なぜ男が作る料理はウマいのか?

  • 「俺は妻よりも料理のセンスがある」と思っている
  • 旦那が作る料理がなぜだか美味しいと感じる

という人に向けてこの記事を書きました。

 

夫が休日に作る料理はたいてい美味しくできます。

いったいなぜでしょうか?

 

男の料理がウマい2つの理由

f:id:MORIKO:20190118132646j:plain

ふだんは妻が料理をしていて、休日にときどき夫が料理を作る。そんな夫婦がいるとします。このとき、たいてい夫の作る料理は美味しくできます

シェフでも栄養士でもないふつうのサラリーマンなのに、いったいどうして?

 

その理由はおもに2つあります。

 

1. コスト度外視

主婦が食材を選ぶ際には、なるべく安く済ませることを優先します。

1回の買い物を1万円以内におさめる、などのマイルールを決めている方も多くいます。

 

食べたい食材を好き放題にかごへ放りこんだら、1万円なんてすぐに超えちゃいます。だから家計と相談して、旬の食材を選ぶなど賢く買い物をしている、と。

 

ところが男はちがいます。安い<ウマいです。

だから、男は国産の和牛を平気で買います

「ウマい料理はまず食材からだろ!」と考えているからです。オージービーフには目もくれません。

 

男はモノにこだわる

男はすぐモノにこだわります。

 

登山を始めるにしても、いきなり高いシューズや高いウェアを買ってきます。

それで、一回も山に登ったことすらないのに、「やっぱいいモノは違うわ!」とか言います。

 

筋トレを始めるにしても、いきなり本格的なトレーニングアイテムに手を出します。

そして「このダンベルのすごいところはな……」など、頼んでもいないのに解説を始めます。

 

そうした傾向が料理にも出てしまうんですね。

「これは国産の和牛で、こっちは国産のタケノコだろ、んでこれが超貴重な塩で……」って。

そう、男は妥協を知りません。

 

それだけハイレベルな食材で作ったらそりゃ美味しいでしょ

っていう話です。

高級な牛肉なんかは焼くだけでもじゅうぶん美味しいですし。

 

2. 調理時間無視

主婦が料理を作る際にはスピードも重視します。やることが他にもたくさんあるため、料理にばかり時間を割いてはいられないからです。

 

が、休日の男がちがいます。

時間を持て余していますから、料理にいくらでも時間をかけられます

そのため、昼過ぎからディナーの準備に取りかかります。

 

男は惜しみない

男は時間を惜しみません。

延々と焼きます。煮込みます。すりつぶします。

これはべつに忍耐強いわけでもなんでもなく、料理に「毎日やる」という概念がないからです

 

ようするに、男にとって料理はイベント。

ちょうど女性がバレンタインでお菓子を作るようなイメージですね。だから惜しみなく手間ひまをかける、と。

 

極上の食材を丹念に調理する

ここまでの内容をまとめますと、極上の食材たちを時間をかけて丹念に調理する、となります。

それが男の料理。コスパ度外視の料理。美味しさのカラクリ。

 

たくさんのお金とたくさんの時間をぶち込んで作った一品が、不味くなるわけありません。むしろ不味くなったら奇跡です。

 

そういうわけですので、どうか男性のみなさん、「俺って料理のセンスあるわ。妻には悪いけど」だなんて調子に乗らないでくださいね。お願いしますよ、とくに私。