5kgのダンベル片手に読書のススメ

f:id:MORIKO:20191022143707p:plain

自宅で本を読むなら、片手にダンベルを持つのがおすすめです。

血行が良くなって集中力がアップしますし、おまけに筋力もアップします。

 

「変態がなにか言ってる」などと冷たい目をせず最後まで読んでください。

この記事では「5kgのダンベル片手に読書のススメ」について書いていきます。

参考になれば幸いです。

 

 

ダンベル片手に読書のススメ

f:id:MORIKO:20191022143823p:plain

ダンベルを上下させながら本を読んでみてください。

いくつかのメリットを享受できます。

 

血行が良くなり集中力が高まる

f:id:MORIKO:20191022144058p:plain

まず、血行が良くなります。すると脳への血流が増えて集中力が高まります

 

「ダンベルなんか持っていたら集中できない」と思うかもしれませんが、実際はイメージの逆で、むしろ本の内容に集中できるのです。 

 

運動であればなんでもいいものの、歩くのは危ないですし、飛び跳ねたら読めません。

読書という静的な活動には、これまた静的な筋トレがベストです。

なお、ダンベルを持った読書は立った状態で行います。

 

ずっとダンベルを上げ下げしていると疲れるので、気分転換として5〜10分ほど合間に挟むのがおすすめです。

 

筋力がアップする

f:id:MORIKO:20191022144236p:plain

ダンベル片手に読書をすれば腕の筋力がアップします。 

読書は本を持って行うので、腕の筋肉がつくことで、読書をしていても疲れにくい体になれるんですね。

 

読書家にとって腕の筋力は、そのまま読書力にも影響してきます。

「本を持つのが疲れたなぁ」などと感じることなく、延々と読み続けられる腕力を手にしませんか?

 

 

ダンベルを持ち替える 

なお、ダンベルは左右交互に持ち替えてください。

右手にダンベルも持って本を読みます。4ページほど読んだらダンベルを左手に持ち替える。これを繰りかえすわけです。

 

ダンベルを持っていた手に本を持つと、本のあまりの軽さに感激しますよ。

単行本がまるで羽のように軽く感じられ、「これなら一生持っていても疲れない」という謎の全能感を味わえます。

 

脳と体と精神力を同時に鍛える

f:id:MORIKO:20191022144526p:plain

読書で脳を鍛えて、ダンベルで精神力を鍛えます。

つまりダンベル片手に読書をするだけで、人間のすべてを鍛えられるわけです。

その姿は滑稽でもなんでもなく、もはや向上心の権化として、神々しい輝きを放つことでしょう。

 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (75件) を見る
 

「脳を鍛えるには運動しかない」と主張する専門家もいますし、頭を使う読書家にこそ筋トレは有意義なのです。

 

ぜひダンベル片手の読書であらゆる能力を向上させませんか?

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191022144743p:plain

筋トレと読書をどうじに行うという意味では、スクワットでも構いません。

 

ですが、読書家にとって「本を支える腕の筋力」は重要であり、この筋肉が軟弱では、快適な読書ライフを送るのは困難です。

 

そうした意味で、腕の筋肉を鍛えられるダンベルをおすすめします。

ダンベルを上下させながら本を読めば、脳やら体力やら精神力やらが向上し、なんだかすごい存在になれますよ。

 

私は5kgのダンベルを愛用しています。

5kgはちょうどスーパーで売られている米とおなじ重さですね。

ぜひ自身の体力に見合ったダンベルを選んでみてください。3kgでも20kgでも。

 

以上、世にもクレイジーな「5kgのダンベル片手に読書のススメ」でした。

本記事はジョークではありません。