水には利尿作用があるの?飲むとトイレに行きたくなる?

f:id:MORIKO:20190815084149p:plain

コーヒーや紅茶を飲むとトイレに行きたくなりますよね。

それは、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインに利尿作用があるからです。

 

では、水はどうでしょうか。

水って利尿作用があるのかな?

そんな疑問をお持ちの方もいるかと思います。

 

そこでこの記事では、水に利尿作用があるのかどうかを明らかにしていきます。

 

 

水にも利尿作用があるの?

まず結論を書きます。

水に利尿作用はありません

 

利尿作用というのは、摂取した水分量に関係なく「オシッコがしたい」状態になることをいいます。

たとえばコップ1杯のコーヒーを飲んで、カフェインの利尿作用によりコップ1杯分以上の尿が排泄されたりだとか。

 

つまり、「飲んだ量<出る量」となるんですね(利尿作用のせいで脱水状態になることもあります)。

 

水を飲んで尿が出るのは自然なこと

いっぽうで、水を飲んでトイレに行きたくなるのはごく自然な生理現象です。

 

水を飲めば体内の水分量が増えるので、水分量を調節するためにオシッコがしたくなるのは当然ですよね。

これを利尿作用とはいいません。

 

食事をすれば便が出る

少々下品かもしれませんが、大便で考えてみるとわかりやすいです。

食物繊維が豊富な食材を食べると、お通じが良くなりますね。サツマイモやごぼうを食べると便が出やすくなります(利尿作用といっしょ)。

 

たいして、牛丼やうな重ばかり食べていても、やっぱり便は出ます(水を飲んだのといっしょ)。

後者は食物繊維どうこうの問題ではなく、ただたんに「便が溜まったから排出する」というだけの話なのです。

 

 

体内の水分量が増えただけ

f:id:MORIKO:20190815084916p:plain

水もおなじです。水には食物繊維のようにお通じを良くする作用もなければ、カフェインのような利尿作用もありません。

ですが、水を飲めばトイレに行きたくなります。体内の水分量が増えたからです

 

ですから、水を飲んでトイレに行きたくなったからといって「利尿作用がある」と判断するのは早計です。

繰り返しになりますが、水に利尿作用はありません

ただたんに体内の水分量が増えてオシッコがしたくなるだけです。

 

まとめ

水に利尿作用はありませんが、たくさん飲めばトイレに行きたくなるのは事実です

映画館に行く前や、高速バスに乗る前など、「オシッコをしたくなると困る」ような状況であれば、なるべく水分の摂取を控えるようにするのがいいでしょう。

 

水に利尿作用はないけれど……

私は1時間に1回のペースでトイレに行きたくなってしまう頻尿男なので、映画を観る2時間前からはなにも飲まないようにしています

もちろん喉は乾きますが、上映中に席を立つよりはずっとマシなので……。

 

というわけで、みなさんも水の飲みすぎにはご注意ください。

利尿作用がないからといって油断は禁物です。飲んだ分だけちゃんとオシッコがしたくなってしまいますからね。

(汗として排出されたり体内に吸収されたりするので、飲んだ水がすべてそのままオシッコになるわけではありません。念のため)