【悲報】短足は腰パンをしていると誤解されます

f:id:MORIKO:20190903165037p:plain

この記事では、腰パンをしていないのに「腰パンをやめろ」と先生に注意された同級生(短足)の話を紹介します。

周囲は大笑いしていましたが、おなじく短足である私は、自分にも来るかもしれないと思いヒヤヒヤしていました。

 

短足のみなさん、「腰パンやめろ」の指摘にご注意ください。

 

 

 腰パンではなくただの短足

それは体育の授業中に起こりました。

整列した生徒を見渡した先生が、Y君を指差して「こら、腰パンをやめなさい」と注意したのです。

 

f:id:MORIKO:20190903165352p:plain

Y君は腰パンなどしていません。シンプルに脚が短いだけです

 

Y君は「腰パンじゃありません」といいましたが、先生は「それは腰パンだ」とすぐに反論します。

 

困ったY君はTシャツの裾をまくり上げ、腰の位置を示し、腰パンではないことを証明しました(どうじに脚が短いことも証明されました)。

先生は「すまん」とバツの悪そうな顔をしていました(ジョークではなく本気で勘違いしていた様子。ジョークだったら許さないが)

 

誰かが「短足なだけじゃん」といい、クラスメイトは爆笑していましたが、おなじく短足の私は笑えませんでした。

 

短足なだけで校則違反

ただ短足なだけで、まるで校則違反をしたかのような扱いを受けたわけです。

しかも、クラス中に「Y君は短足である」という、如何ともしがたい事実が周知徹底されてしまいました。

 

なんというか、酷い話です。

私はY君と同程度の短足だったので、「自分じゃなくてよかった」とホッとする反面、犠牲になったY君にたいして申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

 

口から飴を出せ

f:id:MORIKO:20190903165520p:plain

作家の中村文則氏は、頬がぷっくりとしており、小学生時代に先生から「口から飴を出しなさい」と注意されたことがあるとエッセイ『自由思考』に記していました。

 

身体的特徴を誤解された点において、Y君の腰パン事件に通ずるものがあります。

 

エラが張っている私の知人も、同様に「口の中のものを出せ」といわれた経験があるそうです。

切ないですよね。芸人でもあるまいし、「エラが張ってんねん!」などと反論することもできません。

 

地毛が茶色いのに「染めるな」、一重なだけで「なんだその目は」など、他にもたくさんの被害報告があります。

誤解されたほうは悪くありません。誤解する側が悪いのです。

もちろん、腰パン事件も然りです。

 

 

どうせ腰パンに見えるなら

あれから時は流れ、Y君も私も大人になりました。

もう体育の授業などなく、誰からも「腰パンやめろ!」などと注意されることはありません。

 

ですが街中を歩いているときに、ふと「腰パンに見えているのだろうか」と不安に思うことがあります。

まったくそんなつもりはないのに、「あの人腰パンしてるよ。ダサくね?」などと思われていたら、心外です。

 

それならいっそ、腰パン風スタイルのファッションにしてやろうか、と考えたこともあります。

 

f:id:MORIKO:20190903170712p:plain

上半身をストリート系にしておけば、ズボンはふつうに穿いているだけで腰パンに見えるので、完璧です。短所を活かしたコーディネートです

まだ試したことはありませんし、試す気もありませんが。

 

まとめ 

短足である我々には、つねに「腰パン疑惑」がつきまとうことを伝えたくて、この記事を書きました。

なんとも失礼な話ではあるものの、これが現実です。

 

取りうる対策としては、英国紳士のようにカッチリとした服装をして「腰パンの可能性」を完全に潰してしまうか、あるいはストリート系ファッションで「むしろ腰パンに見せる」かの2択です。

 

不本意な誤解を受けぬよう、お互い気をつけましょう。

 

以上、短足を腰パンとまちがえられた話でした。

なに、落ち込むことはありません。短足にだってメリットがあるのですから