なぜ陸上短距離の選手はレース中も腕時計をつけているのか?

f:id:MORIKO:20191001195625p:plain

陸上100m走などで短距離の選手が腕時計をつけていることがあります。

レース中に時計を見ることなんてありませんし、腕時計のぶんだけ重くなるのでむしろ邪魔になりそうです。

じゃあいったいどうして?

 

この記事では「なぜ陸上短距離の選手はレース中も腕時計を外さないのか」を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

陸上短距離の選手はレース中も腕時計をしている理由は?

f:id:MORIKO:20191001200145p:plain

気になったのでネットで調べてみました。あらゆる理由が出てきたので、まとめてご紹介します。

腕時計を外さない理由は1つではなく、それぞれの選手によって異なる可能性もありますね。

 

レース前まで使用しているから

レース中は見ないものの、レース直前までは時間確認のために必要だから、という理由が考えられます。

 

レース開始時刻に遅れないようにすることはもちろん、レース前の招集などもあるため、選手はつねに時間を把握していなければなりません。

時刻だけでなく、心拍数や呼吸数などを表示できる腕時計もありますしね。

 

100mを走りながら現在時刻を確認する選手などいませんが、腕時計を置いておく場所がなかったり、紛失を避けるためにつけたまま走っているのでしょう。

 

スポンサー契約の関係

スポンサー契約を結んでいるから腕時計を外せないのだ、といった意見もあります。

セイコーがスポンサーだからセイコーの腕時計をつけたままレースに出なければならない、ということですね。

 

真偽のほどは定かではありませんが、それもあり得る話です。

ただ、選手に腕時計を外して走ってもらい、上位入賞してもらったほうがスポンサー的にメリットがあるような気はしますけど。

 

外し忘れ 

f:id:MORIKO:20191001201256p:plain

「緊張しすぎて腕時計を外し忘れたのではないか?」

ネット上にはそんな声もありましたね。

つまり、おっちょこちょいである、と。

 

たぶんちがうでしょうし、そうでないことを願います。

 

重心バランスを上げるため

腕時計をつけて重心バランスを上半身寄りにし、脚にかかる負荷を軽減し、速く走るためである。

 

いかにもそれっぽい意見の登場です。

どことなく説得力はありますが、「腕時計がないほうが速くない?」という素朴な疑問は拭えません。

 

私は高校生のときに陸上部に所属しており、専門は100mでした。

腕時計をつけたまま走る選手はおらず、自分自身もつけて走ろうなどとは考えたこともありませんでした。邪魔なので。

 

 

腕振りを速くするため

ちがうとは思いつつ、紹介します。

「腕時計が重りの役割を果たして腕振りスピードが速くなる」という説です。

 

たぶんちがいます。重くなるぶん遅くなります。推進力なんて得られません。

 

お洒落のため

ちがうとは思いつつ、紹介します。

「ファッションとしてつけている」という説です。

 

たぶんちがいます。腕時計をつけて4位になるくらいなら、着けずに1位になったほうがカッコいいです。

もし私なら、邪魔な腕時計ではなく、ネイルとかでお洒落をします。もしお洒落をして100mに出るなら、の話ですが。

 

「ビキニで競泳に出る」みたいなもんですよね。お洒落のためという線は薄いでしょう。

 

速いぜアピール

ちがうとは思いつつ、紹介します。

 「こんなに不利になるものを身につけていても1位になっちゃうんだぜアピール」じゃないか?という説です。

 

たぶん、"じゃない"です。

世界陸上で8人中8着だった選手も腕時計つけて走ってましたし。

 

そんなことをいいだしたら、そのうち長靴を履いて傘を持って100mに出る選手なども現れてしまいます。

 

まとめ

なんだか大喜利みたいになってしまいましたが、結局のところ、「本人にしかわからない」ということですね。

 

外し忘れてしまった選手がいたり、スポンサー契約のせいで外せない選手がいたり、お洒落としてつけている選手がいたり、さまざまなのでしょう。

 

軽量の腕時計

ただなんにせよ、腕時計はすべて軽そうに見えます。

スーツを着たサラリーマンがつけているような、金属ベルトの腕時計をしているスプリンターはいません。

かなり軽量の腕時計なので外す必要がないのかもしれません。

 

もしも全員が「お洒落のため」などという理由だったら、「陸上なんかやめちまえ」といいたいですけどね。

以上、なぜ陸上短距離の選手はレース中も腕時計をつけているのか、でした。

残念ながら真実は藪の中です。

まぁ腕時計をしたまま寝る人だっていますし、いろんな人がいます。