野ざらしの駐車場なのに「新車を買う」のはもったいない?

f:id:MORIKO:20200227142922p:plain

カーポートがなくガレージでもない、野ざらしの駐車場。

それなのに新車を購入するのはもったいないのでしょうか?

 

この記事では、

  • 野ざらしでも新車を買う人はいるか
  • 野ざらしなら中古車にしておくのが賢明か

など、「野ざらしの駐車場なのに新車を買うのはもったいないのか」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

野ざらしの駐車場なのに「新車を買う」のはもったいない?

f:id:MORIKO:20200227142729p:plain

もったいないかどうかは、

  • 個人の価値観
  • 車の値段

によって変わります。

 

100万円くらいの軽自動車であれば、野ざらしの駐車場でも気にならないでしょう。

いっぽうで、2000万円のスポーツカーを買うならカーポートくらいは欲しいところ。

 

ただし、なかには「100万円の軽自動車でも野ざらしは嫌だ」と感じる人もいます。

その人の価値観しだいですよね。

 

野ざらしが気になるなら中古車

f:id:MORIKO:20200227143315p:plain

屋根のない駐車場で保管することが気になるなら、新車ではなく、中古車を買ったほうが良いかと思います。

 

なぜなら、新車だと購入後にストレスが溜まってしまうからです。

晴れの日には紫外線のダメージが気になる。

風の強い日には、砂や葉が当たらないか心配。

気がかりなことばかりで疲れます。 

 

www.shortshortshort.jp

細かいことを気にする人間に、新車は向いていません。 

 

 

走っていれば傷はつく

ガレージで大切に保管していても、走らせれば車に傷がつくのは避けられません。

飛び石が当たって塗装が剥がれたり、枝に擦れたり。

 

f:id:MORIKO:20200227143759p:plain

新車の状態をキープするのは不可能です。

 

カーポートやガレージで車の劣化を遅らせることはできても、劣化を防ぐことはできません。

新車で買ったところで、1日経てばもう中古車。

 

駐車場に屋根がないことを気にするなら、中古車を買ったほうが(精神衛生上は)良いといえそうです。

 

野ざらしでも新車を買う人はいる

f:id:MORIKO:20200227144046p:plain

野ざらしの駐車場でも新車を買う人はいます。

 

うちの近所には、屋根のない駐車場に400万円超えのSUVが止めてあります。

富裕層の多い東京では、2000万円近い高級車が野ざらしになっていることも珍しくありません(契約駐車場など)。

 

つまりいいたいのは、新車を野ざらしにする行為は非常識でもなければ、破天荒でもないということ。

そうかと思えばポンコツの自動車がカーポートに止めてあったりもしますし、さまざまです。

 

まとめ:乗らないならボディカバー

f:id:MORIKO:20200227144548p:plain

新車で買ったものの、ふだんは乗らない。

駐車場には屋根が無く、野ざらし状態。

 

こうしたケースなら、ボディカバーを活用できます。 

www.shortshortshort.jp

私は実際に青空駐車場(野ざらし)でボディカバーを使っていた経験があります。

どんな具合だったのかは上の記事を読んでみてください。

 

www.shortshortshort.jp

ただし、強風が吹くと吹っ飛びます。 

野ざらしとボディカバーは相性が悪いのかもしれません。

 

以上、野ざらしの駐車場なのに新車を買うのはもったいないのか、でした。

 

www.shortshortshort.jp

中古車も悪くありませんよ。 

年式が新しく、走行距離が少ないものもゴロゴロありますし。