どうせ溶けるし……雪かきの「必要性」を感じないあなたへ

f:id:MORIKO:20191227142550p:plain

雪かきって重労働で面倒くさいですよね。

なにより、放っておけば雪は溶けます。

 

合理的に考えれば「どうせ溶けるんだから雪かきなんてやっても意味がない」という結論に至ります。

 

そこでこの記事では、

  • 雪かきは本当に必要なのか
  • 雪かきをサボって失うもの

など、雪かきの必要性について考えていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

雪かきに「必要性」を感じない

f:id:MORIKO:20191227142942p:plain

日本には四季があるので、降った雪がいつまでも溶けずに残りつづけることはありません。

どんなに大量の雪であっても、春になればすべて確実に溶けます

 

だからこそ、雪かきが無意味に思えてしまうんですよね。

「春になれば」というのは極端な喩えで、たいてい昼になれば気温が上がって雪は溶けます

 

早朝から雪かきを頑張らなくても、放置しておけば昼には溶ける。

そう考えると雪かきをするのがバカらしく思えてきます。

 

寄せた雪が残ってしまうパラドックス

f:id:MORIKO:20191227143216p:plain

あまり大きな声ではいえませんが、私は雪かきが嫌いです。

どうしても雪かきに必要性を見出せないため、できるだけ手を抜くよう尽力しています。

 

私は降った雪をそのまま放置している。

向かいの家の住人は雪かきをしている。

こんな状況はよくあります。

 

ところがです。

昼になって日光が当たりますよね。我が家の前にあった雪がすべて溶けます。

「やらなくて正解だった」と判断の正しさを確認します。

でも向かいの住人が山のように寄せた雪は、まだ溶けていません

 

f:id:MORIKO:20191227143523p:plain

彼らの費やした時間と労力がムダでないとしたら、いったいなんと呼べばいいのでしょうか?

 

 

なぜ人々は無意味な雪かきをするのか

f:id:MORIKO:20191227143807p:plain

「雪かきをしなければ歩けない」ような豪雪地帯はべつとして、たいていの地域では雪かきをする必要などないと思います。

 

ヨガマット程度の厚みの積雪なら放っておけば溶けるからです。

むしろ、放っておいたほうが(雪を薄く広げておいたほうが)よく溶けるからです。

つまりサボっているのではなく、合理的選択をしているに過ぎない。

 

ではいったいなぜ人々は雪かきをするのか。

それは世間体を守るためです。

 

雪をかいて「善人っぷり」をアピール

f:id:MORIKO:20191227144012p:plain

雪かきは「私は常識のある立派な人間です。みなさまの迷惑にならないよう、時間と労力を使って環境を整備してしまう善人なのです」というシグナルなんですね。

 

「あなたの近所に住む私はこんな良識ある人間ですぞ。安心してくだされ」的な。

 

これが動機のすべてとはいいませんが、少なからず動機に含まれていることは確かです(本人が自覚しているかどうかはともかく)。

 

雪かきをサボって失うもの

f:id:MORIKO:20191227144228p:plain

雪かきをすることで「善人っぷり」をアピールできるといいました。

私はこの(地域という)コミュニティにとって害のない人間ですよ、と。

 

ということは、雪かきを放棄して失うのは「周囲からの評判」ですね。

  • なんて非常識なんだ
  • 自分は良くても周囲が困るのに

など、近隣住人にあれこれ思われること請け合いです。

つまり嫌われます。

 

もしあなたが「どうせ溶けるのになんで必死に雪かきなんてするんだろう?」と感じているとしたら、その答えはこうです。

近隣の人々が欲しいのは「歩きやすい道路」ではなくて「信用」だから。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191227144457p:plain

雪かきは、誰もいない真夜中の道路で出すウインカーといっしょです。

合理的に考えれば「必要ない」わけです。

 

とはいえ、必要ないからといって雪かきをサボると、近隣住人に嫌われるかもしれません。

シンプルに自分が滑って転ぶかもしれません。 

それなりにリスクはあります。 

 

雪かきは物理的に必要というよりも、社会的に必要な行為なんですね。

「私はみなさんのために時間と労力を差し出す人間です」とアピールできるのが雪かきです。

 

自宅のまわりにだけ雪が残る状況は「こいつは社会性のない非常識な人間だ」という見せしめです。

 

f:id:MORIKO:20191227144749p:plain

もしあなたの家庭内で大きなトラブルが起ころうものなら「あのご家庭は雪かきもしていませんでしたし……」などと、近隣住民は嬉々として取材班のインタビューに答えることでしょう。

 

雪かきをするのは(労力的に)面倒くさいことですが、しなければしないで(社会的に)面倒くさいことになる。

雪が降るのは面倒くさい。冬のバカヤロー

これが結論です。

 

f:id:MORIKO:20191227144947p:plain

なんというかまぁ、春の到来を待ちましょう。

以上、雪かきの必要性についてでした。