『サラリーマンだけが知らない好きなことだけで食っていくための29の方法』感想

『サラリーマンだけが知らない好きなことだけで食っていくための29の方法』という本をご紹介します。

著者はプロブロガーの立花岳志氏。

 

「サラリーマンだけが知らない」という煽るようなタイトルに不信感を抱きつつ読んでみましたが、タイトルだけでなく内容も微妙でした。

どう微妙だったのかを書いていきます。 

 

 

『サラリーマンだけが知らない好きなことだけで食っていくための29の方法』

f:id:MORIKO:20191024214141p:plain

まず、本書を読む人はまちがいなく「好きなことだけで食っていきたい」と考えているはずです。 

だけど、いまは会社員をしている、と。 

そんな状況で「29個も耳寄りな情報がある」なんていわれたら、そりゃ読みたくなってしまいますよね。

 

ただ、本書の素晴らしいところはタイトルだけです。

「読みたい!」という気分にさせるのはとても上手ですが、肝心の中身がありません。

「サラリーマンだけが知らない」なんて書いてありますが、たぶんこれくらいのことなら、みんな知ってる。

そんな情報のオンパレードでした。

 

この本を読んだだけで「好きなことで食っていく」ための知識を得るのは不可能です。

 

ビジネス書を読み漁った著者

著者は38際のときにブログを始め、成功するために年間200冊の(おもに)ビジネス書を読破し、数々のセミナーにも参加したそうです。

 

だからなのか、終始「どこかで読んだことあるなぁ」といった内容で、目新しいことがなに一つ書かれていません。

さも自分の主張のようなことを書いた後で、すぐに「誰それもこう書いている」などとを引用し、 説得力を持たせようと(?)しています。

 

が、たぶん順番が逆。

「自分の主張、あの人もこういってる」ではなく「あの人がこういってる、自分も賛成」でしょう。

だから著者オリジナルの考えが少なくて、引用がやたら多い

『だれも知らないこんなに引用しまくる本』ってなもんです。

 

引用がダメなわけではありませんが、メンターとやらの考えに頼り過ぎている感がありました。

 

 

抽象的すぎる

本書には抽象的なことしか書かれていません。

好きなことだけで食っていくための29の方法というタイトルですが、「方法」と呼ぶにはふさわしくないものばかり。

 

「働く時間を最短にして収益を最大化しろ!」など、漠然としています。

これは方法ではなく指標ですね。

 

読んでいるとときどき「方法」らしき内容も出てくるのですが……。

 

書き出した夢を音読しろ?

自分の叶えたい夢をノートに書き出して、それをしょっちゅう音読するといいそうです。

そうすれば脳が勝手に「目標達成モード」になって、思考や体が夢を実現させるべく動き出すんだとか。

 

こんなにも素敵でファンタジーな方法があるとは知りませんでした。

サラリーマンはおろか、誰も知らない可能性があります。これは大変。

 

なお、紹介されている29個の方法のうち4〜5個がこうしたスピリチュアルな内容です。

夢を音読をしているヒマがあったら、もっと他にやるべきことがありそうな気もしますが。

 

まとめ

本を読むときは必ずメモをとるようにしています。

そんな私にとって、これほどメモをとらなかった本はこれまでにありません。

 

つまり、インクの節約になって感謝しているということです。

パーカーのちょっといいボールペンを愛用しているので、あまりインクが減ってしまっても困りますし。

 

本書を購入することで「著者が好きなことだけで食っていく支援」をすることはできても、「自分が好きなことだけで食っていく」ことはできないでしょう。

 

サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

 

以上、『サラリーマンだけが知らない好きなことだけで食っていくための29の方法』を読んだ感想でした。