ハイオクの維持費をどう考える?趣味にしては安い?

  • 気になる車がハイオク
  • ハイオクの維持費は高そうだと感じている
  • ハイオク車に反対する妻を説得したい

という人に向けてこの記事を書きました。

 

私は86に乗っています。燃料はハイオクです。レギュラーや軽油に比べたら維持費が高くなります。

でも、ハイオクだからという理由で欲しい車を諦める必要はない。そう思っています。

この記事で、ハイオク車を買いたいあなたの背中を押しましょう。どかーん!って。

 

 

レギュラーとハイオクの価格差

f:id:MORIKO:20190310055935j:plain

レギュラーガソリンに比べてハイオクは1リットルあたり10円ほど高いです。この差を大きいと感じますか。それとも、大したことないと感じますか。

 

私の乗っている86を例に考えてみます。

燃費はだいたい10km/l。つまり、10km走って1リットルの燃料を消費する計算です。

このとき、レギュラーを150円、ハイオクを160円とすると、10km走ったときの差額は10円になります。

もしも86がレギュラーだったら、10キロ走って150円。実際はハイオクだから160円。差額10円。10kmで10円ということは、1kmで1円の差だということです。

 

1kmで1円の差

86で1km走るごとに、レギュラーガソリンよりも余分に1円かかる。そう判明しました。私は非常に小さな差だと思いますが、みなさんはいかがでしょう。

 

仮に1ヶ月の走行距離を500kmとすれば500円の差額。1000km乗る人は1000円の差額。

この数字を見てもまだ「ハイオクは維持費が高いから乗りたくない!」と思いますか。

 

ハイオク車を選ぶのは車好き

ハイオク車といえば外車ですね。国産車ならスポーツカーに多いです。いずれも「車なんて動けばなんでもいいよ」という人が選ぶ車種ではありません。

そうなんです。ハイオク車に興味があるということは、すなわち外車やスポーツカーに興味を持っているということ。つまりあなたは"車好き"ですね。

 

そんな車好きにとっての車は、趣味のひとつになるかと思います。そう、これは趣味なのです。

趣味に月々500円や1000円を払うのは普通のこと。であれば、ハイオクを理由に外車・スポーツカーを諦める理由なんてどこにもないと思いませんか?

 

趣味にかけるお金にしては安い

f:id:MORIKO:20190310060004j:plain

趣味が映画だったらどうでしょう。映画館に行けば1回1500円はかかります

映画好きなら月に2本、いやそれ以上に観るでしょう。とすると、出費は月5000円を超えます。

 

趣味が演劇鑑賞なら?これは1回で1万円〜2万円かかります

2ヶ月に1回しか観に行かないとしても、月に5000円〜1万円はかかるわけです。ハイオクの比ではありません。

 

趣味がグルメでもそうですし、ギャンブルでもそうですし、グルメでもそうです。あらゆる趣味と比較しても、月プラス1000円の出費で楽しめる趣味(ハイオク)は安い

※実際には10km走れば160円かかります。しかしそこは、レギュラーとの差額である10円を強調しましょう。そうしたほうが配偶者の説得には有利に働きます。「月にたった1000円だけなら……」って。

 

ハイオク車買っちゃえ!

維持費を理由にハイオク車を諦めるのはもったいないですし、配偶者の砲撃を受けて沈没するのも情けないです。

奥さんにも自分にも「たった500円なんだ!」とアピールしましょう。

一般的な国産車に比べれば、外車や国産スポーツカーは高いです。車両価格が高い。でも、こと燃料だけに関していえば、ハイオクのデメリットはほとんどありません。

 

移動手段として馬に乗っていた時代を想像してください。馬のエサを買うために、あなたは市場に寄りました。

そこには安くて萎びたニンジンと、高いけど新鮮なニンジンが売っています。さぁ、どちらを買ってあなたの馬に食べさせたいですか。

私は後者です。愛馬に、「いつもありがとね〜!悪いわね〜!これからも〜よろしくね〜!」ってみずみずしいニンジンを食べさせてあげたい。

それとおなじことだと思いましょう。

 

……わかりにくい喩えで混乱したかと思います。最後のは忘れてください。

では、素敵なカーライフを。

 

 

www.shortshortshort.jp

私の86です。先述のとおり燃料はハイオクです。ちなみに、1ヶ月の走行距離は200キロなのでレギュラーガソリンとの価格差は月200円。

コーヒーを2杯ガマンすればすぐ回収できる金額ですねと言いたいところですが、私はコーヒー飲まないんで、相殺できそうにありません。

 

www.shortshortshort.jp

駐車場でどこに車を止めるかは重要です。擦られる、ドアパンチをお見舞いされる。そんなリスクを下げましょう。