『フリーで働く!と決めたら読む本』を決めてないのに読んだ感想

f:id:MORIKO:20191127210022p:plain

フリーランスで働くと決めた人に向けた本を、決めてないのに読みました。

 

そんなわけでこの記事では、中山マコト著『フリーで働く!と決めたら読む本』の感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『フリーで働く!と決めたら読む本』の感想

f:id:MORIKO:20191127211321p:plain

本書は「真に自由なフリーランスであること」を目指しています。 

 

フリーランスとはその名のとおり自由業のはずですが、どうもそうではないみたいなんです。 

仕事やクライアントに振り回され、締め切りや資金繰りに追われ、自由を失っている

それが多くのフリーランスの実態だと。

フリーとは程遠い状況ですね。

 

本書には、本当の意味でフリーランスになるための方法が書かれています。

独立してから「こんなはずでは!」とならないよう、熱心に読んでみました。

フリーになる予定はないのですが。

 

専門性を身につけるべし

フリーランスで成功するためにもっとも大切なことはなにか。

それは「専門性」だそうです。

 

専門性こそが武器であり、フリーランスとして失敗した人は専門性が足りていなかっただけ。著者はそう言い切っています。

 

考えてみればそうですよね。

「なんでもできます」というフリーランスに仕事を頼もうとは思いません。

もっとこう、O脚を治すプロだったり、タイムカプセルを探す天才だったり、なにか尖ったものを持っていなければ勝負にならない

 

したがって、フリーランスとして活躍するのには専門性が必須です。

 

私は「柿の種をいっぱい食べる」ことくらいしか専門性がないため、マネタイズは難しいといわざるを得ません。 

「余った柿の種食べます」で仕事をいただければ幸いなのですが……。 

 

 

フリーランスの心得

それから本書には、フリーランスとしての心得について書かれていました。

 

たとえば、通勤はするなとか。借金はするなとか。スタッフを雇うなとか。無駄な時間とお金を使うなとか。

あれもダメ、これもダメってなもんです。

 

「真に自由なフリーランス」を目指す本だったはずなのに、行動を厳しく制限され、不自由を強いられています

ぜんぜんフリーじゃない。

自由って、どこにあるんでしょうね……。

 

まるで「ポジティブな気持ちになれる本」に「クヨクヨするなよ気持ち悪いヤツだな」なんて暴言が書かれていたかのような、そんなショックを覚えました。

切なくなって、柿の種を食べました。

 

まだまだ続く

f:id:MORIKO:20191127211113p:plain

著者の「縛り」はまだまだつづきます。

 

差別化するな。仕事を選べ。コンパクトに生きろ。見栄なんか捨てろ。柱となるクライアントを作るな。キャッチフレーズを考えろ。本を出せ……。

いったいこれのどこがフリーなランスだというのでしょう。

会社に属していたほうがラクに思えます。

 

本書はフリーランスの厳しさを逆説的に我々に伝え、「本当の自由なんてどこにもありゃしないのさ」と現実を突きつける、イジワルな本なのかもしれません。

※感じ方には個人差があります。

 

まとめ

真に自由なフリーランスってなんだろう。 

そもそも自由ってなんなんだ。

私は誰だ。ここはどこだ。

 

最終的にはそんな哲学的な問いにぶつかってしまいました。

本書がめちゃくちゃ深いのか、私が勝手に深くしているだけなのか、あるいはその両方か。よくわかりません。

 

ただ1つだけいえるのは、柿の種はピーナッツ多めのほうがウマいということ。

本書については、「フリーで働く!」と決めたときに改めて読もうと思います。 

 

フリーで働く! と決めたら読む本 (日経ビジネス人文庫)

フリーで働く! と決めたら読む本 (日経ビジネス人文庫)

 

以上、中山マコト著『フリーで働く!と決めたら読む本』を決めてないのに読んだ感想でした。