羽田圭介の本を読んだ感想まとめ【ネタバレなし・随時更新】

f:id:MORIKO:20191017183942p:plain

この記事では作家・羽田圭介の本を読んだ感想をまとめて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

なお、ネタバレはいっさいありません。

 

 

『メタモルフォシス』2014年7月出版

本書はSMクラブに通う男性が主人公の物語です。

ゆえにブログや広告の規制に引っかかってしまうので、あまり詳しく内容をお伝えすることができません(映画ならR-15指定くらい?)。

 

なかなかエグい描写があったりしますが、個人的には大好きな作品です。

 

詳細な感想はこちら。

www.shortshortshort.jp

 

本作をAmazonで見たい方はこちら。 

メタモルフォシス

 

『成功者K』2017年3月出版

『成功者K』はその内容がフィクションかノンフィクションかわからないところに面白さがあります。

 

ゆえに、羽田圭介という人物のことを知っているほど楽しめる作品です。

本人は「6割くらいが事実」だと語っていますが、どれが事実で、どれが創作なのかは判別できません。

「これも事実なのか?」なんて想像しながら読み進めるのが楽しいですね。

主人公はほぼ羽田圭介なので。

 

羽田圭介のことをあまり知らない方はユーチューブで検索してみてください。

自身のユーチューブチャンネルを開設していますので、いくつか動画を見ればどんな人物かがわかります。 

 

詳細な感想はこちら。

www.shortshortshort.jp

 

本作をAmazonで見たい方はこちら。 

成功者K

 

『ポルシェ太郎』2019年4月出版

『ポルシェ太郎』はタイトルのままで、ポルシェを買った太郎の物語です。

個人的には羽田圭介著『5時過ぎランチ』に収録されている「グリーン・ゾーン」という短編を長編にしたような印象を受けました。

 

ポルシェという高級車を持つことで得られる充実感や内面の変化は必見です。

本書を読んで私は「車にお金を使うこと」がバカバカしく思え、所有していたスポーツカーを売却しました。

たぶん、『ポルシェ太郎』の影響を日本でもっとも受けたのは私です。

 

詳細な感想はこちら。

www.shortshortshort.jp

 

本作をAmazonで見たい方はこちら。 

 『ポルシェ太郎

 

『羽田圭介、クルマを買う』2019年7月出版

『羽田圭介、クルマを買う』には羽田圭介が試乗を繰りかえし、人生初のマイカーを買うまでの様子が綴られています。

エッセイ集というか試乗記ですね。小説ではありません。

 

ポルシェのディーラーを訪れたことも書かれていたので、「このときに『ポルシェ太郎』の着想を得たのか?」などと考えたり。

 

羽田圭介の読者や車が好きな人であれば楽しめるでしょう。

車に関する豆知識なども多く紹介されています。

  

詳細な感想はこちら。

www.shortshortshort.jp

 

本作をAmazonで見たい方はこちら。

羽田圭介、クルマを買う。