『幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉』を読んだ感想

本書のタイトルには「幸福に死ぬ」とありますが、これはつまり「幸福に生きる」ということでもあります。

けっして「幸福な死に方」を説いているわけではありません(老衰がいいとか癌がいいとかではない)

 

この記事では『幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉』の感想

f:id:MORIKO:20191025180448p:plain

本書には、池田晶子氏の著書から抜粋した「テーマに合う文章」が掲載されています。

たとえば老化について、池田氏のあの著書ではこう触れていて、この著書ではこうやって……というように。

 

ですので、本書を読めば著者の考えを体系的に知ることができます。

 

本当のプライドとはなにか

自分に恥じない生き方をせよ」と著者はいいます。

自分の人生は、自分の生きたいように生きればいい、と。

 

他人にどう見られるかばかりを気にしていては、本当の意味で幸せになることはできません。

嫌われる勇気』の言葉を借りれば、「他者の人生を生きている」ことになってしまいます。

つまり「自分の人生を生きていない」わけですね。

 

自分にたいして恥ずかしいと感じるのが本当の恥であって、自分に恥じないことこそが本当のプライドなのだと。

 

オラはオラの人生を生きるゾ

他人の目なんて気にしている場合ではありませんね。

 

私はこの文章に触れて、よりいっそう『クレヨンしんちゃん』のDVDを堂々と借りる自信が持てました。

大人が『クレヨンしんちゃん』を借りることよりも、恥じて『クレヨンしんちゃん』を借りないことこそが、自身のプライドを損ねる行為なのです。

 

もしコーナーに小さい子どもがいても「ちょっとゴメンね」とどかして、借りようと思います。

生きたいように、生きるために。

 

 

老化について

著者は「年をとること」についても言及しています。

一般的に老化は嫌なことであり、良くないことであり、避けるべき対象です。

だからみんなアンチエイジングに必死。

 

しかし池田氏は「年をとることを反価値とするのは、肉体にしか価値を置いていないから」と指摘します。

 

中身に目を向ける

これにはハッとさせられました。

たしかに肉体は加齢とともに衰えていきますが、精神はむしろ成熟していきますよね。

経験を積み、知識も増え、あらゆる思考ができるようになる。

そう考えたら、年をとることも、案外悪くないのかもしれません。

 

著者は「年ばかりとって中身はカラッポ。こういう年寄りこそ醜い。今のうちから中身の側へ価値を転換しておこう」と呼びかけます。

 

どう抗っても失われてしまう肌のハリや艶に執着するよりも、中身に時間とお金をかけたほうがいいというのは、個人的にもそう思います。

肌が艶々のおばあちゃんになったところで、内面が寂しれば、ずいぶん退屈な老後生活ではないでしょうか。

 

初めての経験を楽しめ

f:id:MORIKO:20191025180822p:plain

さらに著者は「老いるのは誰しも初めての経験であるから、未知の経験を味わうことなく拒否するのは、せっかくの人生、もったいない」とまでいいます。

とんでもないポジティブ思考ですね。

やられました。

 

視力が衰える、肩が上がらない。

老化によるこうした現象を「初めての経験」だと捉えれば、たしかに、「味わってやろう」という気になれるのかもしれません。

人生で初めて登山をしたり、初めてポルシェ911を運転したりするのとおなじように。

 

私は現在20代ですが、将来的には「うおぉ!肩が痛くて腕が上がらんようになったぞ!見てくれ!ホレ!ワッハッハ」ってな爺さんになることを誓います。

で、若い店員をつかまえて「あの上にある『クレヨンしんちゃん』のDVDを取ってくれんかのう?肩が上がらんもんでな」と、プライドを持って生きます。

 

まとめ

池田晶子氏の本を読んだことのない方にとって、本書は「入門書」としておすすめです。 

 

ぜひ彼女の哲学を覗いてみて、興味を持ったら、引用先の著書にあたってみてください。

前後の文脈を含めて彼女の思想に触れることができ、よりいっそう深く理解できることと思います。

 

これからの人生や老後について不安を持っている方は、ぜひ本書を読んでみてはいかがでしょう。

人生や老後について静かに考える時間を持つのも悪くありません。

少なくとも、ほうれい線やおでこのシワについて悩むよりは。 

 

幸福に死ぬための哲学――池田晶子の言葉

幸福に死ぬための哲学――池田晶子の言葉

 

以上、『幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉』を読んだ感想でした。