スポーツカーなら1度はバンパーの底を擦る!気にするな!

f:id:MORIKO:20190814211404p:plain

スポーツカーに乗っていれば1度や2度はかならずバンパーの底を擦ります。

これはスポーツカーの車高が低いからであり、ある意味仕方のないことです。

 

私はこれまでに2度擦りました。1回はコペン、もう1回は86です。

この記事では、バンパーを擦ってしまったときの状況や心境、その後の対応から、気持ちを整理する方法までを書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポーツカーはバンパーを擦るのだ

車高が低いスポーツカーは、一般的な車にくらべてフロントバンパーの底を擦りやすいといえます。

これはもう仕方ありません。スポーツカーの宿命だと思って受け入れるしかないですね。

どうしても嫌なら、いっそ車高の高いSUVに乗り換えるか……。

 

私はこれまでに2回擦った過去があります。

 

コペンのバンパーを擦った

コペンローブを運転中に1回擦りました。

郵便局の駐車場に入ろうとしたときに、段差がキツくてガリガリとやってしまいましたね

新車で買って傷ひとつない状態だったので、バンパーの傷にはずいぶんヘコみました。

 

とはいえ擦ってしまったのはバンパーの底なので、しゃがみ込まなければ見えないのですが……(塗装が剥がれて樹脂がむき出しになっていました)。

 

86のバンパーも擦った

2回目にやらかしたのは86の運転中でした。立体駐車場から出る際に、やはりバンパーの底を擦ってしまったのです。

 

ハンドルを伝うガリガリガリという嫌な感触は、擦った経験のある人にはわかると思います。かなりショックを受けますよね。

 

立体駐車場は入り口と出口がちがうタイプだったため、出口だけが大きな段差になっていることに気づけませんでした。

ゆっくりゆっくり車体を前進させましたが、努力むなしく、ガリガリ音が響き渡りました。

 

バンパーの底にある傷は査定に響くのか

f:id:MORIKO:20190814211941p:plain

コペンも86もすでに手放してしまいましたが、どちらも買取査定の際に傷についてはいわれませんでしたね

というか、そもそも業者も気づいていませんでした。

 

1社だけバンパーの下を覗きこんで「傷がありますね」と指摘してきた業者がありましたが、「ふだん見えない場所なのでとくにマイナス評価にはなりませんよ」とのことでした。

 

これらのことから、バンパーの底に傷があっても査定に影響はないといえそうです。

見えない場所であればさほど問題ないのですね。

 

 

擦ったショックを癒す方法

バンパーの底を擦ってしまったショックは、時間が癒してくれます。

ひとまず時間が経つのを待ちましょう。

擦った瞬間は大きなショックを受けたとしても、だんだん「まぁ見えない場所だしいいか」と思えてくるものですよ。

 

ですので、擦ったその日に「修理だ!」などと焦って決めないほうがいいでしょう。

バンパーの底であれば修理する必要はありません。

バンパーは樹脂でできているので塗装が剥がれても錆びませんし、そもそも傷は見えませんし、修理をするだけお金のムダです

 

どうか冷静になって、時間が経つのを待ちましょう。数日もすれば「まいっか」と思えます。

スポーツカーのバンパーは擦るのが普通だ、くらいに考えているといいですよ。

 

普通に走っていてもバンパーの底を擦る?

f:id:MORIKO:20190814212725p:plain

いくらスポーツカーの車高が低いとはいえ、普通に走行しているだけでバンパーの底をガリガリ擦るようなことはありません。

一般的な凸凹道や砂利道程度であれば、車高の低いスポーツカーであっても問題なく走れます。

 

注意すべきは店舗の駐車場に入るとき、出るとき、あとは雪道ですね。

スポーツカーで雪道を走るのだけはゼッタイにやめておきましょう。除雪車と化してしまいますので(バンパーが傷だらけになります)。

 

こんな記事も読まれてます

86で雪道を走行すべきではない2つの理由

それから、スポーツカーで大きな段差を越える際には、速度を落とすのが鉄則です

スピードを出したまま段差につっこむとボディがショックで沈むので、バンパーを擦ってしまうんですね。どうかご注意ください。

 

まとめ

車高が低いスポーツカーならではの悩みについて書いてきました。

一般的な車であれば、「バンパーの底を擦るんじゃないか」などとヒヤヒヤする場面はそうそうありませんからね。

 

スポーツカーを買った際には、「1度はバンパーを擦るものだ」くらいに考えておくのが、精神衛生上よろしいかと思います。

以上、バンパーの底を擦った人を励ます記事でした。まぁ、元気出しましょう。