kemio著『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20200116195324p:plain

著者の肩書はYouTuber、歌手、モデル、タレント……。

 

この記事では、kemio著『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』の感想

f:id:MORIKO:20200116201604p:plain

本書を読むまで、著者については「若者に人気のインフルエンサー」程度の認識しかありませんでした。

つまり、kemioなる人物のことをよく知らないまま読んでいます。

 

感想をひとことでいえば「言葉遣いが独特」です。

 

ワードチョイスが面白い

f:id:MORIKO:20200116195835p:plain

どうやら著者は、独特なワードセンスの持ち主のようです。

怒りの感情を「中指」と表現したり。

 

著者独自のものなのか、あるいは若者言葉なのかはよくわかりませんが、20代後半の私にとっては刺激的でした。

なんというか、日本語の進化(退化?)を目の当たりにできます。 

 

内容は自伝的エッセイ

f:id:MORIKO:20200116200101p:plain

本書はkemioの自伝的エッセイといった内容でした。

 

私は著者について勉強不足だったので退屈でしたが、kemioファンなら楽しめるかと思います。

kemioの生い立ち、恋愛観、生き方について知ることができます。

 

本書の読書メモを見返してみたところ、「レディー・ガガは神様」と書いてありました。

そう、kemioはレディーガガを崇拝しているようです。

彼について私が得た情報は以上です。 

 

 

著者のメッセージはコレ

著者が本書を通じて伝えようとしたのは、

  • 常識に縛られるな
  • 自分を信じよう
  • 自分が好きなことをしよう
  • 他人の意見なんて気にするな

おそらくこのあたりだと思います。

私はそう感じました。

 

f:id:MORIKO:20200116200543p:plain

表現が独特なので翻訳が難しかったものの、要約すれば、たぶんこんな感じになります。

そしてご覧の通り、メッセージは主としてティーンエイジャーに向けられたものです。

 

20代半ばを過ぎた男の曇った心には、さほど響きませんでした。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200116200758p:plain

エッセイというか、自己啓発書のような内容です。

読んだらきっと「よっしゃー」ってな気分になれます。

 

正直にいって、主張それ自体はさほど珍しいものではないと感じました。

ただ、表現がとにかく独特です。

おそらく読者を選びます。拒絶反応を示す人もいるのではないでしょうか。

(「違和感を感じる」といった表現が許せない人はたぶん本書を読めません)

 

私はいちブロガーとして、「文章を学ぶ」つもりで読みましたね。

若者はこんな言葉を使っているのか、と。

 

私にとって苦手な文章でしたが、研究のつもりで読破しました。

そうして得たのは、

  1. 怒りは「中指」と表現する
  2. kemioはレディーガガが好き

以上の2点です。

なんというか、不作でした。

 

本書の対象年齢は10代

f:id:MORIKO:20200116201344p:plain

本書がおすすめなのは、

  • ティーンエイジャー
  • kemioファン

のいずれかです。

あなたがkemioファンの10代だとしたら、もはや読まない理由がありません。

すぐに読みましょう。読まなきゃ中指です。

 

本書のなかには、頑張ってると思わずに「やってる」とだけ思うようにしている、という記述がありました。

「頑張ってる」は自分を追い詰めてしまうからだそう。

 

なるほど、たしかにそうかもしれません。

あなたは「勉強を頑張ってる」「仕事を頑張ってる」などと感じていませんか?

もしかしたらその頑張りが、自分を追い詰めているのかもしれません。

 

世の中に生きづらさや閉塞感を覚えているとしたら、本書を読んでみてはいかがでしょう。

 

ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

  • 作者:kemio
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/04/18
  • メディア: 単行本
 

以上、kemio著『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』を読んだ感想でした。

人生からランナウェイせず、 棺桶までランウェイしていきたいものです。