これは酷い……『ビジネス本1000冊分の成功法則』を読んだ感想

この1冊にビジネス書1000冊分のエッセンスが詰まっているなら読むしかない。

そう思い、本書を手にとったのですが……。

 

この記事では、大岩俊之著『ビジネス本1000冊分の成功法則』を読んだ感想をご紹介します。

先に書いてしまうと、まれに見る酷さでした。

 

 

『ビジネス本1000冊分の成功法則』の感想

f:id:MORIKO:20191218205724p:plain

まずは本書の流れから。

 

テーマごとに「誰これがこういってます」と、どこかのビジネス書から文章を引用します。 

で、「そうなんですよ」と肯定して、著者の体験談がつづく。

基本的にこんな構成です。これの繰りかえし。

 

驚くべきは、著者の体験談のショボさですね。

まるで取ってつけたような、主張の補強にすらなっていないような体験談を披露しています。

 

「成功するまで諦めるな」という主張の後に、「そういえば俺もそんなことあったな」レベルの著者のお話、みたいな。

どれも著者が自ら見つけ出した成功法則ではありません。たくさんのビジネス書を読んで学んだそう。

ゆえに薄っぺらく感じてしまいます。

 

たとえば、「人の名前を呼びましょう」と書いています。

が、おそらく著者は名前を呼ぶメリットを理解していません。

その証拠に、「人の名前を呼ぶという行為は非常に重要なことだからです」と説明していました。

 

これは循環論法ですね。

人の名前を呼ぼう。なぜなら、名前を呼ぶのは大事だからだ。

 

……たぶん、人は自分の名前を発音されるのがもっとも「気持ちよく感じる」からです。

 

エクスクラメーションマークの多用

f:id:MORIKO:20191218204339p:plain

「!」これですね。

日本語では感嘆符と呼ぶこれを、著者は多用しています

 

ネガティブなトーンから、急に「〜しましょう!」とか。

話の着地点が見えなくなったときに、勢いだけで強引に締めようとしている感じがしました。

 

論理的に文章を展開するのではなく、「おりゃぁ!」と力技で終わらせる。

驚異のパワープレイを堪能できます!

 

 

グリーン車に乗る理由にツッコむ

f:id:MORIKO:20191218205443p:plain

著者が新幹線でグリーン車に乗る理由がとてもユニークでした。

まず、ビジネス書で書かれていたからグリーン車に実際に乗ってみた。

で、気に入った。

 

だから以降は、空間を買うためにグリーン車に乗っているのだそう。

普通車だと隣の人と肩があたってしまうけど、グリーン車は広いから平気。

静かだから考え事ができる。読書も可。

空間が広いためか(著者もよくわからないけれど)疲れないから、移動後も頑張れちゃう。

 

お金があるからグリーン車に乗るのではない。

時間と空間を買うためにグリーン車に乗るのだ、と。

 

で、この話を著者が友人にしても、利点をなかなかわかってもらえないのだと嘆いていました。

 

友人の反応はまちがっていません。

普通車にくらべ、グリーン車の価格は倍近くします。 

にも関わらず、グリーン車のメリットが弱いのです。

「グリーン車なら肩があたらない」って……。 元ラガーマン?

 

グリーン車は静か?

さらに著者は、普通車は仕事をしている人ばかりでキーボードを叩く音がうるさいと指摘しています。

 

いっぽうでグリーン車はどうか。

「仕事をしている人もいるけど、ゆっくりしている人もたくさんいる」。

 

仕事をしている人、グリーン車にもいるんですね。 

その事実を打ち消すかのように「ゆっくりしている人もたくさんいる」と述べていますが、それは普通車もおなじです。

 

あとは、お金持ちだからグリーン車に乗っていると思っていたが、実際に乗ってみて、お金のあるなしは関係ないと思った。グリーン車を使うのはものすごく価値のあることだから、と書いています。

でも、 「グリーン車に乗っている人は成功している人である可能性が高い。だから自分も頑張ろうと思える」とメリットを挙げていました。

 

矛盾しています。

グリーン車に乗るのはお金があるからではない。でも、グリーン車には成功者が多い。

よくわかりません。

そして、成功者というのが何を指すのかよくわかりませんが、そんな空間に身を置くとモチベーションが上がるのだとか。おめでたいことです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191218205017p:plain

非常に残念なことですが、本書はビジネス書1000冊分はおろか、1冊分にも達していません

なにか適当なビジネス書を1冊読んだほうが、きっとためになります。

 

他者の意見を取りあげて「そうなんだよ」と賛同し、ダメだった著者、成功法則に出会った著者、成功した著者というあまりにワンパターンな体験談を披露し、最後には「〜しましょう!」というビックリマークで締めくくる。

 

成功するには成功者のマネをするのがいいといわれています」とのことで、本書の根底すら他人任せ。

どこにも著者の考えが見当たりません。

 

なお、著者は出張先でかならずちょっと広いホテルに泊まるそうです。

隣の音は聞こえないし、寝室と仕事部屋がわかれているから仕事に集中できるし、風呂が広い。

これはお金には代えられない、と。

 

お金を出して広い部屋を予約したのだと思いますが、お金には代えられないといいます。

なんとも難解です。

 

それから読点の多用が気になりました。 

著者は年間300冊の本を読むそうですが、どれも読点が多い文章なのでしょうか?

 

ビジネス本1000冊分の成功法則

ビジネス本1000冊分の成功法則

 

以上、大岩俊之著『ビジネス本1000冊分の成功法則』を読んだ感想でした。

クリティカルシンキングの練習には本書が最適です。これほど優れたテキストは滅多にありません!