競馬をやるなら「ネットと競馬場」どっちが楽しいか【競馬場の圧勝】

f:id:MORIKO:20200210211821p:plain

自宅にいながらネットで馬券が買えますよね。

そのため、競馬場へ行かなくても競馬は楽しめます。

 

ただ、ネットと競馬場ならどちらがより"楽しめる"のでしょうか?

 

この記事では、

  • ネットと競馬場の違い
  • 「稼ぐ」と「楽しむ」優先させるのは?

など、競馬をやるなら「ネットと競馬場」どっちが楽しいのかについて書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

競馬をやるなら「ネットと競馬場」どっちが楽しいか

f:id:MORIKO:20200210212224p:plain

競馬を楽しめるのは競馬場ですね。それも圧倒的に。

サッカーの試合で例えるなら、「80-3」くらいで競馬場の勝ちです。

 

あなたは競馬場へ行ったことがありますか?

競馬が好きなら、ぜひ競馬場へ足を運ぶべきです。

 

目の前でレースが行われる興奮

f:id:MORIKO:20200210212443p:plain

イチバンは迫力ですね。

競馬場ならではの迫力臨場感緊張感があります。

 

自宅では味わうことのできない空気です。

自宅で後ろから「差せぇー!」というオッサンの叫び声が聞こえてきますか?

競馬場なら聞こえてきます。

いえ、「差せぇー!」なんて叫び声は競馬場でしか聞こえてきません。

 

そうした人々の"熱狂"が気分を盛り上げてくれるんですよね。

競馬場はオッサンたちのテーマパークです。 

 

競走馬を見たことがあるか?

f:id:MORIKO:20200210212621p:plain

ところであなたは本物の競走馬を見たことがありますか?

まぁデカいんですよね。巨大です。 

 

体重が500キロ以上ある馬などは、トンデモナイ迫力ですよ。

もはや人間の比ではありません。

しかもその500キロというのは、脂肪ではなく、おもに筋肉です。 

 

500キロ近いムキムキの馬たちが、全速力で走るわけです。

ぜひスマホやテレビの画面を通してではなく、実際にあなたの目で見てください。

もっと競馬を好きになり、もっと財布が軽くなります。

 

 

現金を扱うヒリヒリ感も競馬場ならでは

競馬場とネットの違いとして、「現金を扱うかどうか」もあります。

 

f:id:MORIKO:20200210212901p:plain

ネット馬券は画面上でパパッと買うだけ。

しかし競馬場にはATMのような形をした発券機があって、そこへ現金を入れて馬券を買うわけです。

5千円を賭ける重みを感じ、緊張感が味わえます。

 

それから一番の醍醐味は払い戻しの瞬間ですね。

ネット馬券なら「的中 払い戻し5,000円」と表示されるだけで、お金が増えた実感がありません。

競馬場で的中させれば、機械から千円札5枚がバーっと吐き出されます。

 

このお金が出てくる光景。喜び。感動。

財布へ現金をしまいながら歩く満足感。

これは競馬場でしか味わえません。 

 

競馬で「儲ける」ことを最優先させるならネット

f:id:MORIKO:20200210213403p:plain

ただし、稼ぐ、儲けることを最優先させるならネットがおすすめです。

 

競馬場へ行く場合、移動費、入場料、座席代、飲食代などが発生しますからね。

ネットならこれらのコストをかけずに参加できます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200210213657p:plain

競馬場とネットを比較してきました。

競馬を「お金を増やすためのゲーム」と捉えるなら、余計なコストをかけずにネットで買うのが合理的です。

 

ただ、競馬を娯楽と割り切って考えるなら、競馬場で賭けるのが最高ですね。

 

フェルメールの絵を

  • 美術館で見る
  • スマホの画面で見る

くらいの違いです。競馬場とネットは。

 

ぜひあなたも競馬場を訪れてみてはいかがでしょう? 

中央競馬だけでなく、地方競馬もおすすめです。

 

以上、競馬をやるなら「ネットと競馬場」どっちが楽しいのか、でした。

 

www.shortshortshort.jp

競馬って難しいですよね。