競馬の予想が当たらないからつまらないと感じている人へ

f:id:MORIKO:20190622191133p:plain

競馬の予想ってなかなか当たりませんよね

 

当たったほうが楽しいのはまちがいないでしょう。でも、当たらなかった予想にも意義があります。

 

「競馬って当たらないからツマラナイ」という考え方をすこし変えるだけで、「外れ馬券ってスゴイ!」と思えるかもしれません。

そしてやがてはもっと的中させられるようになるかも……?

 

 

競馬で自分の負け方を知る

競馬ファンで知られる予備校講師の林修先生は、「競馬で自分の負け方を知る」ことが大事だといいます。

 

負け方を知るためには、どういうときに外したのかを振り返ってみるのが効果的です。

おそらく、「こんなときにいつも負けてるなぁ」といった傾向が見えてくるでしょう。

 

ちなみに私はいつも「欲をかきすぎ」で負けます。

これが来るだろう!と目星をつけた馬と、人気もなければ根拠もない馬を組み合わせて馬連を買う

でも、目星をつけた馬だけが来る。

 

素直に単勝にしておくんだった!という負け方です。こればっかり。

(だって152倍のオッズに目が眩むんだもの)

 

 

負け方を知ったら改善しよう

f:id:MORIKO:20190622191204p:plain

馬券を買いっぱなしにするのではなく、きちんと分析するのが大事だということです。

 

「なぜ外したのか」「なぜ当たらないのか」

理由をとことん考えれば、かならず次につながります。

負け方には一定のクセのようなものがあるので、まずは自分の負け方を探してみてください。

 

いつもこうやって外してるなぁ、というパターンが必ず見つかります。

その買い方を避けるだけで、グッと勝ちを引き寄せることができるでしょう。

 

負けるパターンは人生にも通ずる

林先生の「競馬で自分の負け方を知る」という考え方は、競馬だけでなく人生にも応用できます

 

競馬であれ恋愛であれ事業であれ、負け方や失敗の仕方というのはそうそう変わらないんですね。

いえ、おなじ人間がやっていることであれば根底はおなじです。

 

 

競馬の負けパターンを恋愛に応用してみる

競馬でいつも欲張って負ける人は、恋愛でも以下のような失敗をやらかします。

 

「A子さんとなら付き合えそうだ!」という確信を持ちながら、「でも、S子さんと付き合えたら最高だよなぁ。無理だろうけど」なんて淡い期待も抱く。

そして二兎を追う者は一兎をも得ずということわざのとおりに、両方とも撃沈する。

 

自信があったA子だけに集中してアタックすれば成功しただろうに、という感じですね。

 

競馬をとおして自分の負け方を知っていれば、こうした失態は防げます。

「自分はいつも欲張って失敗してるから、S子はあきらめて、ここはA子だけに専念しよう」と考えられるのです。

(この決断がいいのかどうかはさておき)

 

負け方を知って人生で勝利をおさめよう

f:id:MORIKO:20190622191231p:plain

もちろん恋愛だけではありません。

勉強、仕事、起業、人付き合いなど、自分の負けパターンを知っていれば、あらゆる場面で役に立ちます。

 

借金をしない限り、競馬はどれだけ負けても構いません。所詮はレクリエーション、娯楽の範囲です。

その代わり、ただ赤字を垂れ流すのではなく、徹底的に自分の負け方を探すこと。

 

予想に時間をかけていないから当たらないのか(準備不足)、他人の意見を鵜呑みにして外しているのか(自分の頭で考えていない)、そもそも馬券の買い方に基準がないからなのか(軸がない)。

 

ぜひ負けパターンを知って人生に役立ててください。

競馬で負けても、仕事や恋愛で勝てればオールオッケーです。

 

というわけで、今後は馬券が当たらなくても「つまらない」とは思わず、これは人生の勝利へと続く道なのだ、くらいに捉えてみてはいかがでしょう。

 

勝ち馬がわかる 競馬の教科書 (池田書店)

勝ち馬がわかる 競馬の教科書 (池田書店)

 

あなたの競馬が、いや、人生が面白くなることを願って。