自殺を防ぐ『自殺しないための99の方法』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20191208183604p:plain

あなたはふと、自殺のイメージが頭によぎったことはありますか?

 

死の概念に取り憑かれてしまう。

でも、死にたくない。

まさにいま、そんな苦しみや葛藤を抱えているかもしれません。 

 

失恋のせい、借金のせい、あるいは(うつ病であれば)これといった原因がなく気分が沈むこともあります。

 

この記事では、川崎昌平著『自殺しないための99の方法』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『自殺しないための99の方法』の感想

f:id:MORIKO:20191208200030p:plain

著者は20代のある時期、毎日のように自殺について考えていたといいます。

が、いっぽうで死にたくないという切実な思いもあった。

 

そこで著者が考え、死なないために実践した内容をまとめてあるのが本書です。

 

とにかく読みやすいと感じました。

すべてのページにかわいいイラストが描いてありますし、どの項目も1ページにおさまっています。

読めばきっと、心が軽くなります。

 

f:id:MORIKO:20191208183848p:plain

なんといっても、生き延びるための方法が99個も紹介されていますからね。

99種類もあるだなんて、なんだか心強いと思いませんか?

 

どんな方法なのか

本書で紹介されているのは、おもに日々の過ごし方です。

自分を追い詰めないようにもっと気楽に生きよう。そんなメッセージが込められています。

 

f:id:MORIKO:20191208184242p:plain

たとえば、SNSに手を出さない、大切なことを適当にやる、眠くなるまで寝ない、アニメを見る、など。

こうしたアドバイスに著者の解説がついています。

 

もちろん99種類すべてを実践する必要はありません

気に入ったもの、できそうなものをいくつか生活に取り入れるだけで、だいぶ気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

 

会社や学校になんて行くな

f:id:MORIKO:20191208184542p:plain

自殺しないための方法として、著者は「学校も会社も休んでいい。なんなら無断欠勤しよう」と書いています。

 

これはもう、本当にその通り。

もしも学校や会社がツラいなら、休んでいいんです。命よりも大切なものなんてありません。

 

著者は「休んだことで会社が潰れるとしても休んでいい」と述べていました。

極端というか大げさで、なんだか笑ってしまいます。

 

が、それくらいの態度でいいんです。会社なんかどうなっても知らん。

生きるために休むんだ、と。 

これでなんの問題もありません。

 

f:id:MORIKO:20191208184945p:plain

会社の存続なんてどうでもいいんです(あなたが経営者でなければ)。

ましてや学校は、あなたが休んでも潰れたりしません。

 

ですから、無理をせず休みましょう。あなたの命のほうが2億倍くらい大切です。

99の方法のなかには「家に引きこもろう」というのもありましたよ。

 

ちょっと変な方法

落ち込んでいる人の気持ちを明るくするためでしょうか。

本書にはユーモアがあります。

 

f:id:MORIKO:20191208185328p:plain

たとえば、カラの湯船に服を着たまま入ろう、干し柿を作ろう、靴とスマホを捨てようなど。

なんだそれ、と思わず笑ってしまいました。

著者の解説を読めばきっとどれも納得できます。

 

まとめ

本書はとにかく素敵です。

優しいんですよね。著者自身が苦しんだとあって、メッセージがどれも優しい

 

本書の内容はおもに完璧であろうとするな、無理をするな、急ぐなということ。

この核となるメッセージを、あらゆる表現で伝えているように感じました。

 

f:id:MORIKO:20191208190130p:plain

無理をして自分を追い込むことはない。もっと気楽に生きよう。

これこそ、自殺を避けるための本質だと感じます。

 

なお、世の中には「自殺を防ぐための本」が存在しますが、想定読者はたいてい本人ではなく、周囲の人間なんですね。

家族に向けて、こういうふうにサポートしようとか、こうやって接しようとか、こういう行動は危険なサインだとか。

 

そうしたなかで本書のように「本人がどうすべきか」を書いた本は珍しいと思います。

とても読みやすい本ですし、読めば心が軽くなります。

 

もし希死念慮に囚われて苦しんでいるのなら、ぜひ本書を読んでみてください。

あなたは生きているだけで価値があります。

それに、この『ブドウ糖の浪費』の貴重な読者です。私にとっても、あなたは欠かせません

 

f:id:MORIKO:20191208195430p:plain

ぜひ毎日このブログを訪れてください。毎日更新していますので。

 

自殺しないための99の方法

自殺しないための99の方法

 

最後まで読んでいただいたことに感謝します。

以上、川崎昌平著『自殺しないための99の方法』を読んだ感想でした。

 

自殺の衝動に駆られたまさにそのときの対処法については、以下の記事も参考になるかもしれません。

もし「死にたい」と感じてしまったら……。