運動会で子供を見つけやすくする方法【子供の意見も大事】

  • 運動会で子供を見つけられない
  • 目立たせるための工夫を知りたい

という人に向けてこの記事を書きました。

 

せっかくの運動会で「我が子を見つけられない!」なんて事態は避けたいですね。

そのためにできる工夫をまとめてみました。

 

 

靴と靴下で差別化する

f:id:MORIKO:20190331055749p:plain

運動着は学校指定、あるいは色が決まっていることがほとんどです。そのため、Tシャツや短パンでは差別化できません。

 

帽子も紅白帽しか着用できませんので、残っているのは靴と靴下だけです。つまり、ここでいかに目立たせられるかがポイントになります。

 

靴は蛍光色

f:id:MORIKO:20190331060612p:plain

たいていの児童が白か黒、あるいはネイビーの靴を履いて運動会に参加しています。

指定がなければこれ以外の色を選びましょう。

 

おすすめは赤、もしくは蛍光色(イエロー・グリーンなど)のシューズです。遠くからでもよく見えますよ。

 

サッカー用のスパイクはあり?

運動会でサッカー用のスパイクを履いている子供を見たことがあります。黄色でよく目立っていました。

 

「見つけやすくする」という点ではバッチリでしたが、「なんかズルくない?」と反感を買っていました。1着になったのに「そりゃスパイクなら当然だよ」って。

ルールで規制されていなくても、どんなに見つけやすそうだとしでも、運動会でスパイクはやめておくのが無難です

 

スポーツ用品店に行けばカラフルな運動靴が売っています。そうしたなかから選んであげるのがいいでしょう。

フェアに勝負して堂々と勝ちましょう(スパイクを履いたくらいじゃたいして変りませんが)。

 

靴下はハイソックス

靴下で目立たせるならハイソックスが定番です。

ハイソックスを履かせておけば一目でわかりますよ(※ちなみに先述のサッカー少年は派手なスパイクに青のハイソックスでした。もはや見失うほうが奇跡)。

 

ハイソックスも単色ではなく、ボーダーなどの柄が入ったものにすると、いっそう見つけやすくなります。

 

靴下の色を左右で変える

かなりトリッキーな奇策ですが、左右でちがう色の靴下を履かせるという手もあります。

たとえば右が赤で左が青。右が緑で左が黄色。これならすぐにわかります。

 

この奇策のメリットは「おなじことを考えている親の子供と被らない」点にあります。

「緑のハイソックスなんてウチの子だけだろう」と考える親がほかにもいた場合、緑のハイソックスで被ってしまうという珍事が起こりかねません。

 

左右別の色であれば、さすがに誰とも被らないでしょう。結果として見つけやすくなります。

 

忘れないで!子供の気持ち

ここまでの内容とは真逆の話になりますが、「見つけやすいかどうか」は親の問題で、子供には関係ありません。

ですので、あまりやりすぎてしまうと子供がかわいそうなことになります。

 

目立つ=みんなと違う

f:id:MORIKO:20190331061153p:plain

見つけやすいということは、目立つということ、目立つということは、他人と違うということ。

みんなと違う」ことに子供は敏感です。

 

クラスメイトにからかわれてしまうことだってありえます。

「なんだその靴下の色!ダサー!」とかいって(本人の趣味じゃないのに)。

 

目立つ児童がかけっこで1等になればカッコイイでしょうが、緑のハイソックスを履いた児童がビリになったら、不本意な目立ち方をしてしまいます。

もともと目立っているリーダータイプなら、派手な靴下でも大丈夫。

普段はおとなしい児童が運動会のときだけ派手な格好で登校させられるのは不憫(ただしめちゃくちゃ足が速ければ話はべつ)。

 

そのあたりはよく考えておく必要がありそうですね。どうか子供の意見を尊重してあげてください。嫌がったら強制するのはいけません。

 

以上、「走りやすいように」と一人だけブルマみたいな短パンを穿かされて悪目立ちした経験を持つ私からのひとことでした(確かに走りやすかったけども!)。

まとめ

シューズとソックスで差別化しよう!ただし子供の意見も忘れずに!