【図解】なぜ虫歯でエナメル質が溶けるの?仕組みを解説

この記事では、「なぜ虫歯で歯のエナメル質が溶けるのか」をイラストを交えて解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【図解】虫歯でエナメル質が溶ける理由

虫歯の原因となるのは、食べ物に含まれている砂糖をはじめとした糖分です。

 

f:id:MORIKO:20190826100421p:plain

糖分はスイーツやお菓子などといった甘い物だけでなく、白米や果物、野菜、肉、魚などたいていの食材に含まれています。

 

そのため、食事をすればほぼまちがいなく「歯に糖分がつく」、つまり虫歯の原因ができていると考えていいでしょう。

 

f:id:MORIKO:20190826101428p:plain

イラストは、食事を終えた歯の状態です。糖分がベットリと歯に付着していますね。

とはいえ、糖分そのものが歯を溶かすわけではありません。悪さをするのは、口のなかにいるミュータンス菌と呼ばれる細菌です

 

ミュータンス菌が虫歯をつくる

私たちがクッキーやプリンなどの甘い物が好きなのとおなじように、ミュータンス菌もまた、糖分が大好きです。

 

f:id:MORIKO:20190826102257p:plain

ミュータンス菌は、私たちの歯に残った糖分を栄養分として、歯の表面にくっつきます。

(ミュータンス菌はグルガンというネバネバの物質を放出するので、強力に歯にくっつくことができます。迷惑な話ですが)

 

f:id:MORIKO:20190826102442p:plain

さらに増殖し、歯垢(プラーク)を形成します。

 

歯垢を形成する

f:id:MORIKO:20190826102740p:plain

歯垢(プラーク)とは、歯の表面に付着した細菌のかたまりのことをいいます。

細菌のかたまり……想像しただけでなんだか気持ち悪いですね。

 

増殖した細菌たち(プラーク)は、糖分をもとに乳酸を作りだします。

この乳酸は酸性であるため、歯の表面(エナメル質)をじわじわと溶かしていくのです

ここでついに「歯が溶け」はじめました。

 

f:id:MORIKO:20190826104221p:plain

つまり、歯垢のなかで作られる乳酸が歯を溶かす、ということになります。

ちなみにエナメル質が溶けるこの現象を「脱灰(だっかい)」といいます。 

 

 

歯が溶け続けて虫歯になる

歯が溶け続けると、やがて表面のエナメル質に穴が空いてしまいます。これが虫歯です(この段階ではほとんど痛みを感じません)。

 

f:id:MORIKO:20190826105022p:plain

進行した虫歯はやがてエナメル質をつきぬけ、象牙質にまで達します。

象牙質はエナメル質よりも酸に弱いため、よりいっそう虫歯が進行してしまいます。

 

f:id:MORIKO:20190826105739p:plain

なお、象牙質にまで虫歯が達していても、痛みを感じないことが多々あります。

堪え難い痛みに襲われるのは、虫歯が歯髄(歯の神経)にまで及んだときですね。

 

ここまできてようやく「歯が痛い!虫歯かも!」と気づくわけです(人によってはもっと早い段階で)。

もちろん、時すでに遅しですが。

 

f:id:MORIKO:20190826110823p:plain

歯髄にまで細菌が到達してしまうと、歯髄炎が起こり、歯髄を取り除く処置を行わざるを得ないことがほとんどです

いわゆる「神経の処置」というやつですね。歯茎の深いところまで麻酔を刺して、抜髄という治療を行います(私は経験あり)。

 

以上が、虫歯が歯を溶かす仕組みです。

 

まとめ

いかがでしたか?

おそらくほとんどの方が「きちんと歯磨きをしよう」と思ったのではないでしょうか。

 

虫歯になると、歯の痛みはツラいですし、治療に時間を取られますし、お金もかかりますし、いいことなど1つもありません。

ぜひ日頃から食後の歯磨きを欠かさず行い、できればフロスも使用し(とても重要)、虫歯の予防に努めましょう。