トヨタ86で高速道路を走ってみた感想「楽しすぎる」

この記事では「トヨタ86で高速道路を走ってみた感想」を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

トヨタ86で高速道路を走る

f:id:MORIKO:20190917074039p:plain

さすがはスポーツカーという感じです。地を這うような低いシートポジションから見る高速道路の景色は最高ですね。

 

高速道路では一般道よりもスピードが出せるので、いっそうスポーツカー感を味わえて、とにかく楽しいのです。

 

重たいステアリング

ずっしりと重たいステアリングは、少し切っただけで、思い描いた通りに車の角度を変えていきます。

もちろん必要十分な遊びはあり、けっして「ハンドルをしっかり握っていないと怖い」というほどではありません。

 

ただ、一般的な自動車とはステアリングの感覚がまるでちがいます。

スピードを上げたときの安心感やコントロール性の高さは、さすがスポーツカーですね。

ステアリングが軽いと高速道路で(気を遣って)疲れてしまうので、個人的には86くらいの重さがベストです。 

 

抜群の直進安定性 

かつてS660で高速道路を走った際には、あまりの直進安定性の無さに、ひたすら恐怖を覚えました。

本線に合流してすぐに「高速道路を出たい」と思うほどに。

 

いっぽうで86の直進安定性は抜群です。気持ち良いくらいにまっすぐ走れます。

ステアリングの正確さも相まって、86でなら高速道路を走っていても疲れません。

低いボディ形状は風の影響をほとんど受けませんし、とにかく安定しています。

 

 

道を空けてもらえる

86で追越車線を走っていると、前を走る車がしばしば道を空けてくれます

おそらくスポーツカーの威圧感というか、速そうな見た目がそうさせているのでしょう。

 

コンパクトカーや小型セダン、ミニバンで走っているときに比べて、86だと明らかに道を譲ってもらえるのです。

なんというか、気持ち良いんですよね。「86のお通りだ〜!」という感じで、満更でもない気分に浸ることができます。

 

走行車線から車線変更した車が、後方から迫る86を見て、抜かすことなくすぐにまた走行車線へ戻ったり。

周囲に気を遣ってもらえるので、スポーツカーで走る高速道路は快適です。

(まぁ、逆の立場でもすぐに道を譲りますからね。「なんか面倒くさそうな車が来たぞ」って。)

 

もちろん、 頑なに譲ろうとしない人もいますが。

 

 

2Lエンジンは力不足? 

f:id:MORIKO:20190917074247p:plain

86は2リッターのNAエンジンであり、スポーツカーとしてはけっして「パワーがある」わけではありません。

 

それでも高速道路を走るにはじゅうぶんです。

ドイツのアウトバーンを時速200キロで爆走するのでもない限り、2リッター207馬力(86後期型MT)のエンジンがあれば問題ないでしょう。

むしろスバルWRX STIクラスのハイパワー車だと、速度を出しすぎないように気を遣う必要があり、それはそれで大変だったりします。 

 

なお、86のサウンドクリエイターから届くエンジン音は高速走行時の気分を高めてくれますよ。

 

まとめ

86は高速道路でもじゅうぶんドライバーを満足させてくれます。

高速道路での燃費はリッター15kmあたりまで伸びますし(ハイオクですが)、2人で旅行をするぶんには、なんら問題ないかと思います。

シートは肉厚で疲れにくく、同乗者も快適に過ごせるでしょう。

 

街乗りや峠道が楽しい86は、高速道路でも素晴らしい性能を発揮するスポーツカーです。

上記の内容は86の兄弟車であるスバルBRZにもいえるでしょう。

ただし、フロントデザインの威圧感は86後期型に軍配があがるかと思います(よりいっそう道を譲ってもらえるかも?)。

 

以上、トヨタ86で高速道路を走ってみた感想でした。

私が購入した限定色の86は以下の記事で紹介しています。