『LINE上手』を読んだ感想。ほとんど役に立たない

f:id:MORIKO:20191202183159p:plain

トークアプリのLINEを使っていますか?

 

この記事では、浮世満理子著『ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!LINE上手』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!LINE上手』の感想

f:id:MORIKO:20191202185306p:plain

本書には、LINEで円滑なコミュニケーションをとるための方法が載っています。

 

まず前半は会話の基本について。

既読スルーされてしまう原因や、会話がつづく質問の仕方などが紹介されていました。

 

後半はケーススタディです。

実際のトーク画面があり、そこへ著者が様々なアドバイスをしていきます。

こうしたほうがいいとか、この発言はダメとか。

仕事でのやりとり、家族とのやりとり、好きな人とのやりとりなど、かなり具体的に知ることができます。

 

内容が具体的すぎる

f:id:MORIKO:20191202183609p:plain

本書のメインはケーススタディです。 

たとえば、「上司が部下に注意をしたいとき」に、LINEをどのように使えばいいのかが説明されていたり。

 

ですが、どれもこれもピンポイント過ぎます。

私には部下がいないので、「部下の注意方法」はいっさい関係ありません。

 

4ページほどめくると今度は「上司が部下にアドバイスをしたいとき」と出てきました。 

部下がいない私には、これも無関係。

 

さらに4ページほどめくります。

お次は「パワハラ上司を諫めたいとき」です。私の上司はとても優しく、パワハラとは無縁です。

……という具合に、関係ない項目があまりに多過ぎるのです。

 

本書に載っているすべての事例に該当する人など存在しません。

そもそも、上司が部下に注意って、そんなの直接伝えろよって話です。

 

 

本書は違和感だらけ

違和感を覚えたのはそれだけではありません。

 

本書は「モラハラ上司と接するとき」の説明に10ページも割いているんですね。

そもそもモラハラ上司って、そんなに大量に存在するのでしょうか。

各部署に2人ずつ、みたいな。

 

f:id:MORIKO:20191202183855p:plain

著者はそれほど一般的だとは思えないテーマを取り上げて熱心に解説していますが、なんだか的外れな印象を受けます。

 

あとは、「落ち込んでいる子供への親からの声がけ」とか。

これもLINEで励ますより、直接励ましたほうがいいでしょう。

 

例として載っている会話の始まりが「ご飯ができたから降りてきなさい」って、こんなのLINEで伝えますか?

リビングが1階にあって、子供部屋は6階にあるのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20191202184039p:plain

なんにせよ、ケーススタディにおいて私が該当するシチュエーションは1つもありませんでした。

 

まとめ

タイトルは『LINE上手』ですが、すべてのやりとりをLINEで済ませるのが良いわけではないでしょう。

これではLINE上手のコミュニケーション下手になってしまいます。 

 

部下を叱る、親が子供を励ます、コーチが子供を指導する、どれ1つとしてLINEを使う必要性を感じません

 

f:id:MORIKO:20191202184407p:plain

くわえて、本書は誰のために書かれた本なのかが不明です。

上司と部下で1冊。親子で1冊。恋人とのやりとりで1冊。

このように分けたほうが読者に親切ですね。

 

HENSHU下手。KOSEIミス。

LINE上手。YONDEMO無駄。

 

LINE上手 ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!

LINE上手 ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!

 

以上、浮世満理子著『ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!LINE上手』を読んだ感想でした。

 

本書は家電の説明書に似ています。

「こんなときはどうする」というトラブル対応一覧がある。だけどその状況にならないと読まない、みたいな。