コーヒーは嫌いだけど匂いだけは好きって人いませんか?

この記事では「コーヒーの香りだけが好き」ということを書いていきます。

コーヒーは飲まないけど香りは好き!という人に共感してもらえると嬉しいです(もし私のほかにも存在するのなら)。

 

 

コーヒーの香りが好き

f:id:MORIKO:20190411201607p:plain

コーヒーの香りが好きです。嗅ぐとリラックスできるというか落ち着くというか。

こう書くと「コーヒーを水代わりにガブガブ飲んでる人」だと思われがちですが、むしろ苦手です。コーヒーはいっさい飲みません。

 

コーヒーを飲まない理由

私は3つの理由からコーヒーを飲まないようにしています。

 

歯が黄ばむから

コーヒーを飲んでいると歯が黄ばみますよね。あれがどうも苦手で。

清潔感を失ってしまうだけでなく、プラークが付着しやすくなります(着色により表面がザラザラするためです)。

 

つまり、虫歯になりやすい口内環境になってしまう、ということ。

コーヒーを飲む人は気をつけないといけませんね。

 

(もう虫歯はこりごり)

 

カフェインを摂りたくないから

カフェインを摂らないようにしている、というのも理由のひとつです。

「カフェイン デメリット」で検索するといろんな情報が出てきますので、興味があれば調べてみてください。

 

「カフェインやーめた」ってなるかと思います。

Point

「カフェイン メリット」で調べると「やっぱり摂ーろう」ってなるので、そっちは見なくて大丈夫です。

 

カフェインレスのコーヒーもありますが、歯が着色するので飲みません。

 

水でじゅうぶんだから

結局、水がイチバンです。

コーヒーとちがって寝る5分前に飲んでも問題ありませんし。利尿作用に襲われることもない。そしてなにより美味しい。

 

香りだけを楽しむ方法

ここからはコーヒーの香りを楽しむ方法を紹介していきます。コーヒーが苦手でも大丈夫!

 

コーヒーを淹れる

私の知り合いに、コーヒーを淹れて香りだけ楽しんで飲まずに捨てる、という人がいます。コーヒーを芳香剤として活用しているわけです。

 

この楽しみ方のデメリットは非難されること。それも、めちゃくちゃ。

堂々と誰かに話そうものなら、「もったいない!なに考えてるの?」と詰め寄られること必至です。

口外せずに密かな愉しみとしておくのが無難かと思います。

 

あるいは、コーヒー好きの家族に飲んでもらうか、「擬人化したシンクに飲ませてあげてる」というファンタジーな設定にするか。

 

カフェに行く

f:id:MORIKO:20190411202322p:plain

コーヒーの香り漂うカフェは癒しの空間です。

でも、飲みたいものが何もない、という致命的な欠点があるんですね。

コーヒーも紅茶も先述の理由(着色とカフェイン)で避けたいので。

 

できることなら、水を入れたマイボトルを持参して席だけ使わせてもらいたい。

使わせてもらいたいけど、カフェの大株主でもない限りムリでしょう。

 

だから迂闊に入れません。できることといえば、カフェの周囲をウロチョロするくらいです。

 

ブラジルに引っ越す

半分冗談で、もう半分も冗談です。

コーヒー豆の生産量が世界一とはいえ、ブラジルはどこにいてもコーヒーの匂いが漂ってる、なんてことはないと思います。

たぶんマテ茶の匂いもしますが、そういう問題じゃないような気もします。

 

コーヒー風呂

香りだけを楽しむ究極がこれ。コーヒー風呂。 

入浴剤の代わりにコーヒーを入れるわけですね。

 

これにより、自宅の浴室がカフェのような癒し空間へと変貌します。

淹れて捨てるのはモラルに欠けていてコーヒー風呂はOKというのがよくわかりませんが、こちらは美容にもいいそうで、女性に人気だそうです。

 

私も自宅でやってみました。コーヒー風呂というか、もろにコーヒーですよね。コーヒーに入るっていう。

 

 

まとめ

誤解を恐れずにいえば「コーヒーは入浴剤」だけど、やっぱり誤解は怖いので、いわないことにしておく。

代わりに「カレーは飲み物」といいたいところだけど、カレーは絶対に食べ物なので、これもいわないことにしておく。

 

確実にいえるのは、珈琲って感じで書くとなんかオシャレ、ってことくらい。

 「こー」も「ひー」もほかで使ってるのを見たことない漢字。