バスキア展のチケットをコンビニで買って損をした話

この記事では「バスキア展のチケットをあらかじめコンビニで買うのが無意味だった話」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

バスキア展は六本木にて2019.9.21〜11.17の期間で開催中です。

 

 

バスキア展のチケットは会場で当日買うべし

六本木にてバスキア展が開催されています。

チケット購入時の混雑を避けるために「あらかじめコンビニ等でチケットを買っておこう」と考えている方もいるでしょう。

 

それ、やめておいたほうがいいです。なんの意味もないので

意味がないどころか、コンビニ等でバスキア展のチケットを買ってしまうとむしろ損をします。

 

前売券、招待券、当日券すべてチケットと交換

f:id:MORIKO:20190924091121p:plain

というのも、チケットを持っていてもかならずチケット購入の列に並び、正式な入場券と交換しなければならないからです。

つまり、「チケット購入の列に並ばずスムーズに入館できる」わけではありません

 

とくに損なのが「当日券」をネットで買ってしまったケースですね。

これはいっさい意味がないどころか、むしろ時間とお金がムダになるので、やめておくことをおすすめします。

 

バスキア展の当日券をコンビニで発券したが……

混むだろうと思い、私はバスキア展の当日券をあらかじめネットで購入し、ローソンで発券しておきました(上の画像)。

このときに入館料の2,100円に加え、発券手数料108円を余分に支払っています。

 

発券手数料については「チケット購入の列に並ばずに入れるならまぁいいか」と考えていたのですが、上記のとおりで、会場に着いたらチケット売り場に並ばされてしまったのです。

 

運営スタッフに「当日券を持っている」旨を説明したのですが、「チケット売り場で入場券と交換する必要がある」とのこと。

よって、チケットを持っていない大勢の人たちといっしょに、チケット購入の列に並ぶことになりました。

 

 

コンビニに108円を募金しただけ?

f:id:MORIKO:20190924091322p:plain

わざわざ時間を割いてコンビニへ行き、108円の手数料を支払った(2枚買ったので216円)意味はどこにもありませんでした。

 

むしろ損をしただけです。

スムーズに入館できないのなら、コンビニで当日券を買っておくメリットなどひとつもありません。

ただ時間をムダにし、108円を捨て、会場の待ち列でイライラするだけ

モタモタ支払っている人たちとはちがい、こちらはローソンで買ったチケットを差し出すだけで済みますからね。一瞬です。

 

これではまるで、後ろに並んでいる人のために、余分にお金(発券手数料)を払ったようなものです。なんて善人なのでしょう私、って思いました。

 

まとめ:当日券を前もってコンビニで買う意味なし

前売券や招待券はまだいいでしょう。割安で鑑賞できるというメリットがあります。

問題は、現在売られている「当日券」を、会場へ行く前にあらかじめ手に入れておく行為です。賢いように思えますが、バスキア展では意味がありません。

 

無駄なお金を払い、無駄な時間を使うだけで、享受できるメリットが1つもないからです(あなたが素早く立ち去るので後ろに並んでいた人を喜ばせることはできる)

 

時間もお金も無駄になってしまうので、ネットやコンビニで当日券は買わず、会場に着いてから入場券を買うようにしましょう。

 

以上、バスキア展のチケットをコンビニで買って損をした話でした。 

みなさんはくれぐれもご注意ください。 

なお、バスキア展そのものには大満足しています。感想はこちらの記事をどうぞ。