『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20191221065555p:plain

うつは薬では治らない。

それが著者の考え方です。

 

この記事では、宮島賢也著『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』の感想

f:id:MORIKO:20191221071747p:plain

著者はうつに7年間苦しんだといいます。

自身の経験からわかったのは、「うつは薬では治らない」ということ。

 

物事には原因があるから結果がある。

それなら、「うつになった原因」を変えなければダメなのではないか。

そこで著者は考え方や食事を変え、うつを克服したのだそう。

 

本書にはその詳しい方法が書かれていました。

 

うつになる人は「うつになる考え方」をしている?

原因があるから結果がある。

うつになる人はうつになる考え方をしているといいます。

 

では「うつになる考え方」とはどんなものか。

端的にいえば、責任感が強くてマジメであること、です。 

しっかりやらなきゃ、もっと頑張らないと、失敗したらどうしよう、できないのは努力が足りないせい、など。

 

そうやって精神的に自分を追い込んでしまったがゆえに、うつになってしまうのだと(あくまで一因です。これがすべてではありません)。

 

f:id:MORIKO:20191221070238p:plain

いい加減でもいいんだ

そう思えることで、今よりもラクな気分になれるかもしれません。

 

考え方を変えていかなければ、いくら薬を飲んで気分が落ち着いたとしても、またうつが再発する危険性があるといいます。

 

 

考え方を変える

f:id:MORIKO:20191221070540p:plain

本書には、考え方を変えるためのヒントが詰まっていました。

それらのアドバイスは「ありのままの自分でいいんだよ」という一点に集約できるのかもしれません。

 

というのも、自己肯定感が弱い人はうつになりやすいのだそう。

きちんとできているのに「これではダメだ」と考えてしまったり。

とにかく自分に自信がない。

だから、まずは自分に自信を持つことです。

 

f:id:MORIKO:20191221070838p:plain

あなたは自分に自信がありますか?

自信を持つのに、トンデモナイ偉業を成し遂げる必要はありません。ただ考え方を変えるだけでいいのです。

もっと自分を好きになれば、もっと生きるのがラクになるでしょう。

 

その方法は一つではなく複数あるので、ぜひ本書を読んで参考にしてみてください。 

タイトルのとおり「20の習慣」が紹介されています。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191221071209p:plain

著者は「ほとんどの精神科医の治療は薬を処方するだけ」だと指摘します。 

 

もしあなたが心療内科や精神科に通っていて、事実、薬の処方がメインなのだとしたら、考え方を変えるのはあなた自身にしかできません。

 

「調子はどうですか?良くありませんか。それでは、2週間分の薬を出しておきますね」

こうした"治療"では考え方が変わることもなければ、自己肯定感が高まることもないでしょう。 

 

f:id:MORIKO:20191221071502p:plain

他人の目を気にせず、自分の気持ちにしたがって行動する。

できる、できないで評価しない。できない自分も認めてあげる。

そうしたマインドの変化で、いまより人生がラクなものに生まれ変わるのかもしれません。

  

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (中経の文庫)

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (中経の文庫)

 

以上、宮島賢也著『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』を読んだ感想でした。