これで年収1億円?『年収1億円はお金と時間が増える人』を読んだ感想

年収1億円の人が考えていることを知りたくありませんか?

 

この記事では『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』という本をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『年収1億円はお金と時間が増える人』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20191012210407p:plain

金川顕教著『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』を読みました。

 

やたら長いタイトルですよね。

年収300万と1000万はダメな例でしかなく、いいたいのは「年収1億円はお金も時間もあるんだぜ!いいだろ!」ということのようです。

年収1億円になれるなら読むしかないと思い、手に取りました。

 

年収1億円の人間がどのようなマインドで生活しているのかが、年収300万円や1000万円の人間と比較しつつ紹介されています。

 

年収1億円を稼ぐ人とは

著者曰く、一般人と年収1億円を稼ぐ人の差は「自分にしかできない」といい切れる分野を持っているかどうか、なのだそう。

 

f:id:MORIKO:20191012211141p:plain

なんでも卒なくこなせるオールラウンダーは、会社員として成功してそこそこの地位に就けれるが、それでも年収1000万円がいいところ。

年間1億円を稼ぐには「これだけは誰にも負けない」という、一点突破できる武器が重要だといいます。

 

「やるべきでないこと」を把握している

「自分はこれだ!」という分野を明確にし、そうでない分野(たとえば請求書の作成やマーケティングなど)をどんどん他人に任せ、自分がやらないようにすることが肝心なんだとか。

 

f:id:MORIKO:20191012211328p:plain

「選択と集中」をして、自分にしかできない仕事に専念するわけですね。

 なんでもかんでも自分でやろうとするのは1000万円の人間の思考で、それだとやがて「時間が足りなくなる」と著者はいいます。

 

なるほどそういうものか、と思ったものの、「おれはブログに専念するから洗い物は頼んだよ」などと口にしようものなら、妻にぶっ飛ばされそうですが。

 

f:id:MORIKO:20191012211527p:plain

いや、リスクを恐れるなと書いてあったし、ここは勇気を出して……。

 

自分に自信がある

f:id:MORIKO:20191012212511p:plain

年間1億円稼ぐ人間は、「絶対にできる」と先に結論づけてから行動するのだといいます。 

成功するためには行動する必要がありますが、あれこれ考えているとネガティブな思考になって「やめておこう」という判断に至りがちなので、大前提を「できる!」にしてしまうわけですね。

 

周囲から見たら「無謀だ」「アホなやつだ」などと思われるでしょうが、大成功を収める人間は、たいていそんな批評をされるもの。

著者のいうとおり「頭のいいバカになれ」ということなのでしょう。

最初の一歩を踏み出すためには、根拠のない自信が重要です。

 

ちなみに、著者の口癖は「簡単だよ」「絶対にできる」だそうです。

ポジティブな思考はポジティブな言葉から。マネしてみるのもいいかもしれません。

 

睡眠の質にこだわるべし

f:id:MORIKO:20191012213007p:plain

年収1億円の人は睡眠の質に徹底的にこだわるのだそうです。

年収300万円の人は「質について考えたこともない」と書いていましたが、さすがにそれはナメすぎです。

 

なお、著者の金川氏は200万円のベッドで眠っているんだとか。

200万円のベッドって……ダイヤでも散りばめられているんでしょうか?

 

いきなり200万円のベッドを買う必要はありませんし、ふつう買えませんが、寝室に遮光カーテンをつけたり、自分にあった枕を選んだりなど、熟睡のための工夫は大切です

睡眠は日中のパフォーマンスに影響しますからね。

 

 

本書の残念だったポイント

f:id:MORIKO:20191012213209p:plain

上記のような役立つ(?)内容がある一方で、本書にはいくつかの残念なポイントがありました。

 

さりげない自慢

著者はところどころで自慢(としか思えない情報)を挟んできます。

たとえば前書き。

「2016年12月 六本木タワーマンション最上階の自宅にて」などと、いきなりぶちかましてくれます。

 

f:id:MORIKO:20191012213440p:plain

続いて趣味が「愛車のマセラッティでドライブすること」なのだそう。

マセラティではなくマセラッティというユニークな表現が笑いを誘います。

前日に『借りぐらしのアリエッテイ』を鑑賞したのでしょうね。最上階の自宅で。

 

金川氏を褒めまくる謎の集団

本書には衝撃のラストが待っています。 

ひたすら著者である金川氏を褒めまくるコーナーが、唐突に展開されるのです。

 

「以前の年収320万円、今年の年収2400万円」といった、まるで交通事故の示談金相談を募る弁護士法人のパンフレットみたいな数字がならび、「金川さんに出会って人生が変わりました!」などという感動のメッセージが続きます。

何人も。何人も。

 

f:id:MORIKO:20191012213721p:plain

全員どこの誰だか知りませんし、感謝の気持ちはそちらで勝手に伝えあってくれればいいのですが、なぜか本のページを割いてまで繰りひろげてくれるのです。

文言はどれも似たり寄ったり。

まるで「金川さんに出会って人生が変わりました」の一文を使って文章を作りなさい、というお題に応えているかのよう。

 

おそらく著者の「おれ凄いんだぜ」アピールなのだと思いますが、六本木タワーマンションの屋上だか最上階だかに住んでいてマセラッティを乗り回しているだけで凄いのはわかるので、ダメ押しの自慢は不要です。

 

「これからも金川さんについていきます!(現在の年収5000万円)」って。

そんなヤツが本当に年収5000万円なのかよ。知らん。勝手についていけ、という話です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191012214242p:plain

私はけっこう金川顕教氏の本が好きで、ほかにも何冊か読んでいます。

「散々バカにしてたのに?」と思うでしょうが、本当です。

 

ただ本書は、年収1億円の人=金川氏であった点も、ちょっと微妙でしたね。

この手の本はたいてい「億万長者に会いまくってわかった共通点!」みたいなまとめかたをされていることが多いのですが、本書のサンプルは金川氏オンリーです

 

だから「年収1億円の人間は家にものが少ない。おれんちのリビングはソファと愛犬だけだ」といわれても、それは億万長者によるだろ、と思ってしまうんですね。

金川氏にあてはまるからといって、億万長者全員にあてはまるわけでなないので。

 

最後はセミナーへの誘い

ちなみに本書のラストには「無料セミナーへの招待券」がついています。

 

散々「行動しなきゃダメだ」とか「情報には金を払え」とか「成功している人の真似をしろ!」などといった内容を読まされ、セミナー受講生(?)たちの賛辞をお届けされ、最後にはセミナーへの勧誘。

「すべてこのための布石だったのか?」と思ってしまいました。

 

表紙の写真といい、金川氏ってどうも胡散臭いんですよね

まぁ、著者の本はけっこう好きなんですが。

 

年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人

年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人

 

以上、『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』を読んだ感想でした。

信州片田舎のおんぼろメゾネット最上階にて。

 

(年収300万円の人は批判ばかりするのだそう。そういわれると、なんだか批判しづらいですよね。だから本書はレビューが高い?)