競馬で当たる気がしない……私もそう感じています

競馬で当たる気がしない……。

 

この記事では、競馬予想を当てる難しさについて書いていきます。

よくあるサイトのように、ウン十万円の怪しい予想ソフトを売りつけたり、胡散臭いメルマガ登録に誘導したりなんてことはありません。

 

私はただあなたと共感したいだけです。

当たらないよねぇ〜って。

 

 

どの馬も1着になるような気がする

f:id:MORIKO:20190614083004p:plain

競馬の予想は難しいですね。考えれば考えるほどわからなくなります。

どの馬も走りそうな気がして絞りこめません。

 

よく見ると、好走しそうな要因なんて山ほどあるんですよね

人気薄だったのに1着になった馬の情報を見て、「そう言われてみれば確かになぁ」なんて思ったりします。

よく見たらGⅢ出たことあるじゃん!そりゃ速いわ!とか(後でならなんとでも言える)。

 

18頭とか…多すぎ

18頭立てのレースとか……多すぎます。当てられる気がしません。

 

4頭立てのレースで単勝を買って外すのが私です。しかもその馬は4頭中ぶっちぎりの4着でした。

 

4頭ですら当てられない男が、18頭で当てられることなどあるだろうか。いや、ない。

漢文みたいな言い回しで表現してみました。

 

馬の気分なんてわからん

f:id:MORIKO:20190614084150p:plain

競争をしているのはスポーツカーでなければ、ドローンでもありません。

馬です。生き物です。

「今日は走るぞ〜」という馬もいれば、「夜更かししちゃって眠いよ〜」なんて馬もいるでしょう。それぞれに気分があります。でも、

 

知らんがなって話です。

パドックで尻尾を見ろ!なんていわれてその通りに見たところで、テンション低めの馬が1着になることだってあります。

 

元気なかったのにおかしいじゃん!なんで!

私の疑問に答えるように「今日は落ち着いていましたからね〜」と解説員。

 

物は言いようかよって思います。

競馬……ぜんぜん当たる気がしません。

 

 

予想家だって外してる

競馬の予想を専門に行っているプロの方々がいます。

彼らが新聞に載せている予想を参考にして、私たちはしばしば馬券を買います。

 

でも、プロの予想家だってフツーに外しますよね。

膨大なデータを駆使して弾きだしたであろう予想が、あっさりと外れます。

 

プロの予想家ですら当てられないというのに、素人の我々が当てられることなどあるだろうか。いや、ない。

漢文みたいな言い回しで表現してみました。

 

馬連でビリ2頭を的中させる

f:id:MORIKO:20190614083602p:plain

2019年4月28日に東京競馬場で開催されたスイートピーステークスにて、私はトロイメント、シャワークライムの馬連を買いました。

1点買いです。どちらも人気薄でしたが、いける気がしたんです。

 

結果はシャワークライムが12着でビリ、トロイメイトは11着でした。

1着2着になると思って買った2頭の馬が、まさかの最下位争い。

 

いや競馬どんだけ難しいのよ、って思いました。当たる気がしません。

 

まとめ:当たる気がしない本当の理由

いろんな理由を挙げてみましたが、当たる気がしない本当の理由はきっと、欲張っているからではないでしょうか。

 

素直に単勝や複勝で買えばいいのに、高配当を狙って馬連だったり三連複だったりを買っていませんか?

私は買ってます。だってどかーんと大金を当てなきゃ、200円だけ勝っても意味ないですから。

 

そうやって欲張って購入した馬連、三連単を握りしめて「当たる気がしねぇ!」とボヤく。そりゃそうだろって話ですよね。

 

あなたも似たような状況ではありませんか?

それなら試しに1番人気から5番人気までをすべて複勝で買ってみてください。

 

当たる気しかしねぇ!

って思えますから。

 

そういう問題じゃねぇ

気もしますが。