ベッドで腹筋をしないほうがいい「3つの理由」

f:id:MORIKO:20190912111648p:plain

この記事では「ベッドで腹筋をしないほうがいい3つの理由」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ベッドで腹筋をすべきでない3つの理由

床でやると痛いので、ついベッドで腹筋をしたくなってしまいますよね。

でも、ベッドでの腹筋はおすすめしません。

 

1. トレーニング効果が薄れる

f:id:MORIKO:20190912112046p:plain

ベッドで腹筋をすると、じゅうぶんなトレーニング効果が得られません

なぜなら、ベッドでは正しい姿勢でトレーニングを行えないからです。

 

マットレスに体が沈むので、最初から「すこし腹筋をしている」ような格好になります。

それに、柔らかいベッドの上で腹筋をすると、バランスをとるために体の余計な部分に力が入ってしまうことに。

結果として、せっかく腹筋をしても効果が薄れてしまうのです。

 

自分では一生懸命やっているつもりでも、効果がなかったら切ないですよね。

もちろん、何もしないよりはベッドで腹筋をしたほうがマシですが、せっかくなら「適切な場所にて適切な方法で」行いましょう(詳細は後ほど)。

 

2. 汗で汚れる

f:id:MORIKO:20190912112202p:plain

腹筋をすると多少汗をかきます。

その汗が布団やシーツに付着し、寝具が汚れます

 

汗や皮脂で汚れたベッドで寝るのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。

たとえ自分の汗とはいえ、お世辞にも清潔であるとはいえません。いえ、はっきりいって汚いです

汗で汚れた寝具は洗濯をする必要があります。床のように拭いて綺麗になるわけではないので、手間がかかりますよね。

 

こうした衛生的な観点からしても、ベッドでの腹筋は避けたほうがいいといえるでしょう。

 

 

3. ベッドは寝る場所という認識が薄れる

f:id:MORIKO:20190912112316p:plain

ベッドでは睡眠以外のことをしないほうがいい」と主張する専門家がいます。

なぜなら「ベッドは寝るための場所という脳の認識が薄れて、睡眠に悪影響が出る」からです。

 

専門家がいうには、ベッドに寝転がってスマホをいじるのもダメ、とのこと。

休憩と睡眠はちがうため、休憩をするならベッド以外(ソファなど)の場所で行うのが良い。ベッドは睡眠以外に使わないほうがいい、と。

 

ベットを「眠るための場所」としておけば、いざ寝るときに、すぐ脳が睡眠モードに切り替わるというわけですね。

睡眠の説明が長くなってしまいましたが、これがベッドでの腹筋をおすすめしない最後の理由です。

 

ベッドはトレーニングをする場所?

f:id:MORIKO:20190912112522p:plain

つまり、ベッドで腹筋をすると、無意識のうちに脳が「激しいトレーニングをするための場所」としてベッドを認識してしまうのです

眠るための場所とトレーニングをする場所、相反する2つの情報が混ざってしまうと、脳が混乱します。

 

夜になって寝ようとしたときも、「寝るための場所」にいるのか、「トレーニングをする場所」にいるのか、正しく判断できない恐れがあるのです。

まぁ、どちらも正解ですからね。

結果として、なかなか寝つけないなど、睡眠に悪影響が出てしまいかねません。

 

「いつでもどこでも寝れるぜ!」という人には関係ないのでしょうが、もし睡眠になんらかの悩みを抱えているなら、気を遣ったほうが良いかと思います。

 

まとめ

筋トレをするなら、トレーニングマットがあると便利ですよ

 

これならフローリングや畳の上に敷くだけで(背中や腰を痛めず)快適に腹筋ができますし、汗で汚れても拭けば簡単に落とせます。

使い終わったらクルクルと巻いて収納できるので、スペースをとりません。

ぜひトレーニングマットを活用してみてはいかがでしょう。

 

マットとあわせて腹筋ローラーを使うとより効果的です。 

以上、ベッドで腹筋をすべきでない3つの理由でした。