イケダハヤト著『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』を読んだ感想

f:id:MORIKO:20200120213019p:plain

これは、ブログで月500万円を稼いだ人間が、

  • どのように月500万円に達したのか
  • 500万円の内訳はどうなっているか

を綴った本です。

他人の収入ってつい気になってしまいますよね。

 

この記事では、イケダハヤト著『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』を読んだ感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』の感想

f:id:MORIKO:20200120214202p:plain

本書を読めば、ブロガーのイケダハヤトが、ブログによって月500万円を稼ぐまでの道筋を知ることができます。

 

まず断っておくと、本書から得られる学びは1つもありません。

なにも期待しないほうがいいでしょう。

「ブログで月500万円稼ぐコツ」はわかりませんが、「500万円の内訳」ならわかります。

 

「イケダハヤトの収入を知る」だけ

f:id:MORIKO:20200120211404p:plain

つまり本書は、 ただただイケダハヤトというブロガーの収入をチェックするだけの読み物です。

ゆえに「お金を払う価値のある情報なのか」はわかりません。

 

あなたが知人に収入を聞いた際、相手に「金を払ってくれたら教えてやるよ」といわれたらどうしますか? 

そこであなたが「お金を払ってもいいから知りたい」と感じるタイプなら、本書を読んでも損はしないかと思います。

 

なお、本書は彼がブログで公開していた運営報告をまとめたものです。

本書の作成にともない、ブログの運営報告はすべて削除したそうです。

 

有料サロンとnoteで荒稼ぎ

f:id:MORIKO:20200120213318p:plain

著者は2016年2月に521万円の売り上げを達成しています。

 

年収ではなく月収500万円というのは、相当な額ですよね。

スーパーでいちばん安い牛乳を買わなくて済みますし、ネットショッピングで「送料がかかるならやめよう」ともなりません。

 

が、内訳を見てガッカリ。

なぜなら500万円のうち400万円が、有料サロンnoteによってもたらされたものだったからです。

 

 

つまり信者ビジネスによる収入

ブロガーなら広告収入とか、せめてアフィリエイト収入であって欲しかったのですが。

 

f:id:MORIKO:20200120212038p:plain

まさかの有料サロンとnoteです。ブログ関係なくなっちゃってます。

ファンビジネスというか、信者ビジネスというか、そういうビジネスで得た月収500万円だったとは、なんだか残念です。

 

ブログで稼ぐのではなく、「稼ぐ方法を売って稼いでいる」わけです。

いわゆるツルハシビジネス。

ツルハシビジネスが良い悪いという話ではありません。

ただ、『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』 というタイトルに、少し問題があると思うのです。

 

たとえばそうですね、『信者ビジネスで月500万円を荒稼ぎするようになるまでの全記録。ガハハハハ』とか。

あるいは『笑いが止まんねぇぜ。誰か笑いを止めてくれ!』とか。

 

そんなタイトルでこの内容なら、私は大満足です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200120212422p:plain

著者は当初、収益化せずにブログを書いていたそうです。

 

運営開始から3年目にして、ようやく収益化に踏み出します。

初月に得た収入は4万円。

 

物語はそこからスタートし、なんやかんやで、月500万円を突破するところで幕を閉じます。

先述のとおり、それが2016年2月の出来事です。

 

それ以降の収益ですか?

心配いりません。しっかりちゃっかりと有料noteで公開しています。

 

もし本書に興味がある方は、なにかを学ぶことを期待せず、ただただ野次馬になった気持ちで読むことをおすすめします。

 

以上、 イケダハヤト著『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』を読んだ感想でした。

 

……収入を公開して収入を得る。 

いったいそこにはどんな付加価値があるのか。