微妙ッ!『図解スティーブ・ジョブズ全仕事』を読んだ感想

この記事では、桑原晃弥著『図解スティーブ・ジョブズ全仕事』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『図解スティーブ・ジョブズ全仕事』の感想

f:id:MORIKO:20191218132420p:plain

本書では、ジョブズの仕事術72種類がイラストとともに紹介されています。

が、正直にいって微妙でした。

 

以下、本書がどう微妙だったのかをご説明します。

 

すべてに当て嵌め過ぎ

まず、1つのケースをあたかも「いつでもそうしていた」かのように誇張し過ぎています。

 

出来事が1つしかないのに、帰納法を使って「いつでもそうでした」みたいに書いてあるんですよね。

公園でお金を拾った。あの公園にはいつもお金が落ちている。みたいな。

 

本種に書かれている内容を鵜呑みにするのは危険です。

 

図で表すほどじゃない

図解ということで、本書はすべての仕事術を図で説明しています。

が、そもそも図にするほど複雑でも難解でもありません。図がなくても理解できます。

 

さらに図にはたくさんの文字が書き込まれています。 

フォントのサイズも書体もバラバラで、細かい文字が多数あります。

したがって、ものすごく読みにくいんですね。図解なのに、図がまったく理解のサポートになっていないという。

 

そんな、なんの役にも立たない図が全ページに載っていました

図解はいっさい不要です。

 

 

著者の解釈が……?

もっとも厄介なのは、著者のフィルターを通したジョブズの仕事術が書かれていることです。 

 

たとえば、ジョブズは身なりを整えてコンピュータフェアのブースを大金をかけて飾ったというエピソードがあります。

狙いは「見かけを良くして信用を得る」こと。

「見た目が大事なんだ」というアドバイスを受けたジョブズの行動です。

 

が、著者の結論は「少なくとも気持ちは成功者であれ」というものでした。

……なぜ?

「少なくとも気持ちは」と述べていますが、気持ちだけ成功者になっても意味がありません。

そうではなく、これは「信用を得るには見た目が大事だ」というエピソードだと思うのですが……。

 

このアドバイスを鵜呑みにし、「よし気持ちだけは成功者になるぞ」と飛行機のファーストクラスに乗り、高級ホテルに宿泊する人が現れないことを願います。

 

腰を下ろして休むな

著者の超訳はほかにもありました。 

ジョブズの「腰を下ろして休むな」という言葉を受け、「休みながら進むのはいいが、腰を下ろすと後退につながりやすい」と著者は述べています。

 

「休みながら進むのはいいが」は紛れもない超訳です。

ジョブズはそんなこと述べていません。ただ「腰を下ろして休んだらあかん」といっただけ。

ですが、なぜか著者は休憩の許可を出していました。

 

結局なにがOKでなにがダメなんだかわかりません。休んでいいのかいけないのか。

そもそも著者のいう「休みながら進む」って、どういう状態なのでしょうか。 

クレヨンしんちゃんのケツだけ歩きみたいな感じでしょうか。

 

「休む」と「腰を下ろして休む」の違いはなに?

なんだかよくわかりません。

 

まとめ

疑問点はまだまだたくさんありますが、ここに書いても仕方がないので、もうやめにして起きます(書いてスッキリしたというのもある)

 

超訳ジョブズの仕事術」あるいは「桑原全仕事」という感じでした。

図はとにかくゴチャゴチャしていて、シンプルをモットーにしていたジョブズについての本とは思えません。

 

図解 スティーブ・ジョブズ全仕事

図解 スティーブ・ジョブズ全仕事

 

以上、 桑原晃弥著『図解スティーブ・ジョブズ全仕事』を読んだ感想でした。

記事を書いて疲れたので、ケツだけ歩きでリビングへ向かいます。では。