「寿司が一番好きな食べ物です」はズルいと思う

f:id:MORIKO:20190815074512p:plain

寿司が好きな人は多いでしょう。

「一番好きな食べ物は寿司です」という人も大勢いるかと思います。

 

ですが、「一番好きな食べ物が寿司」はズルいです。反則です。

 

その理由を記事にまとめてみましたので、共感していただけると幸いです。

 

 

「一番好きな食べ物が寿司」は反則

「寿司」と一言でいっても、さまざまなネタがありますよね。

マグロ、アジ、イワシ、サバ、穴子、ウニ、イクラ……。

 

ですので、本来は「一番好きな食べ物はマグロの寿司です。二番は牛丼です。三番はハマチの寿司です」というべきだと思うのです。

一括で「寿司」は対象範囲が広すぎる。そんなのありかよ、という話です。

 

一番好きな食べ物は果物です

「寿司」を「果物」に置き換えるとわかりやすいかもしれません。

「一番好きな食べ物は果物です」という人がいたら、「あぁそうですか」とはなりませんよね。

 

かならず「どの果物ですか?」と訊くはずです。なぜなら、果物にはたくさんの種類があるから。

好きな果物はリンゴなのかバナナなのか、ブドウなのか梨なのか。あるいはライチかマンゴーか。

具体的に特定してもらわないと、こちらも納得できません。

 

「果物が一番好きです」は、なにも情報を伝えていないのです。寿司にもおなじことがいえます。

 

寿司は解体すべき

寿司は単体でもツワモノばかりそろっていますよね。

イワシも美味しいですし、中トロも美味しい。サーモンも、海老も美味です。

 

個々でもじゅうぶん闘える面子なのに、束になって「寿司」だなんて、そんなの他の料理が勝てるわけがないのです。

あまりに卑怯な連合軍、オールスターズではないでしょうか

 

ハンバーグやグラタンがどれだけ頑張ったところで、寿司連合軍には歯が立ちません。

 

 

焼肉はべつにいい

f:id:MORIKO:20190815075033p:plain

「寿司ズルい」という主張にたいしては、「それなら焼肉だってズルいじゃないか。部位を特定すべきだ」という反論があるかもしれません。

 

寿司のように、焼肉も「一番好きな食べ物は焼肉のカルビで、二番が冷やし中華で、三番が焼肉のモルモンで……」という具合ですね。

いや、焼肉はべつにいいよ、というのが個人的な意見です。

 

なぜなら、どの部位であろうと、食べてるのは結局「ウシ」だから

寿司はそもそも生き物がちがいます。マグロ、サンマ、カツオ、ブリ。

でも、焼肉は牛。以上。

 

どこを食べても牛は牛

部位がちがうだけで食べているのは牛に変わりないので、焼肉が好きな人は「一番好きな食べ物は焼肉です」でOKです。これはズルくありません。

あぁこの人は牛肉を焼いて食べるのが好きなんだな」と思って納得します。

 

ただし、ビビンバやクッパ、キムチ、もやしナムルなども含めて「焼肉」と呼んでいるのであれば、看過できませんけどね。

寿司と同様に「ズルくない?」という話になります。「特定しなさいよ」という話です。

 

まとめ

「一番好きな食べ物が寿司」がどれだけズルいかをご理解いただけたでしょうか。

あまりのズルさに、驚いて腰を抜かしてしまった人もいるかと思います。そう、寿司はズルいのです。

 

もしも今後「寿司が一番好きだ」とのたまう人に遭遇した際には、「君ね、寿司が一番好きというのは都合が良すぎるだろう。ネタの種類を特定しなさい」と諭してあげましょう。

 

すし、うなぎ、てんぷら ~林 修が語る食の美学

すし、うなぎ、てんぷら ~林 修が語る食の美学

 

以上、「一番好きな食べ物が寿司」にたいするクレームでした。