『あり金は全部使え』を図書館で借りる人に物申す!ギャグか!

f:id:MORIKO:20191006210904p:plain

堀江貴文著『あり金は全部使え』という本があります。

本書を買わずに、図書館で借りる人がいるようです。

 

そんな人たちにいいたいことがあるので、この記事を書きました。

 

 

『あり金は全部使え』を図書館で借りる人に物申す!

f:id:MORIKO:20191006211101p:plain

『あり金は全部使え』を図書館で借りる人は、たぶん、あり金を全部使う人には生まれ変われません。

だから「アンタは読んでもムダだ!」と声を大にしていいたい。

 

『あり金を全部使え』を図書館で借りるのは、ほとんどギャグに近い行為です。

 

予約まで入っている

f:id:MORIKO:20191006211012p:plain

近所の図書館を調べてみたところ、『あり金を全部使え』には7件の予約が入っていました。

 

つまり7人が本書を読むために順番待ちをしているわけです。

7番目の人が借りられるのは、およそ4ヶ月後になるでしょう。

「それでもいい」と。

「たとえ読めるのが4ヶ月後になってもいいから、書店で買わずに、どうしても図書館で借りてタダで読みたいんだおれは」と。

 

そんなケチな人が、『あり金を全部使え』を読んで大変身できるとは到底思えません。

彼ら/彼女らがあり金を全部使うことはないでしょう。

「あり金を全部使う素質」みたいなものが決定的に欠けているのです。

 

せめて買って読むべし

f:id:MORIKO:20191006211141p:plain

もしお金をどんどん使って人生を好転させたい、あるいは人として成長したいと考えているなら、せめて、せめて本書を買うくらいの行動はとって然るべきです。

1500円もあれば単行本を買えますし、Kindle版はさらに安く買えます。

 

1500円をケチって4ヶ月待ちの列に平気で並ぶような人が、はたして5ヶ月後に「金は使ってナンボジャーい!」と叫びながら、方々へお金をバラまいているでしょうか。

本はすべて書店で買うようにし、図書館の予約画面をブックマークから削除しているでしょうか。

 

思うに、そうした劇的な変貌を遂げることはなく、5ヶ月後にも本を図書館で予約し、節約に励んでいるはずです。

 

お金をなるべく使いたくない人が『あり金を全部使え』を読むのは、まるで人魚が『O脚の治し方』を読むようなもの。

なんというか、意味がありません。

 

 

節約本がおすすめ

f:id:MORIKO:20191006211222p:plain

本を買わずに済むなら4ヶ月でも待つ方々は、あり金を全部使うように推奨する堀江貴文氏の著書よりも、節約を勧めるべつの著者の本を読むほうが有意義です。

 

『金は借りるな!本はどんどん借りろ!』 みたいな。

そんな本がこの世にあるのか知りませんが。

 

まとめ:『あり金は全部使え』はケチが読んでも意味がない

f:id:MORIKO:20191006211304p:plain

4ヶ月待つことを厭わない吝嗇家が『あり金を全部使え』を読んだところで、たぶんなにも変わりません。

読むだけムダです。時間のムダです。

 

この記事を読んで「ケチ呼ばわりするとはなんだ、この野郎!」と憤慨した方は、いますぐ書店に行き、『あり金は全部使え』を自腹で買ってください

お金を使って人生を動かしたいと考えているならば、それくらいの行動はとって当然です。

 

その際には、図書館の予約をキャンセルすることをお忘れなく。

そうすれば私の順番がはやく回ってくるので。

 

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

 

以上、『あり金は全部使え』を図書館で借りる人に物申す、でした。