【失敗】ぶら下がり健康器がいつのまにか物干しに

この記事が参考になる人

  • ぶら下がり健康器の購入を考えている人
  • ぶら下がり健康器を買ったのに使っていない人

 

買った健康器具のうち99%は使わなくなります。その最たるものが、ぶら下がり健康器です。

生卵を放っておけば腐るのとおなじで、ぶら下がり健康器を放っておけば物干しになります。

 

「こんなもの買うんじゃなかった」と後悔しないためにはどうすればいいのか。そのヒントを書いてみました。

 

 

【失敗事由】ぶら下がり健康器は不要だった

f:id:MORIKO:20190118132452j:plain

40代の男性がぶら下がり健康器を購入した。

高さ180センチのところに金属製のバーがあり、背伸びしてつかむ。つかんだら膝を曲げて床から足を離し、両腕で体重を支える。そういう器具だ。

 

腰痛の改善にいいと聞いて買った。

リビングに設置したのは、気が向いたときにいつでもできるから、だった。

 

購入した当初は喜んで使っていた。

「わざわざ公園まで行って鉄棒にぶら下がる人もいるらしいぞ。これさえあれば家でもぶら下がれるのにな」とかなんとか言いながら。

 

そして翌週末。はやくもぶら下がり健康器は物干しに姿を変えていた。

 

室内干しにちょうどいいだろ?

「ほら、言ったとおり。ぜんぜん使ってないじゃない

ぶら下がり健康器にハンガーをかけながら、妻がいった。

 

「それはな、お前がそうやって物干しにするからだろ。こっちは使いたくても使えないんだ。使ってないんじゃない、使えてないんだ」

彼がいった。

 

ぶら下がっていないから、見かねて物干しにするのか。

それとも、物干しになっているからぶら下がれないのか。

卵が先かニワトリが先か、の様相を呈したまま議論は平行線をたどる。

 

だが、彼は内心で思っていた。

(こんなもの買うんじゃなかった。ちきしょう、1万5千円が水の泡だ)

 

失敗に学ぶ:ぶら下がり健康器を活用するために

彼の買い物は失敗でした。

それでは、どこがいけなかったのかを見ていきましょう。

 

洗濯物を干さない

ぶら下がり健康器に洗濯物を干したらアウトです

なぜなら、ぶら下がらないための口実になってしまうからです。

 

人間はやらない理由を探す天才です。

せっかくジョギングを始めても、今日は雨だからやめよう、今日はお腹の調子が悪いからやめよう、明日たくさん走るから今日はやめようなど、行動しない理由は無限に見つかります。

 

ですのでまずは、ぶら下がり健康器をやらない口実をなくすこと。これが重要になってくるわけです。

洗濯物が干してあるから無理だな」という甘ったれた言い訳をしないためにも、ぜったいに干してはいけません。家族にも周知徹底しましょう。

ぶら下がるのはあなたであって、洗濯物ではありません。

 

公園の鉄棒にぶら下がる

いきなりぶら下がり健康器に手を出すのはハイリスクです。

これまで何名もの犠牲者を出してきた器具ですから、購入には慎重になりましょう。

みんなは怠けてるだけ。俺はちがう

全員がそう思って買ってます。

 

そこでおすすめなのが、公園の鉄棒です。まずは鉄棒にぶら下がってみましょう。

それで、これは腰痛に効果がありそうだ!とか、肩甲骨が引っ張られて気持ちいい!と感じるのなら、購入に一歩近づきます。が、まだ買いません。

 

欲求の真偽

最低でも2週間は鉄棒でガマンしてください。

公園まで行くのはかなり面倒ですよね。それを2週間続けられたのなら、その間に4〜5回はぶら下がりに行ったのならば、あなたのなかのぶら下がり欲求は本物です。どうぞ購入して発散ください。

 

大丈夫。サラリーマンがスーツでブランコに乗っていたらリストラ感たっぷりですが、スーツでぶら下がっていても「ひょうきんなおっさんだな」程度です。

気にせず鉄棒にぶら下がっちゃいましょう。

 

ただし、小学生が並んでいたら、ちゃんと順番は守ってくださいね。