『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200228164808p:plain

友達がいなくて寂しい思いをしていませんか?

 

この記事では、大嶋信頼著『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200228170742p:plain

まずは本書の要約から。

 

友達が欲しいと感じるのは、誰かに共感してもらいたいから。

人を遊びや食事に誘えないのは、自己肯定感の低さが原因。

 

どのように友人をつくり、寂しさを解消すれば良いのかを紹介。

 

以上がおもな内容です。

大嶋氏の著書なだけあって、

  • 文章力の低さ
  • スピリチュアルな解決策

が炸裂していました。

 

友達が欲しいのは共感して欲しいから

f:id:MORIKO:20200228165052p:plain

友達が欲しいという思いについて、著者は「共感されたいからだ」と述べています。

 

つまり本当に欲しいのは、友達ではなく共感なんですね。

自分をわかってくれる人が欲しい、ということです。

 

だったら友達ではなくて、恋人でも問題ない気がしませんか?

友達が1人もいなくたって、恋人がいて、自分を理解してくれれば救われます。

 

しかしながら著者は恋人に言及していません。

www.shortshortshort.jp

求めているものが「共感・理解」であるなら、友達にこだわる必要性は感じないのですが。 

 

 

友達を作る「奇想天外」な方法

話を「友達」に戻します。

 

f:id:MORIKO:20200228165249p:plain

どうすれば新しい友達をつくれると思いますか?

  • 自分から声をかける
  • 集まりに参加してみる
  • 趣味の教室に通ってみる
  • 友達募集中のプラカードを掲げて立つ

など、なんらかの行動を起こさなければダメだと思いますよね。

 

大嶋氏の提案は、どれにも該当しません。

奇想天外で、予測不能で、サプライジングな解決策がこちらです。

願いを持ち続ければ叶う

以上。

 

友達が欲しいなら……

f:id:MORIKO:20200228165554p:plain

友達が欲しいなら、「友達が欲しいなぁ」と思い続ければ良いそうです。

どうしてかというと、願えば将来現れるから。

 

「〜だったら良いな」という願いは、持ち続けていれば必ず実現するといいます。

だから無理をしなくていい。

友達募集中のプラカードを掲げて街頭に立たなくても、いけばな教室に参加しなくても大丈夫。 

 

だって心からの願いは必ず叶うんだから

とのことです。

 

1つだけ問題点があるとすれば、「いつ友達が現れるのか」が明確でないことですね。

願えば叶うのは良いとして、いつ叶うのかがわかりません。

 

アズスーンアズポッシブルで友達が欲しい方は、「願う」以外のアクションを起こすのが賢明です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200228170023p:plain

友達がなく寂しさに打ちひしがれている人に向けて、気休めの言葉を投げかける。

端的にいえば、本書はそういう本です。

 

友達が欲しいと思えば現れるよ

とはいったいどういうシステムなのでしょう。

 

自動販売機だって、願っただけで好きなジュースがコロンと出てくるわけではありません。

ラーメン屋の大将に向かって「チャーシューメン大盛り濃いめ」と念じたところで、オーダーは届きません。

 

具体的なアクションが必要だと思うのです。

いえむしろ、行動を起こさなかった結果が、友達のいない現状であるともいえるでしょう。

 

そういえば、著者は友達のいない人に向けて1つだけ具体的な提案をしていました。

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

  • 作者:大嶋 信頼
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/28
  • メディア: 単行本
 

この本を買って、読みなさいということです。 

 

以上、大嶋信頼著『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』の要約と感想でした。

 

ところで、エレファントカシマシの『デーデ』という曲を聴いたことはありますか?