交換目安2週間のカミソリ替刃を1年使ってみた結果

f:id:MORIKO:20191017151137p:plain

T字カミソリの替刃って値段が高いと思いませんか?

ふざけてます。高すぎます。

 

この記事では「交換目安2週間のカミソリ替刃を1年使ってみた感想」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

T字カミソリの替刃が高くて不満

カミソリの替刃はそこそこの値段がしますよね。

それもそのはず、あれは替刃で儲けるビジネスモデルだからです。

本体を安く売っておいて、消耗品である替刃の価格を高くして利益を出す、と。

 

f:id:MORIKO:20191017151508p:plain

替刃のパッケージを読んでみると「交換目安2週間」なんて書かれているんですよね。

消費者が頻繁に交換すればするほど企業は儲かるわけですから。だからどんどん交換してほしい、と。

 

「その手には乗るか!」と反抗心に火がついた私は、カミソリの刃を1年間交換せずに使いつづけてやりました

あんな高い替刃を2週間おきに交換なんてしてたら、あっという間に貯金が底をつき、路頭に迷ってしまいます。

 

1年間交換せず

交換目安2週間の替刃を、まるまる1年間使ってみました。

が、思いのほか平気でしたね。ふつうに使えました(ヒゲは濃いほうで毎日剃っていたにもかかわらず)。 

 

2週間などという交換目安に素直に従っていたら、どれだけお金がかかっていたことでしょう。

 

f:id:MORIKO:20191017151723p:plain

こういうのは賞味期限とおなじで、たいてい企業サイドはちょっと大袈裟に表示しているんです。

本当は4週間くらい持つけれど、念のため2週間にしておこう、みたいな。

 

T字カミソリの替刃に関しては、2週間どころか48週間使えましたからね。

製品の質がものすごく高いのか、私がものすごくケチなのか、あるいはその両方か、ちょっとわかりませんけど。

 

 

茹でガエルとおなじ

ただ、1年間使えたと思っていたカミソリの刃は、"茹でガエル"でした。

茹でガエルというのは、水にカエルを入れて熱すると、沸騰するまでカエルは気付かず、そのまま茹であがって死んでしまうというアレです。

 

f:id:MORIKO:20191017152505p:plain

つまり自分では余裕で使えると思っていたカミソリの刃は、じつはかなり劣化していて、切れ味がとんでもなく落ちていたわけです。

1年間使って「さすがにそろそろ交換するか」と思い、新品の刃に付け替えたところ、ひっくりかえりそうになるほどの鋭い切れ味でした。

 

f:id:MORIKO:20191017151838p:plain

1年間使ったボロボロの刃で3往復していたところを、新品の刃は、たった1回滑らせるだけでツルツルに剃り上げてくれます。

 

徐々に水温を上げられると気づけないカエルのように、徐々に落ちていく切れ味には気づけないものなんですね。

交換目安2週間……従っておいてもまぁ、悪くはないのかもしれません。

 

結論

というわけで結論です。

T字カミソリの刃は、たとえ推奨交換目安が2週間だとしても、頑張れば1年間使えます

ヒゲの薄い方であれば、ひょっとすると2年間も夢ではないかもしれません。しょうもない夢ですが。

 

ただ、企業が提示している2週間という交換目安は、もちろん「ガッポリ稼ぎたい」という意図もあるでしょうが、シンプルに「消費者の快適な髭剃りに貢献したい」という優しい気持ちもあるのです。

 

f:id:MORIKO:20191017152044p:plain

そこを私のように天邪鬼になり、「その手には乗るか!」などとムキになって1年間も使っていると、本来は1回滑らせれば済むところを3回も4回も往復させるはめになります。

これはこれで時間がもったいない。 

 

ですので、まぁ、6ヶ月くらいで交換することをおすすめします。

これは企業が推奨するものではなく、あくまでも一個人がケチな観点から推奨する交換目安ですので、ケチを自称するみなさんに参考にしていただければと思います。

 

シック Schick 5枚刃ハイドロ5 プレミアム 敏感肌用 替刃 8コ入 男性カミソリ

シック Schick 5枚刃ハイドロ5 プレミアム 敏感肌用 替刃 8コ入 男性カミソリ

 

以上、頼まれてもいないのに刃の耐久性試験やってみた、もとい、交換目安2週間のカミソリ替刃を1年間使ってみた、でした。