなぁ、次の週末はなにをしようかなぁ、あのバッグ買おうかなぁどうしようかなぁ。大抵こうした問題には答えが出ません

それは考えているのではなく、悩んでいるだけだから。おなじところをグルグルして「あぁーどうしよかなー」と言ってるだけ。

 

そんな「悩む」を簡単に「考える」にできる方法があります。日記を書くことです。

5kgも太ってしまった、と文章にしますよね。すると次には原因を書いたり、現状を書いたりします。

少なくとも「太ってしまった」を5回も10回も書き続ける人はいません。「そんなの当たり前だよ」と思うかもしれませんが、頭のなかではそれをやっているんです。じつに無益ではありませんか?

 

だから日記を書きましょう。悩むムダな時間を減らして考える有意義な時間を増やすためにも。

1つ1つ問題を片付けていけば頭のなかはすぐにスッキリします。「悩む」は「考える」に変換すべきなのです。 

 

忘れるために日記を書くという発想

f:id:MORIKO:20190102160111p:plain

日記をつけるというと、「忘れないために」と考えている人が多いのかも知れません。でも私は逆です。むしろ、忘れるために日記を書いています

嬉しいことも悲しいこともぜんぶです。

 

安心して忘れられる状況を作る

たとえば家族に「わかめスープとサバ缶とボールペンを買っておいて」と頼まれたとします。わかったよ、と返事をして、大抵の人はどこかにメモをするのではないでしょうか?

 

メモをとるのは「忘れてもいいようにするため」であり、むしろ「安心して忘れるため」でもあります。

そうすれば脳の負担を減らせます。いつまでも「ボールペンとサバ缶と……」なんて復唱する必要はないわけです。

 

ふだんの生活にもおなじことがいえます。日記に書くことで日常の様々なできごとに対して「忘れても大丈夫だ」 と脳が判断する。だから頭のなかがスッキリするのです。

 

まとめ

おなじことばかり考えてしまう人、悩む時間の多い人はぜひ日記を書いてみてはいかがでしょう。

モヤモヤした感情をすべて吐き出して、脳みそをデトックスをしませんか?

 

それから、

「このブログの読者登録しようかな」

「お気に入り登録しようかな」

とグルグル悩んでいる方も、まずは日記を書きましょう。

「やめとこ」っていう賢明な判断に至ると思いますので。