感覚に頼るな!『SEO対策のためのWebライティング実践講座』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20191230201735p:plain

検索流入に頼っているブロガーはSEO対策を無視できません。

死と税金と、それからSEO対策からは逃れられないのです。

 

というわけでSEO対策に向き合ってみました。

この記事では、鈴木良治著『SEO対策のためのWebライティング』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『SEO対策のためのWebライティング』の感想

f:id:MORIKO:20191230213710p:plain

私のようなSEO初心者にとっては「なるほど」と思う内容が多くありました。

 

オリジナリティが大事

まず学んだのは、コンテンツにはオリジナリティが欠かせないということ。

オリジナリティといっても、語尾を「やんす」で統一するなど、そういうことではありません。

 

内容の独自性ですね。

いちばんやってはいけないのが、他のサイトから得た情報だけで記事を書くことです。

 

というわけでみなさん、当ブログの記事をパクらないようにお願いします。

「パクるほどの情報が載っていない」という指摘は否めません。

 

感覚に頼らないこと

f:id:MORIKO:20191230202412p:plain

それからSEO対策をする上では、感覚に頼らないことも重要なのだそう。

 

キーワード選定をするにしても、検索ボリュームなどをきちんと調べること。

「一戸建て」と「一戸建」はどちらのほうが検索数が多いのかを確認すること。

いっしょに検索されるワードにはどんなものがあるかをリサーチすること。

 

こうして徹底的にデータに当たる。なんとなくでキーワードを選んで、なんとなくで書かない。

これは私にとって、耳鼻科に救急搬送されるレベルで耳が痛くなる話でした。 

 

当サイトの記事は、ほとんどすべてがフィーリングによって誕生しています。

 

www.shortshortshort.jp

検索ボリュームのチェックをしていたなら、きっとこんな記事は生まれていません。 

 

f:id:MORIKO:20191230202600p:plain

「おれは熱心になにをやっていたんだ」ってなもんです。

まるで、21世紀に本気で馬車を作っていたかのような(正しく情勢を知るのが大事ですね)。

 

 

マイナス要素を伏せないこと

記事で商品などを紹介する際には、プラス要素だけではなく、マイナス要素にも言及したほうが良いといいます。

あえて欠点にも触れたほうが、読者からの信頼感が増すのだとか。

 

なるほど。これは割とできていました。

しばしば書いている本の感想記事では、しばしばその本が持つマイナス要素を紹介しています。

なかにはマイナス要素しか挙げていないような本もあります。

 

f:id:MORIKO:20191230203134p:plain

だからでしょうか。紹介した本が売れません

信頼を得るかわりに購買意欲を削ぎ落としているようです。

なんだか難しいですね。

 

ちなみに本書(鈴木良治著『SEO対策のためのWebライティング』)のマイナスポイントは、どのページにも美女が載っていないことです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191230213041p:plain

イメージではなく数値を信頼すること

これがもっとも大切だと感じました。つまり感覚に頼るな、と。

 

そのためにツールを使って検索ワードを選定し、脱字チェックを行い、アクセスを分析して改善していく。

なにからなにまで数字で把握する。

なんとなくを排除する。

まずはここがスタートですね。

 

その上で、オリジナリティがあって質の高い記事を書くわけです。

 

f:id:MORIKO:20191230213233p:plain

なお、本書にはさまざまな無料ツールが紹介されています。

キーワード選定にはこれ、誤字チェックにはこれ、アクセス分析ならこれと具体的に示されているので、すぐにでも活用できます。

 

ただ、「狙ったキーワードの出現率を〜%にすべし」という意見には賛同しかねました。

そこまでやる必要はないだろう、と。

根拠はありません。ただ面倒くさいだけです。

キーワード出現率の調整が面倒くさいのです。

 

調理時の「塩こしょう適量」みたいな感じで、「キーワード適量」でいいと思うんですけどね。

 

SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座

  • 作者:鈴木 良治
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/02/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

以上、鈴木良治著『SEO対策のためのWebライティング』を読んだ感想でした。