【結論】コーヒーでは眠気に勝てない

  • コーヒーで睡魔に勝てるのか
  • 眠気対策を知りたい

という人に向けてこの記事を書きました。

 

まず結論を書きます。コーヒーでは眠気に勝てません(水鉄砲でクマに勝てないのとおなじ)。

カフェインの効き方には個人差があるかと思います。ただ私はダメでした。いや、コーヒーなんて飲まないほうがマシだったのかもしれません。

 

 

マイボトルで職場にコーヒー持参

f:id:MORIKO:20190306062130j:plain

職場での睡魔に勝つためにコーヒーを採用しました。ふだんはミネラルウォーターを飲んでいますが、1ヶ月間コーヒーにチェンジ。480mlのマイボトルでブラックコーヒーを持参します

※砂糖を入れるとかえって眠気が増します。ご注意ください。

 

f:id:MORIKO:20190306062450j:plain

(私が持参している水筒の写真です。たっぷりのブラックコーヒーを入れて職場へ)

 

香りのリラックス効果

コーヒーの香りにはリラックス効果があるそうで、嗅いでいると心穏やかになります。

ですが、眠気防止の観点からすればマイナスポイントです。心穏やかになったら眠くなっちゃうので。

 

眠気にはほとんど作用なし

期待していた眠気対策の効果はありませんでした。480mlも飲んでるのに。

一般的な缶コーヒーが約190mlですので、2.5本分飲んでいる計算になります。2.5本分飲んでダメだということは、もはやコーヒーではダメだということです。あいかわらず眠くなりました。

 

コーヒーのデメリット

f:id:MORIKO:20190306062201j:plain

コーヒーじゃダメでした。おしまい。……だったらよかったんですが。

というのも、1ヶ月コーヒーを飲み続けたことで、体が負のダメージを受けていたのです。メリットは享受できなかったのに、デメリットだけ如実に現れるだなんてあんまりです。

※ちなみに私、普段は水しか飲みません。

 

歯が着色する

コーヒーを飲み続けていたら歯が黄色くなりました。色素が付着してしまったようで、歯ブラシで磨いても取れません。超ガンコな汚れです。

歯が黄ばんでいると不潔な印象になってしまいますよね。あぁ嫌だ。

 

それだけでなく、コーヒーの色素が付着した部分には食べカスがつきやすくなります。結果、虫歯のリスクを高めます。これも嫌だ。

※歯医者に行って研磨してもらいました。虫歯という観点からいえば、コーヒーや紅茶などは避けるべきだそうです(上記の理由で)。歯科衛生士さんがやさしく教えてくれました

 

www.shortshortshort.jp

余談ですが、男性諸氏は歯科衛生士に惚れないようご注意ください。ゼッタイに負けてしまう闘いが、そこにあります。 

 

息が臭くなる

毎日毎日コーヒーを飲んでいたら、息が臭くなりました。おまけに舌も茶色くなってますし。

口臭がひどいので、会話をするのにも遠慮してしまいます。自分の口から漂うザ・オジサンフレーバーにげんなり。

 

手間が増える

コーヒーを持参すると手間がかかります。朝は忙しいので、この一手間は厄介でした。

お湯を沸かして、コーヒーの粉末を入れて、ボトルに熱湯を注ぐ。それなのに眠気には効かなかったわけで、無駄な時間だったといえます。

 

トイレの回数も増える

カフェインは眠気ではなく、余計なところに作用しました。利尿です。やたらトイレに行きたくなってしまうんです

もともとトイレが近いほうなのに、余計に頻度が上がってしまった結果、トイレdeおサボり君みたいになってしまいました。あるいはシンプルに超頻尿男。……どっちのレッテルも嫌ですね。

 

まとめ

以前の私は、ウトウトしている男。

コーヒーを持参するようになってからは、歯が黄ばんでいて、口臭がひどくて、やたらトイレにばかり行くクセしてウトウトしている男。矢沢永吉もびっくりの成り下がり(※)。

 

いちばん有効な眠気対策はしっかり睡眠をとること。これに尽きる。

※矢沢永吉には『成り上がり』という有名な著書があります。

 

仕事中に眠くなる人へ

睡眠が足りていなかったようです。私の眠気は、睡眠時間を確保するやいなや解決しました。

 

www.shortshortshort.jp

睡眠時間が足りないのなら、時間をお金で買ってみませんか?

増えた時間を睡眠に回しちゃってください。

 

www.shortshortshort.jp

睡眠時間が足りているのなら、質が悪い可能性もあります。

「ダブルベッドに二人で寝ている」人は改善できる余地があります。

 

www.shortshortshort.jp

あるいはもう眠気をポジティブに解釈するか……。 

 

本で専門的な知識を学びたい人は『寝ても寝ても疲れがとれない人のための スッキリした朝に変わる睡眠の本』を読んでみてくださいさい。「へぇ〜」が盛りだくさんでした。