【検証】こたつで寝るとどうなるのか?

私は思いました。

こたつで寝たら最高なんじゃないか?って。

 

 

信州の冬は寒い

f:id:MORIKO:20190120155754j:plain

信州の冬は極寒です。最低気温が-6℃で最高気温が0℃なんて日がザラにあります。もはや巨大冷凍庫のなかで生活しているようなものです。

 

北海道や東北のようにドサッと雪が降ることはないため、ビジュアル的なインパクトには欠けます。1メートル50センチの雪の壁なんてありません。が、地味な絵面で猛烈に寒い。それが信州です。

たぶん信州人の9割が「こたつで寝ちゃおっかなぁ〜。でもなぁ〜」の葛藤と闘っています。

 

こたつで寝たら風邪を引く?

「いや、寝たいならこたつで寝ればいいじゃん」と思いますよね。

「それが……風邪を引いちゃうらしくて」と言わせてください。

 

こたつで寝ると風邪を引く、と聞かされて育ってきました。私はそれを疑おうとしませんでした。

ハダカで寝ると妻が引く、こたつで寝ると風邪を引く、そりゃそうだと。

 

でもよく考えてみたらおかしな話です。

暖かいこたつで眠っていて、どうして風邪を引くのか?

汗をかいて冷えるから?

いや、汗をかくとはいってもこたつが暖めてくれていますから、プラスマイナスでいったらプラスになるはず。体温の収支は黒字になるはず。

 

ということはたぶん、電気代がもったいないからだな……

そう結論づけました。ようするに「こたつで寝ると風邪を引く」の真相はオトナの事情だったわけです。

いいからはやくコタツで寝ろよ」という読者の声が聞こえてきそうです。私もそう思ってました。

 

こたつで寝る

寝るための準備に取りかかります。

まず、汗をかきすぎないように、こたつのパワーを弱めます。枕がわりにクッションを置き、腰の位置には座布団を敷きました。終了。

わずか3秒でこたつが寝床にトランスフォームしました。

 

寝返り打てない

まず思ったのは、寝返り打てないなこれ、ということでした。

骨盤の幅がこたつの最低地上高よりも長いため、寝返りを打てません。

 

なにかを得るにはなにかを捨てなければならない、という言葉を思い出した私は、暖かい寝床とひきかえに寝返りを差しだすことに。

 

布団の圧が恋しくなる

こたつに入ってみて思ったのは、圧がない、ということでした。

布団がドシッと覆いかぶさる感覚。あの圧力がないと私は眠れません

 

こたつで寝る場合、空間にただスポッと入るだけです。……物足りない。

 

低温やけどは大丈夫?

電気を消して目を閉じましたが、どうも落ち着きません。圧不足もさることながら、ふいに低温やけどが心配になったのです。

こたつに7時間近く入っていたことはありません。パワー最弱とはいえ安全とは言い切れないのではないか?

 

朝起きて皮膚がベロベロになっていたらどうしよう。

 

検証結果:こたつで寝たら皮膚がベロベロになったよぉ!

では読者が引くんじゃないか?

 

不安になった私はスマホで検索してみることにしました。

「こたつ 寝る」トンッ。

 

こたつで寝てはいけない理由

結論から言いますと、こたつで寝ると死ぬことがあるそうです。

こたつで暖められた下半身が大量に汗をかいて、脱水症を引き起こして、脳出血に至ると。

 

怖っ。こたつで寝ると風邪を引く、が知らぬ間にパワーアップしていました。

現在は、こたつで寝ると死ぬ、だそうです。危ないところでした。もし十分な圧があったら、快適すぎて秒速で寝ちゃってました

 

こたつで寝た場合、皮膚がベロベロになったよぉ!で済んだらマシだったということですね。

 

検証結果

こたつが棺桶になるところだった

あと、「寝たら死ぬぞー!」は雪山だけでなく、こたつにも応用の利くセリフだということがわかった。 

 

良い子も悪い子もマネしないでね(私はけっして悪い子も見捨てないのだ)。