『「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20200119213111p:plain

読むに耐えない本……だったのですが。

 

この記事では、大嶋信頼著『「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法』の感想

f:id:MORIKO:20200119214622p:plain

文章が酷すぎる

本書の感想はこの一言に尽きます。

 

とても本を出すレベルではありませんし、大人が書いたとも思えません。

塾講師をしていた私の経験からいえば、小学6年生が書く文章のほうがよほど上手でした。

 

エクスクラメーションマークの乱用

f:id:MORIKO:20200119213259p:plain

まず、エクスクラメーションマーク(「!」これ)を狂ったように使っています。 

「あ!」とか「〜です!」とか「おいしい生活!」とか「大盛り!」とか。

 

あなたにも実際にページを開いてみてほしいくらいです。

信じられない光景が広がっていますから。

 

エクスクラメーションマークの多用がまず1つですね。

 

読点の乱用

それから、読点(「、」これ)の位置もめちゃくちゃです。

 

まるでランダムに打ったかのように、カオスな位置で読点が登場します。

不意に襲ってくるゲリラ読点です。

読みにくくて仕方ありませんでした(読点は文章を"読みやすく"するためのものだと認識していましたが)。

 

文章力の欠如

f:id:MORIKO:20200119214316p:plain

文章力が致命的に欠けています。

 

"責任感をなくす"ということをしちゃいます。

上の一文に違和感を覚えたあなたは、たぶん、本書を読み通すことができません。

 

 

なぜ本書は高評価なのだろう?

もっとも驚いたのが、本書がAmazonで(それなりに)高評価だったことです。

 

f:id:MORIKO:20200119214159p:plain

壊滅的なのは文章だけではありません。

たとえば「美味しいものを食べて自己肯定感を上げよう!」と述べています。

よくよく読んでみたら、「美味しいものを食べたら元気が出た」というだけのエピソードでした。

 

つまり、自己肯定感と元気の区別もなされていないわけです。

美味しいものを食べたとしても、ちょっぴり元気が出るだけで、自己肯定感が上がることはないと思いますが。

(尿酸値なら上がります)

 

まちがいなく、私がこれまでに読んできたどんな本よりも文章がヒドく、内容も稚拙です。

なぜコレが高評価なのかがわかりません。

 

まとめ

本書のおかげで自分の国語力に自信が持てました。

なんというか、自己肯定感が高まったんです

 

f:id:MORIKO:20200119213928p:plain

……なるほど。

そういうわけだったんですね。

著者はあえて程度の低い文章を書くことで、読者を持ち上げてくれていたのかもしれません。

 

芸人の有吉弘行が、ドン底時代に老人ホームに行って「俺は若いからずっとマシだ」と自己肯定感を高めていたアレみたいな感じです。

 

本書を読めば、きっと誰もが「私でも本を出せるかも」という気分になれます。 

つまり自己肯定感が高まります。ミッションクリアです。

 

いやはや、やられました。まさかの大どんでん返し。

じつはとても素晴らしい本だったんですね。

それはAmazonで高評価にもなるわけです。

 

というわけで、自己肯定感を高めたい方はぜひ本書を読んでみてください。

読むに耐えない稚拙な文章は、きっと読者への愛です。きっと。

 

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

  • 作者:大嶋 信頼
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: 単行本
 

以上、大嶋信頼著『「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法』を読んだ感想でした。