指先にできた黒い斑点が「ただの内出血」で安心した話

この記事では「指先に黒い斑点ができて不安になった話」をイラストを交えてご紹介します。

タイトルのとおり、単なる内出血だったのですが……。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

親指の先に黒い斑点ができた

ある日とつぜん、右手親指の先に黒い斑点ができました(厳密にいえば黒と茶の中間のような色)。

大きさはホクロよりも小さく、ちょうど砂のような大きさです。

 

f:id:MORIKO:20190912155328p:plain

このイラストのようなイメージです。

実際の斑点はもっと小さく、数もたくさんありました。黒い粒がざっと15〜20個程度できていましたね。

 

触っても凸凹しているわけではなく、見た目は「小さなホクロ」という感じでした。

とくに痛みや痒みもありません。

 

皮膚の病気かと思った

私は祖父を皮膚癌で亡くしているので、指先の黒い斑点を見て「とんでもない病気になったかもしれない」と思い、恐怖に震えました。 

 

ネットで症状を調べてみると、どうやら内出血が起こったときに、指先に黒い斑点が現れることがあるのだとか。

「そうなのか」と一旦は安心したものの、どんなに記憶を遡ってみても、ドアに指を挟んだり、どこかにぶつけた覚えはありません。

f:id:MORIKO:20190912160749p:plain

内出血の可能性が薄れ、「やはりこれは皮膚の病気にちがいない」とふたたび落ち込むことに。

 

皮膚を破ってみた

無数にあるツブツブとした斑点がとにかく気持ち悪かったので、親指を針でつついて皮膚を破ってみました(マネしないでください)。

痛くない範囲で、針の先を使って角質層を破り、剥がします。

 

f:id:MORIKO:20190912160920p:plain

すると、破れた皮膚といっしょに黒い斑点も剥がれていくんですね

それを見て「あぁホクロではなさそうだ」とホッと胸をなでおろしました。

 

ホクロは角質層、その下の表皮、さらにその下の真皮にかけてできます。

ゆえに斑点の正体がホクロであれば、皮膚の表面を軽く剥がしたくらいで綺麗さっぱり無くなることはありません。

 

残っていた斑点も2〜3日経つとすべてなくなり、指先は元どおりになった、というわけです。

 

 

内出血なら数日で消える

この記事を読んでいるあなたも、おそらく指先に黒い斑点ができているのでしょう。

内出血であれば数日で消えて無くなります。なんともお騒がせなやつです。

 

1週間経過しても消えない、あるいは斑点が増えた、色が濃くなったなどの変化があれば、医療機関を受診してください。

もし可能なら、すぐにでも医療機関を受診することをおすすめします(内出血とは限らないので)。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20190912164702p:plain

私の指先にできた黒い斑点は、どうやらただの内出血でした。

他の部位とちがって、指先で内出血が起こると、黒い斑点となって現れるんですね。

 

とはいえ、ネットで調べた情報だけで素人判断を下すのは危険です。

内出血であれば問題ありませんが、私のように「指を挟んだりぶつけたりした記憶がない」方は、皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。

 

また、ホクロに刺激を与えるのも避けるべきです(ガン化するという説がある)。 

黒い斑点の正体がわからない以上、けっして針でつついて皮膚を破ったりしないことですね。どの面下げてと思いますが。

 

以上、指先にできた黒い斑点がただの内出血だった話でした。

あなたのソレも単なる内出血であることを祈ります。

ネットで調べると「それはガンだ」という情報が出てきて怖くなるばかりなので、これ以上は調べず、病院へいくのが最善ですよ。