『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20200112182307p:plain

「筋膜リリースとはなんぞや?」と思い、本書を手にとってみました。

 

この記事では、竹井仁著『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』の感想

f:id:MORIKO:20200112183309p:plain

本書を読めば、

  • 筋膜とはなにか
  • 筋膜をリリースするメリット
  • たたく、揉むとの違い
  • リリースとストレッチの違い
  • 「筋膜はがし」がダメな理由
  • 正しい筋膜リリースのやり方

などを知ることができます。

つまり、筋膜リリースのすべてが分かります。

 

タイトルのとおり「パーフェクトガイド」という感じでした。

 

フルカラーの写真付きでわかりやすい

f:id:MORIKO:20200112182620p:plain

筋膜リリースのやり方は目的によってさまざまです。 

  • 猫背を治したい
  • ストレートネックを治したい
  • 骨盤の歪みをとりたい
  • バストアップしたい

などの目的別に、フルカラーの写真つきで説明されていました。

女性モデルが実践している格好を真似すれば、私のようなビギナーでも正しく筋膜リリースが行えるようになっています。

 

本書を参考にしながら、さっそくストレートネックの筋膜リリースをやってみることに。

……1回ではなにも変わりませんでした。

ストレートネック解消を目指して、しばらく続けてみようと思います。 

 

 

筋膜リリース最大のデメリットはこれ

筋膜リリースには大きなデメリットがあります。

それは「時間がかかる」こと。

 

f:id:MORIKO:20200107135714p:plain

短時間でサクッと手軽に!とはいきません。

というのも、筋膜リリースはどの動作にも90秒ほど時間をかけ、ゆっくり行う必要があるからです。

(90秒を3回で1セットなど)

 

ちなみにリリースは「解きほぐす」という意味です。

硬くなった筋膜を解きほぐすには、それなりに時間がかかるんですね。

 

複数の箇所をほぐそうと思ったら、1度の筋膜リリースで最低でも10分はかかるでしょう。

それを「1日3回」行う必要があるそうです。

 

仕事をしている社会人にとっては、なかなかハードルが高いように思えました。

夜なら時間がとれそうですが、朝や昼はちょっと難しそうです。優雅にリリースしているヒマはありません。

 

2週間続けると体が変わる

f:id:MORIKO:20200112182941p:plain

筋膜リリースを2週間続ければ、ガラッと体が変わるそうです。

  • 姿勢が良くなった
  • 背筋が伸びた
  • 歩く姿勢がきれいになった
  • 若くなった

などと周囲から称賛されるのだとか。

それくらい目に見える変化が得られるわけですね。

 

なるほど、そうですか。

もちろん称賛されたい気持ちはあるのですが、いかんせん時間がありません。

朝や昼にヨガマットを敷き、10分間かけて筋膜をリリースするのは、難しそうです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200106154708p:plain

この手の健康本って「手軽にできる!」を売りにしているモノが多くありませんか?

ズボラなあなたでも大丈夫だとか、1日1分でOKだとか。

 

たいして本書は、読者に甘くありません

「これが筋膜リリースです。さぁやってください。筋膜を簡単にリリースできると思わないでください」というような、著者の真剣さが伝わってきます。

 

やはり本当に体を変えようと思ったら、それなりの時間と労力がかかるんですね。

考えてみればそうかもしれません。

1日1分で変わってしまうほど、人間の体はヤワじゃありませんからね。

 

そう考えれば、本書はとても真面目で、本質的な内容だといえそうです。

本書を読んで「筋膜リリース」の方法はよくわかりました。 

 

あとは時間を捻出するために「会社員生活からのリリース方法」がわかれば完璧なのですが。

 

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版

  • 作者:竹井 仁
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

以上、竹井仁著『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』を読んだ感想でした。